イギリス旅行9 プーの百町森



プーシリーズの作家、A・A・ミルンが、
息子のクリストファー・ロビンと散歩した100エーカーの森。
物語では、この森にプーやイーヨやラビットたちが住んでいるのよね。


POOH CORNERを出て、「プーの棒投げ橋」目指し、
地図のとおりに歩くのが通常のルートのようですが、
それだと片道40分かかる。のですが、歩くの嫌いな夫のリサーチにより、
地図とは違う近道から行くことに。プーコーナーで地図買ったのに。。
夫は、カーナビへの怒りと、プーコーナーの人混みへの怒りでイライラしてたからね。


POOH CORNERを出て山道を車で5,6分走ると、
ちゃんと駐車場があって、そこから歩けば半分くらいの時間で橋に着く。

でも、カーナビには何も出なかった。


これが駐車場の目印 無料

IMG_E9486_convert_20180616153953.jpg



あれが駐車場

IMG_9488_convert_20180616154036.jpg



車を停めてここが森への入り口

IMG_E9456_convert_20180616154225.jpg



IMG_0928_convert_20180616154500.jpg


ところどころに P.BRIDGE の案内がある。

IMG_9465_convert_20180616154549.jpg


ベンチもある  
とても気持ちのいい散歩コースになってます。

IMG_E9460_convert_20180616154740.jpg


あ、あれだ!

IMG_0930_convert_20180616154643.jpg



これが「プーの棒投げ橋」


実は、ここに着く前に、もう一つ小さな橋がありますが、
それではありません。 つまり、二個目のがプーの橋ってことね。

IMG_0939_convert_20180616160110.jpg


さて、記念にプー代わりのうーちゃんを

IMG_9472_convert_20180616160209.jpg



私も棒を投げました。森の木を折ってはいけないので、
途中で落ちてた枯れ枝を拾っておいたのです。

浅い細い川です。流れも、プーらしいゆる〜やかな流れ。

IMG_0934_convert_20180616160305.jpg



森の先に進んだ丘の上には、
ミルンと、挿絵を描いたE・H・シェパードの記念プレートがあるそうですが、
歩くの嫌いな夫はそんなとこまで行くはずもなく、
もう疲れた道を引き返す。

途中でパトロールのうまに出会う 

IMG_E9478_convert_20180616161220.jpg


わぁ〜 ♡ 「Hello!」「Have a good day!」

IMG_E9483_convert_20180616161607.jpg


バイバイ プー バイバイ カンガ バイバイ ルー 
バイバイ ピグレット バイバイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日はプーコーナーの近くのホテルで一泊。
アッシュダウン・フォレストという所にある、フォレスト・ロウ村の、
ブランブルテイ ホテル(Brambletye Hotel)は、
シャーロック・ホームズ・シリーズの「ブラック・ピーター」に登場との事


IMG_9490_convert_20180616161350.jpg



だから、こんな部屋があった。

IMG_9497_convert_20180616161507.jpg



IMG_9502_convert_20180616164306.jpg


ホテル周り

IMG_9492_convert_20180616164357.jpg



もちろんこのホテルも、ブッキングドットコムでエアコン有りで予約、
もちろん、エアコン無しエレベーター無し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

POOH CORNERとブランブルテイ ホテルの位置関係

IMG_0167_convert_20180616165315.jpg





そしていよいよロンドンに向かったのです。











イギリス旅行8 プーコーナー




POOH CORNER


ロンドンから電車で約1時間の後バスで約30分の位置。
「Hartfieldハートフィールド」という村は、クマのプーたちが住んでいた森のある場所。
作者のミルンが住んでいたことがあり、
息子のクリストファー・ロビンがお菓子を買いに行っていた小さなお店が、
今は、「POOH CORNER」というカフェ&ギフトショップになっています。

住所 High St, Hartfield TN7 4AE イギリス

POOH CORNER  WEBサイト



ハートフィールドまでの家はこういうの

IMG_9406_convert_20180615164750.jpg


IMG_9417_convert_20180615165037.jpg

IMG_E9415_convert_20180615164955.jpg





あとはうねうね山道。
道の両側の木々がトンネルを作るような山道。でもみんな飛ばす。

これがバス停ね


IMG_E9453_convert_20180615165819.jpg



ここは村の大通り
POOH CORNERは大通りにあります。
日曜だったから、プーコーナーのために停めた車がいっぱい。


IMG_E9420_convert_20180615165635.jpg



小さ〜い 可愛〜いお家がPOOH CORNER

IMG_E9424_convert_20180615165851.jpg


fullsizeoutput_edb_convert_20180615171934.jpeg



IMG_E9423_convert_20180615165931.jpg


ピグレットのカフェは、
店内でも外のテーブルでもお茶を楽しめます。

IMG_E9426_convert_20180615170009.jpg



店内には絵本や

IMG_E9427_convert_20180615171015.jpg



残念ながらディズニー商品や

IMG_E9428_convert_20180615171054.jpg



POOH CORNERオリジナルの商品も
さすがにこのTシャツは着られない、私には

IMG_9437_convert_20180615171236.jpg



同じイギリス生まれの人気者、
ピーターラビットのコーナーもちょこっとありました。

IMG_9444_convert_20180615171144.jpg


カフェは中も外も満席状態。バイトの高校生たち大忙し。


カフェの壁にはミルンの写真や本の挿絵がたくさん

IMG_E9429_convert_20180616154314.jpg


トイレにもね

IMG_9433_convert_20180616154405.jpg




メニューはけっこう豊富でした。
クッキー1枚、パン(シュガーロール)一個なども。

『Time for a little something』
ってメニューに書いてあったの。これって、プーがおやつ食べたい時に言ってたことだよね?

私はこれ。Pooh's Cream Tea  6ポンド
4,5ポンドのは、スコーンが一つ

このスコーン、大人の男の握りこぶし大で、
スコーンになくてはならない、大大大好きなクロデットクリームがたったぷり〜
クロデットクリームは、日本では中沢しか販売してない?
小さいヨーグルトカップのサイズで400円近くするんだよね。
このティーセットについてるクロデットは、中沢の三倍近くあって、
おまけにずーっと濃厚  イギリス万歳

お茶も、何杯もお代わりできるほどたっぷり入ってた。

IMG_9441_convert_20180615172535.jpg



すんません、プーコーナーに行った人のブログで、
ご自分のプーを連れてって、写真載せてたの。
うちにはプーはいないから、何十年も前の思い入れある牛を。。。ね
牛、、、 名前は「うーちゃん」

IMG_E9442_convert_20180615172608.jpg



特大スコーンでお腹いっぱいにして、買い物して、
プーが橋から川に棒を落として遊んだ、「プーの棒投げ橋」を目指します。
地図も売ってるよ。


IMG_9445_convert_20180615172442.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


カスケーズ・ショッピング・センターとプーコーナーの位置関係


IMG_0164_convert_20180614175047.jpg






イギリス旅行7 ポーツマスその2



ポーツマスの観光名所を知らず、有名なスピンネーカータワーも見ず、
カスケーズ・ショッピング・センターへ。

Cascades Shopping Centre WEBサイト



途中はこういう家が多かった。


IMG_9387_convert_20180615090708.jpg





カスケーズ・ショッピング・センター

fullsizeoutput_ed1_convert_20180615092504.jpeg




IMG_9399_convert_20180615091626.jpg



ひゃっ!
これね!!! 
これがイギリスで人気の激安ファッションストアPrimark

PRIMARK WEBサイト



IMG_9391_convert_20180615090846.jpg


1ポンド 150円として この価格。
セール価格じゃなくて常にこの価格


IMG_9392_convert_20180615090950.jpg



4枚も入ってるショーツが2ポンドーーーー
100均より安い!

IMG_9393_convert_20180615091058.jpg



IMG_E9397_convert_20180615091357.jpg



IMG_E9395_convert_20180615091235.jpg


IMG_E9394_convert_20180615091146.jpg



私はいつも100均のビーサンを愛用してます。
日本の100均にあるビーサンより、こっちの方がおしゃれ度高い。

IMG_9396_convert_20180615091323.jpg



無印みたいなシンプルな服もありますが、
GAPの夏服のようなカラフルなもの、
ZARAみたいなクールでちょっと変わったデザインのもの、
万人の好みに合うよう、なんでもありました。
レディースだけじゃなく、キッズもメンズも豊富。
コスメも雑貨もあって、興奮します。

イギリスに来て、田舎の方でも、みんなおしゃれな服着てるなぁー、
(アメリカみたいに、TシャツGパンってスタイルはほとんど見なかった)
と思ってましたが、この値段ならいくらでもおしゃれできるなー、と納得。


あっ 日本でも通販で買える!でも、ゲゲーーー  高い!
ビキニなんて、8ポンドくらいで売ってたよ。

BUYMA WEBサイト

モールだからたくさんのお店がありましたが、
たった1時間しか自由時間を与えられなかったため、
プライマークだけで終わったカスケーズでした。

*男(夫)と街歩きするのってほんとつまんないよね、
「買う」目的がないなら店に行かない。歩いてる途中に可愛いもの見つけても、
目的以外にふらっと寄るってことを嫌う。
女にとってウインドーショッピングは、心が浮き立つ素敵な時間で、
私にとっては美術館に行くのと同じ、目と心が幸せになることなのに。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サウサンプトンで使った宿Days Innと
ポーツマス カスケーズ・ショッピング・センターの位置関係


fullsizeoutput_ead_convert_20180614173740.jpeg




カスケーズを後にし、大好きな本の故郷へ向かう。
「くまのプー Winnie the Pooh」ね。

私はディズニーがやらかし続ける、
原作をめちゃめちゃに変えたアニメが大嫌い!
「人魚姫」「塔の上のラプンツェル」「白雪姫」「美女と野獣」。。。。。

プーの世界も印象がかなり変わってしまった。

Winnie the Pooh




イギリス旅行6 ポーツマスその1




Portsmouth

The Great Waterfront Cityと呼ばれるそうです。
ロンドンから電車で二時間、ハンプシャー南部にある都市で、
単一自治体だそうです。難してよくわからない。



ポーツマス?どこ?そこ。なんでそこに行くの?
と思いましたが、夫によると、
ストーンヘンジからPOOH CORNERまでの途中にあって、
モールがあるから、という理由だったらしい。

なーんにも知らず調べずに行ったもんだから、
(しょぼホテルDays InnのWi-Fiが全く繋がらなかったため)
観光スポットには全然行ってません。
こちらにポーツマスのこと、詳しく書いてあります。

wondertrip ポーツマス紹介記事


ホテルの隣はこう。
イギリスに来ても朝からマックかよ。。。
私はマックのパンとポテトが嫌い。
でも、ベーグルは好きだから日本にもあればいいなー・

IMG_0883_convert_20180614154440.jpg

IMG_0886_convert_20180614154804.jpg


あばよ、エレベーターもエアコンも冷蔵庫もないDays Inn
*どうやらイギリスでは(ヨーロッパはほとんど)、
ちゃんとしたお高いホテル以外は、
エアコンもエレベーターもないのが普通らしいと後で知った。
しかし夫は、ブッキングドットコムでエアコン有りで選んで予約したと言うので、
ブッキングドットコムはあてにならないと判明しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ポーツマスに向かう途中の家はみんなこんな感じ。
イギリスのドラマを見てると、ロンドンからちょっと離れただけで、
集合住宅でも、四角いビルじゃないんだよね。
(火事になったビル型アパートみたいなのはあまり出てこない)


IMG_E9350_convert_20180614153446.jpg

IMG_9354_convert_20180614153347.jpg

IMG_9353_convert_20180614153625.jpg




ポーツマスのマリーナ地区に着いて、
見つけた駐車場はただのコンクリートの地面で、
ガタッとタイヤが引っかかるみたいなあれ、は無い。係員もいない。
オックスフォードもそうだった。
どうやって駐車料金正しいかわかるの?
と不思議だったが、どうやらカメラで車を撮ってるらしい。

IMG_E9369_convert_20180614154911.jpg





駐車場のそばに二軒の映画館がありました。
一つはシネコン。ハリウッド大作ばかりやる映画館ね。

IMG_0888_convert_20180614155002.jpg



見て!このサービス
17,9ポンドで一ヶ月映画見放題。

IMG_9371_convert_20180614155229.jpg

IMG_9385_convert_20180614155332.jpg




トイレ借りられるか中に入って聞いてみた。
「Can we use the toilet?」(イギリスはトイレットなのです。)
映画見ないのに使わせてくれたよ。ありがたいからコーヒー飲んだ。




こちらはミニシアターっぽいラインナップだった。

IMG_0893_convert_20180614155043.jpg


映画館の外はおしゃれなスペース

IMG_E9376_convert_20180614155137.jpg






さてさて ここのマリーナには、お金持ちのヨットやフェリーがいっぱい

IMG_E9379_convert_20180614162731.jpg

IMG_E9374_convert_20180614162556.jpg

IMG_9373_convert_20180614162635.jpg


この辺りのアパートは、田舎の方とは違って、
こういう建物。
「TO LET」って書いてあるのは、不動産屋が、
お問い合わせください、って言ってるんだよね。

イギリスでは、〇〇HOUSEっていうんだね、アパートのこと。


IMG_E9386_convert_20180614164153.jpg

IMG_9383_convert_20180614164244.jpg

IMG_E9384_convert_20180614164324.jpg



田舎も都会も、建物がいいなー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで、カーナビがたまに、「ら〜んなぁばう」
っていうのが、「run about?」ん?「round about」か
それ何?と思ったら、
「ら〜んなぁばう」の声の後には、こんな標識がでることに気がついた。

IMG_E9409_convert_20180614154702.jpg

IMG_9408_convert_20180614154537.jpg



らんなばうとは、
交差点で、信号設置しないで、みんなが譲り合いでアバウトに安全に行こうね、
って、そういう交差点だった、のね。

ふふふ  なんかいい。

らんなばう  




イギリス旅行5 ストーンヘンジその2



ストーンヘンジのヴィジターセンターには、
ストーンヘンジが作られた時代の、化石や遺骨や、
ストーンヘンジにまつわる事柄の美術館があります。



IMG_9323_convert_20180613170605.jpg


IMG_E9324_convert_20180613170658.jpg


全体の模型ね

IMG_E9319_convert_20180613170517.jpg




本物の中には入れないから、
プロジェクターで映した画像の中に入る感じね。

IMG_9325_convert_20180613170744.jpg






ギフトショップは、写真撮り忘れた。
割と広くてお土産物は豊富です。


カフェも広くて座れる場所がいっぱいある。


fullsizeoutput_e86_convert_20180613171258.jpeg



ヴィジターセンター裏側
向こうの草原では、牧草作り?をしている。


IMG_E9341_convert_20180613171411.jpg


屋根の部分のデザインも素敵


IMG_E9344.jpg



そばにストーンヘンジに使われた石と、
当時の人たちの住居を再現したものがあります。

IMG_9327_convert_20180613170840.jpg

IMG_E9329_convert_20180613170940.jpg


IMG_E9332_convert_20180613171128.jpg



中に入ると涼しい〜

IMG_E9336_convert_20180613171206.jpg



これはベッドね

IMG_9334.jpg






説明が書いてあるこういうのは何箇所にもある。


IMG_9331_convert_20180613171020.jpg


IMG_E9318_convert_20180613170431.jpg



そして このあとは POOH CORNER に行く途中の村?にある、
Days Innに一泊。

Days Innって、しょぼいホテルで嫌いなんだけど。


ストーンヘンジとDays Inn Southamptonの位置関係

fullsizeoutput_eae_convert_20180614173916.jpeg






イギリス旅行4 ストーンヘンジ その1



昨夜も二時間くらいしか眠れなかったー


Stonehenge


ロンドンから西に約200km
ユネスコ世界歴史遺産指定
住所は Nr Shrewton, Wiltshire SP4 7DE

Stonehenge WEBサイト


ロンドンから、バスツアーがたくさん出てるようです。




延々と続く草原地帯を相変わらず猛スピードの車たちが走る。


IMG_E9280_convert_20180613070902.jpg


IMG_E9282_convert_20180613070758.jpg





すると

IMG_E9284_convert_20180613071247.jpg


あ、あれだ!

IMG_9286_convert_20180613071345.jpg



360度 緑の草原の中です。
広い無料の駐車場があり、
自然に溶け込む美しいデザインのヴィジターセンターがあります。


IMG_E9287_convert_20180613072021.jpg


トイレもあって安心安心

IMG_E9288_convert_20180613072720.jpg




公式サイトを見ると、チケットは時間で予約して買うことになってて、
16時〜のを買っていました。プリントしたのを窓口で見せる。
当日券も余裕で買えてるみたいだった。

IMG_E9290_convert_20180613171053.jpg



ヴィジターセンターからは無料のバスが出てます。
往復これに乗れば、あんまり歩かずにすむ。

でも、ヴィジターセンターから行かなくても、
テキトーにそこらへんから歩いてくる人達もいっぱいいました。
てえことは、入場料というかチケットって、
別に買わなくてもストーンヘンジを見に行ける。
チケット無いと美術館が有料になるだけみたい。
でも、貴重な遺産の維持費として寄付する気持ちで払うといいと思う。


fullsizeoutput_e82_convert_20180613072927.jpeg



バス降りてからも少し歩きます。



IMG_E9295_convert_20180613072842.jpg


fullsizeoutput_e85_convert_20180613073145.jpeg






これなのねー。これがストーンヘンジなのねー



IMG_E9301_convert_20180613073328.jpg


IMG_0824_convert_20180613075106.jpg



以前は、サークルの中に入れたようですが、
今はロープで周りを囲んで、近くには入れないようになってます。
触りたい気持ちになるよねー


IMG_9309_convert_20180613075201.jpg



周りでは、瞑想してる人や寝転んで日光浴してる人もいました。


IMG_0830_convert_20180613073631.jpg



ストーンヘンジ以外は全方向こんな感じ

IMG_0831_convert_20180613073544.jpg



美術館、カフェ、ギフトショップがあるし、
すぐそばに公園もできて、一日楽しめそうですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コッツウォルズのブッチャーズアームと
ストーンヘンジの位置関係


fullsizeoutput_e65_convert_20180612152604.jpeg








イギリス旅行3 コッツウォルズ



時差ボケか、昨夜は全然眠れませんでした。


Cotswolds

イングランド中央部 標高300m以上の丘陵地帯。
特別自然景観地域に指定されている、そうです。




「世界入りにくい居酒屋」って番組で見た、
美しいと評判の地域”コッツウォルズ”にある、
とんでもない田舎道クネクネの、
入りにくいんじゃなくて見つけにくい、たどり着きにくい、
居酒屋でもなく、PUB に行きました。
住所としてはイギリス 〒GL6 7RH ストラウド シープスクーム
らしいんだけど、カーナビには存在しないの。
それはそれは迷いながらやっとの事でたどり着いたって感じ。

世界入りにくい居酒屋  WEBサイト

The Butchers Arms WEBサイト



ひたすら草原 たまに羊と馬がいる


IMG_E9278_convert_20180612160620.jpg



そのあと山道、クネクネ道なのにみんなビュンビュン飛ばす。
怖かった。

でも、家々はみんな可愛らしくて、
写真いっぱい撮りたかったけど、飛ばす車の中ではボケボケに。


IMG_9276_convert_20180612160533.jpg



かろうじてSHEEPSCOMBE と、BUTCHERS ARMSの標識。
これがなきゃどこがどこやら

IMG_E9277_convert_20180612160451.jpg



ここだよ  17世紀の建物だそうです。


IMG_0779_convert_20180612153458.jpg



土曜の昼時だったから、駐車場には車が結構停まっていました。

IMG_E9258_convert_20180612153411.jpg



建物の上の広場?では、家族連れが外のテーブルで食事。
子供達はボール遊びをしていました。

IMG_E9266_convert_20180612154206.jpg




店内は横に広〜い。天井の低さがなんか落ち着く。

IMG_9263_convert_20180612154030.jpg

IMG_0787_convert_20180612153710.jpg






メニュー

IMG_0798_convert_20180612153851.jpg




ミートパイ
このチーズの塊の太っ腹なこと!
ちびオニオンのピクルスと、
ウスターソース系?バルサミコ酢の味もする、
ディップみたいなやつも風味があって美味しかった。

IMG_9273_convert_20180612153806.jpg


フィッシュ&チップス
ダボーンとでかい。マッシュしたグリンピースも美味しかった。
私はマックなどの細いポテトは芋の味がしないので嫌い。
こういう大きい太いポテトは好き。


IMG_E9268_convert_20180612153942.jpg



イギリス料理のいいところは、料理にはあまり味をつけず、
それぞれが好みの味にできるように、調味料が付いてくるところ。

ミント入りのディップ、美味しかった。

IMG_E9272_convert_20180612154131.jpg



イギリスのPUBは、お酒飲むための場所っていうより、
朝からやってるファミレスみたいな感覚の場所なんだな、とわかりました。
昼間はみなさん、子供達やペットと、のんびりイギリス料理を食べてます。
屋内は禁煙だからできること。素晴らしい。

この店は、村に一軒の店なので、
高校生たちの貴重なアルバイト場所なんだそうです。
高校生たち、可愛かったなぁ

店主のマークはシフトが夜みたいで、
もう一人テレビで見た方にテレビ見たよ、と話しました。



ブッチャーズアームの周りのおうち

IMG_0781_convert_20180612153553.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そういえばイギリスも、
一部、橋を渡るような道路以外は、高速は無料なんだね。

コッツウォルズ  こういう、緑しかない地域です。
カーナビだと、濃い緑の中に進路が出るだけ。


fullsizeoutput_e63_convert_20180612152511.jpeg




オックスフォードからブッチャーズ・アーム
位置関係

fullsizeoutput_e64_convert_20180612152543.jpeg


せっかくのコッツウォルズですが、
迷ったため、ストーンヘンジの予約時間に間に合うよう、
どこにも寄らずに立ち去りました。