「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」で




スパドラで毎朝再放送中の
「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」
Law & Order: Criminal Intent

前は「LAW&ORDERクリミナル・インテント」の邦題で放送してた。
勝手に変えないでよー、ややこしいから。

で、で、

シーズン8−9(2008年)にちょっと出てきためちゃめちゃ綺麗な子、
あれ?この子「パーシー・ジャクソン」の美女?と思ったから調べたら、
やっぱりあの子だったんだけど、
ちょっと、変なことに気づいた。

スパドラのタイトル表記だと、シーズン8-9
になってるんだけど、それで調べると、一回前の、
「天から下りてきた声 Family Values」のはずなんだよね。
8-10で調べたら、正しい画像が出たの。
だから、スパドラでは8−9でも、本当は8-10だったのですー
これ、全部の回で間違ってるのか、どこかを抜かして放送してこうなったのかわかんない。


はい、正しい方、シーズン8-10「マンハッタンの女神 Salome in Manhattan」


可愛い可愛い

アレクサンドラ・ダダリオ(Alexandra Daddarioちゃん



両親共にニューヨークで弁護士・・・・  

2005年の「イカとクジラ」に出てて、映画館で見てるんだけど、
この映画の母親が大嫌いで、そこしか覚えてなかった。
パーシーが2010年だから、その前にLAW & ORDERに出演してたのね。



はぁ〜   見惚れるわぁ〜











「ある戦争」




これは、
戦争現場ではいくらでもありそうな出来事を、
装飾なく描いた映画。
戦争映画はできるだけ避けたいけど、
こういうのは好きです。




原題 KRIGEN 2015年 デンマーク

監督トビアス・リンホルム
この人が手がける映画はみんな素晴らしい。


好きなデンマークの俳優たちが出てる。

出演
ピルー・アスベック
ツヴァ・ノヴォトニー
ソーレン・マリング
ダール・サリム
シャーロッテ・ムンク


ある戦争



アフガニスタン
デンマークの兵士達が、タリバンの攻撃から民間人を守る任務につく。
隊長のクラウスは、部下の死に動揺する隊員達を励ますため、
「明日は自分も巡回に出る」と約束する。

タリバンに怯えていた家族の家に向かうと、銃弾が兵士を襲い、
クラウスは部下に爆撃の依頼を命じる。
爆撃により負傷した兵士は助かるが、
クラウスは、敵を確認せず民間人を犠牲にしたという戦争犯罪に問われる。



予告動画と監督インタビュー






戦場と、デンマークに残された家族の日常

この二つの対比・・・・・

戦争ってもんがどんだけ狂ってるかってことを痛感させられる。


戦争現場にいる人間と、
現場を知らずに机上で倫理や法律に固執する人間

その違い 意識の差


常々思うことだけど、戦争するって決めたやつらが自分で人殺し現場に行って、
自分で人殺ししたり殺されたりすりゃいいじゃん。なんで他の国民にやらせんの?
おめいらでやれ!


クラウスが言い訳や自己弁護をせず、
状況に身を任せているところに好感を持つ。


静かに淡々と
戦争のバカバカしさ恐ろしさを感じさせてくれた。





他人なのにそっくりさん19



▪️アデルを歌うと、気づくと眉間に激しくシワ寄せてる


「CSI科学捜査班」13-18

レベッカ・フォーサイス



レベッカ・フォーサイス




「ドイツの不条理 罪悪」第一話 遺伝子
ホームレス女の子役 Alina Levshin

Alina Levshin2





ダイアン・ウィースト

これはかなり若い頃の写真だけど。
微笑み目と上唇の皮膚が余ってる感じがガクトを連想してしまう。

Dianne Wiest






ガクト

微笑みの写真はあまりなかった。

ガクト







スポック故レナード・ニモイと



そぽっtく


野村将希
うっ。。。 

野村


過去記事

他人なのにそっくりさん18













「ゲット・アウト」



▪️ららぽーとで前を歩いていた数人の男女の1人が
「ここ二回来たことある。女の子と嫁と」と発言。
周りは人間関係にヒビが入らない対応。
私は心で「てめ!いつか痛い目に合え!」と毒づいた。




コメデイアンと、ホラー製作者が組んだという異色の怖ーい映画


原題 GET OUT 2017年 アメリカ

監督 ジョーダン・ピール

出演
ダニエル・カルーヤ
アリソン・ウィリアムズ
ブラッドリー・ウィットフォード
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
キャサリン・キーナー ミッシー・アーミテージ
リルレル・ハウリー ロッド・ウィリアムズ


よく、映画やドラマで聞くよね、
「ゲラウヒア!!!」  出てけ!



gerauto.jpg





カメラマンのクリスは恋人ローズの実家へ小旅行に行く。
ローズの母親は催眠療法を行うセラピスト、父親は脳神経学者。
黒人であることを気にするクリスだったが、初めて会った一家に歓迎される。
しかし、家の使用人は黒人達ということにクリスは違和感を覚える。


親族が集まるパーティにいたたった一人の黒人青年も、
どうも様子がおかしい。
クリスが写真を撮ろうとすると、フラッシュに反応したその黒人青年は、
クリスに「Get out」と迫る。









ケイレブ見たさに行きました。
ケイレブ、「バリー・シード」のイカレポンチとはまた別の最低男の役。
さすがだね
この人には、歳とってもこの道を突き進んで欲しいもんだ。

すごく面白かったよ。

すごく面白かったんだけど、

主演のクリス役俳優がねー
この子の顔は、あまり緊迫感のない、可愛らしい子供みたいな顔だから、
せっかくのスリリングなお話も、怖さが半減なんだー。私にはね。


冒頭のいきなりの誘拐劇との繋がりは、
なんとなくは推理していたし、
ローズ家の裏の顔も、なんとなく感じてはいたのに、
予想よりも薄ら気持ち悪い事実!

新しい怖さ、でも、古い怖さもある。
都市伝説?のように、ジョークのように聞いたことのある、
「黒人男はセックスが強い」だの「でかい」だのってやつね。
そこんとこの古臭さを、うまく新しいスリラー映画に取り入れてる。

なぜ、この家に関わる黒人達が、
古い髪型、古い服装なのかが分かった時の腑に落ちた感。

で、想像していたのと違う、『グランマ』と『グランパ』。
これが一番驚いたかも。

世の中的には人種差別は弱まったようにみんな誤魔化されてるが、
本当のところは違うんだぜ!って現実を、
クリスの友達がはっきり指摘してくれてて、
全体が時代遅れで幻覚感覚の作品の中で、
そこだけとても現実的。
この現実は、黒人から見た白人社会、なんだろうな。
すごく皮肉が効いてるなー


こちらで、元ネタになった映画やギャグのこと、たくさん明かしてくれてます。

ゲッド・アウト公式サイト


***クリスが催眠状態になる時の落ち方って、
スカーレット・ヨハンソン「アンダー・ザ・スキン」みたい。
流行り??これ???







森勉ワンマン・アートショー2017 *創世記「ジェネシス」





▪️夫のiPhone新しいやつが不具合ありでアップルに行ったら、
スタッフもまだ触ったことないって言ってたそうだ。
なんか不思議。



細密でカラフルで面白いアート

ヒカリエ イベントサイト



全部、線画の中が細か〜い点で埋め尽くされている。




創世記
聖書的なコーナー・・・・   なので・・・・・

でもかっこいいからこれは好き


fullsizeoutput_d65_convert_20171103110027.jpeg




恐竜だっ

fullsizeoutput_d6a_convert_20171103110000.jpeg



様々な生き物たちが地球を蠢く


fullsizeoutput_d61_convert_20171103110051.jpeg



fullsizeoutput_d67_convert_20171103105934.jpeg





海の中にもね

fullsizeoutput_d63_convert_20171103110116.jpeg

fullsizeoutput_d64_convert_20171103105906.jpeg





私はやっぱり白黒が好き

fullsizeoutput_d68_convert_20171103110140.jpeg




これが一番好きな作品だった

fullsizeoutput_d69_convert_20171103110201.jpeg





☆渋谷ヒカリエ8F11/5まで







ソピアップ・ピッチ展「desire line」



渋谷ヒカリエ8Fでは、
カンボジアの作家ソピアップ・ピッチの展示が開催されています。

ヒカリエ イベントサイト



fullsizeoutput_d5a_convert_20171103104106.jpeg




全て巨大な作品


竹、ラタン などで組み立てられた作品

fullsizeoutput_d60_convert_20171103104202.jpeg



そこに色をのせ

fullsizeoutput_d5d_convert_20171103104257.jpeg


版画にする

fullsizeoutput_d5f_convert_20171103104339.jpeg




おお

fullsizeoutput_d5b_convert_20171103104405.jpeg



細部

fullsizeoutput_d5e_convert_20171103104426.jpeg



クラフトエイド展



友達がボランティアをしている「クラフトエイド」という、
フェアトレード事業の展示会に行って来ました。
渋谷ヒカリエ8F



fullsizeoutput_d6b_convert_20171103100213.jpeg



アジアの少数民族やスラムの人たちが、
日本人デザイナーがデザインしたものを現地で製作している商品の
展示販売と、民族衣装の展示。


これらは販売してないけど着ることができるんです。

fullsizeoutput_d6e_convert_20171103100237.jpeg


こちらは展示のみ

fullsizeoutput_d6d_convert_20171103100301.jpeg





フェアトレードやチャリティの商品って、
今まで、私の好みのものはなかったから、買えなかった。
でも、ここの商品は、すごくおしゃれでかっこいいものがある!


このバッグ、買おうかどうか迷ったー。

fullsizeoutput_d70_convert_20171103100325.jpeg


このシリーズがいい!!
タイのスラム街で、人々が屋根や壁として使っている、
タープという袋のリサイクル商品。元は米袋だそうです。


トートバッグ

fullsizeoutput_d75_convert_20171103100417.jpeg


ショルダーバッグ

fullsizeoutput_d74_convert_20171103100437.jpeg


小さな袋に入れて売っているビーズの指輪。
タイの障害のある女性たちが作っているそうです。


fullsizeoutput_d72_convert_20171103100355.jpeg




クール!!

あぁ、、、 手がきちゃない、、、
沖縄日焼けのせいだあー


fullsizeoutput_d7c_convert_20171103100457.jpeg



袋は、旅行のときにピアスや指輪を入れるのに使おうと思う。



いかにもアジアの民族ものって感じじゃない、
ちょといい大きさのポーチ。


fullsizeoutput_d77_convert_20171103101825.jpeg



少し前に観た「ブランカとギター弾き」では、
映画のサイトからお洋服を買うと、
金額の60%がスラムの子供達の支援になる、ということをやっていて、
そういう、自分にあったとっつきやすいチャリティっていいな、と思いました。
素敵なドレスを買いました。

ブランカとギター弾き ファッションエイド

クラフトエイド展お知らせ

クラフトエイド オンラインショップ



☆ 渋谷ヒカリエで11/6まで