「偉大なるマルグリット」



▪️何食べても特に美味しいとも思えず、
服も靴も特に欲しいと思わなくなり、
アートを見てもあまり燃えず、化粧はしなくなり、、、  ふっ



メリルが演じた、実在した奇っ怪な音痴アマチュア歌手の映画 フランス版。
やっぱりハリウッド映画とは切り口が全然違いましたね。
どっちにしろ、耳が危険な映画でございます。音を消して鑑賞したいものだ。



原題 MARGUERITE 2015年 フランス


出演
カトリーヌ・フロ
アンドレ・マルコン
ミシェル・フォー
クリスタ・テレ
ドゥニ・ムプンガ
シルヴァン・デュエード


MARGUERITE.jpg


金持ちマダム、マルグリットは、夫(内縁)に爵位を買ってやり、
音楽クラブを作って新人のスポンサーになったりチャリティ活動したり。
大好きな音楽を自ら歌ったり。

マルグリットは稀に見る音痴だが、誰もそれを指摘しない。
金持ちマダムにはお世辞を言って、旨い汁を吸うに限る。

そんなもんで、自分はリサイタルのつもりで余興の出し物にされたが、
舞台って素敵!と目覚めたメルグリットは、
単独リサイタルを音楽ホールで開く決心をする。








変、です。 

映画全体から滲み出るアングラさと隠微さと人間のおぞましさ、
何でしょうね?これ?エロも殺人も暴力も皆無なのに、
いや〜な気持ち悪さを感じてしまった。
この時代の気持ち悪さかしらん?
この時代の貴族とか金持ちとか、芸術家気取りの若造の自意識とか、
なんか、気色悪い。


ハリウッド映画と違い、マダムの病気のことは一切触れてませんし、
夫が彼女を愛していたかのような嘘もついてません。

ラストは、まるでマルグリットが、
自分の音痴に気づいたようになっていますが、
気づかなかったらしいよ、本当は。


うーん、これならコメディにしちゃったハリウッド版のほうが、
それなりに落ち着くかなー?
_______________________

しかしさー、金持ちのお嬢様で幼い頃から音楽教育を受けていた人が、
自分の音程がおかしいことに気づかないってありえないでしょうよ。
私、もしかしたら精神疾患があったんじゃないかと勘ぐってる。
生まれつきの病巣が、いくつかの挫折を味わううちに大きくなり、
偏執的な音楽への情熱となり、そこに、長年患ってる梅毒と、
内縁夫への不満と性的欲求不満と子供が持てない虚しさと、
いろんなことが重なって、正しい判断ができなくなってたんじゃないかなー?
あの時代の梅毒の治療には、水銀とかヒ素とか使ってたそうで、
その副作用がますます脳を狂わせていたんだと思う。

フローレンスの人柄と音楽への情熱をみんなが愛したから、
後々までこうして語り継がれている、という考え方もあるようだが、
私は、金持ちのいかれたばあさんの大真面目な音痴ぶりを、
見世物小屋の奇形を見に行くような好奇心で見に行ってたんだと思う。
それが人間だもの。


金持ちに生まれついても、気の毒な人生はあるもんだ。






「海を照らす光」





レイチェル・ワイズが出演と知り、読み損ねていた原作小説を読みました。


おおーーーーーーー

なんという素晴らしい小説だろう。
457ページ、好奇心が全く途切れることなかったよ。


原題 The Light Between Oceans

海を照らす光



ー 無人島で灯台守となった帰還兵とその妻の物語 ー


オーストラリア本島から離れた、住民のいない、
灯台のあるヤヌスロック島。
島の名称が暗示することが随所に出てきます。

『ヤヌス』=ヤヌスの神 相反する二つのもの
善と悪/生と死/実の親と育ての親/誠実さと偽り/憎しみと容赦
戦争で死ぬ者生き残る者

<あらすじ>
第一次世界大戦?後のオーストラリア、
戦争での人殺しに心を苛まれた男が、孤独でいられる仕事、灯台守を選ぶ。
本島で知り合った10歳年下の女性に愛され、結婚し、
夫婦二人きりの島暮らしが始まる。
妻の兄二人は戦争で死んだ。悲しみが支配する実家を離れ
幸せな日々。しかし、妻は何度も流産する。
ある日、小さなボートが島に流れ着き、死んだ男と赤ん坊が乗っていた。
赤ん坊を自分の子として育てると言い切る妻、
仕事の規則と良識が第一で、報告しようとする夫。
妻への思いと赤ん坊の存在への畏敬の念で、夫は自分の信念を押し殺す。
休暇になり一家は妻の実家を訪れ、赤ん坊の洗礼式を行う。
そこで知ってしまった、赤ん坊の実の親の事情。
罪悪感と妻への愛に心が引き裂かれる夫。
夫の良心が起こした行動が、やがて夫婦と子供の運命を狂わせる。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「八日目の蝉」を思い出す。
あれは、男の浮気が妻と愛人と娘の人生を狂わせたから、
怒りの持って行きどころがあってよかったが、
この小説は、みんながかわいそうです。

私は、流産した女の絶望感と行き所のない母性愛には非常に共感する。
完全にイザベルの味方です。それが違法なことでもね。
妻に黙ってよけいなことした夫にはムカついた。

この小説で好きになれない部分は、時代がどうあれ、
嫌な環境にいるなら、なぜそこから移動しない?ってとこなの。
ハナとフランクのことよ。
地域の人間が差別するなら、引っ越せよ。
いつまでもそこにいるから悲劇が起きたんじゃん。ってね。

・学校でいじめにあっている→転校させるか家庭学習にすりゃいい
・会社が非道→転職しな訴えな
・夫が殴る→家出しな離婚しな訴えな
・親が殴る→家出しな警察や児童相談所に訴えな
(子供の権利は守らないのが警察と児童相談所だけど、
親に恥をかせることはできるし、うまくいきゃ、親、刑務所に入れられる)

いろんなケースがあって簡単には逃げられないとか言うけど、
勇気がないだけだと思うのだ。

だから、ハナには好感が持てなかった。
夫が差別され暴力に合っているのに、いつまでも同じ所で働かせ、
同じ地域に住んでたんだから。
腹を痛めた子供を奪われた苦しみには同情するけどね。

あとは、やはり、なんでもかんでも『神』が出てくるとこね。
私にはこれは噴飯ものだから、
世界中でどんだけどんな宗教が強固に信じられていようとも、
その描写があるだけで、サめる サめちゃう

ああ・・・・ やっぱり悪口言っちゃった

こんな素敵な小説なのにー

小説読んで、映画のキャステイングを見ると、
うーーーん、もっとこう、新人使った方が私の好み。
全くの新人を発掘するとか、それこそオーストラリアに探しに行くとか、
しないんかい!?ハリウッド! しないんだろうね。
そんな手間暇かけるより、
有名どころで客を呼ばないといかんのだろうね。

でもレイチェル・ワイズは、ハナ役にとても合ってると思う。
実年齢が信じられないくらいいつまでも可愛い、
思いつめひたむき顔だからね。




イザベルの母親が言う
「女は、蛇蠍(だかつ)のごとく夫を嫌っていても、その子供には愛を捧げられる」

あの、
「ローズマリーの赤ちゃん」の恐ろしさ哀れさはその点よね。

____________


M L ステッドマンは、作家はその作品でのみ知られるべきとの考えらしく、
個人的なことは公表していないそうです。
好きだ、こういう考え。






「ミッシング・サン」




原題 MEADOWLAND 2015年 アメリカ 未公開

meadowは牧草地だから、牧草地は、象のいたあの空間のことかな?美しいタイトルだなー。
と思ったが、本当のことはわかんない。

監督 リード・モラーノ 

出演
オリヴィア・ワイルド
ルーク・ウィルソン
ジョヴァンニ・リビシ
エリザベス・モス
ケヴィン・コリガン
タイ・シンプキンス
ジョン・レグイザモ


リード・モラーノ 


両親と一人息子が車で旅行に出かける。
途中、ガソリンスタンドで息子はトイレに入る。
なかなか出てこない息子。

息子は消えた。

一年後、妻も夫も息子の無事を信じているが、
子供を狙った犯罪の容疑者がいると警察に言われる。
妻は容疑者の写真を見る気はない。
息子とは無関係だと信じているから。

妻はある日、教えている小学校で見かけた、
発達障害の男の子が気になり始める。






子供が行方不明になり、誘拐か事故か?犯人は?
のクライムサスペンスではありません。
子供を突然失ってしまった親の苦悶を表現した映画です。

とても好きですこういう描き方。饒舌じゃない語り方。

犯人探しなら、ドラマでいくらでも見られる。
そっちの方は一話完結のCSIシリーズやクリミナル・マインドで充分。
で、クライムドラマでいつも思っていたのは、
被害者の家族、こんなにすぐ警察に話できる?
もっと打ちのめされてうろたえて病気になっちゃって、
話なんかできないんじゃないの? だったので、
被害者家族の苦悩に焦点を当ててくれてありがとう、という感じ。

母親が、発達障害らしき子供に興味を持ち、親に近づき、
連れ出したあの行動。
あれは、人に疎まれ理解されないあの子に、
他の子供たちには無い純粋さ、素直さを見たんだと思う。
自分の息子を心の目で見ていたものを、あの子に反映していたんだと思う。
あの子の父親とヤったのは、自分のことを何も知らない人間だったから。
あんな苦しみを共有している夫とは、セックスなんて絶対にできない。



見た後に、あの子がどんな目にあったか考えた。
世界中で起きている、
子供を拷問して強姦して殺すのが無上の喜びな男の犯罪。
あの子は、犯人に前から目をつけられていて、一瞬で盗まれた。
犯人は、きっとすぐにあの子の首の骨を折って殺してから車に乗せ、
家に帰ってから動画を撮りながら何度も死姦したんだろう。

「あの子は生きてる」の親の望みのなんと悲しいこと

そして、父親はなんとか日常をこなしていけるかもしれないが、
母親は、あの男の種を宿してしまい、家を出て遠くの街に越し、
一人で産んで育てるのだろう。


オリヴィア・ワイルドの、役作りでダイエットしたのか、
げっそりした顔から滲み出る苦しみがすごい。
怖いくらいの、悲しみからくる狂気に近いものが出ています。
あの日息子が食べこぼしたクッキーのことを思い出して、
深夜に車のシートを探り、それを食べるシーン、すごい!
息子をもう一度自分の内部に取り込もうとする、一体になろうとする、
産む性である女の肉体がさせた行動。最高の母親心理のシーン。


ラストの、あの象、なんて美しくなんて穏やかな素晴らしいシーン・・・・
いい映画・・・・・・・・・・・・・ 本当に



____________________

子供を失った親の映画で忘れられない映画は、
「ラビット・ホール」「ブローン・アパート」

エンドロールの最後に、監督の父親が亡くなったらしく、
父に捧げると書いてありました。



「クリミナル・マインド国際捜査班」



■「ブラインドスポット タトゥーの女」吹き替え見てたら、
『笹塚の!』と聞こえて、何でロシアスパイがどうのって話で笹塚?
と思ったら、『査察官の』だった。


「クリミナル・マインド国際捜査班」
CRIMINAL MINDS: BEYOND BORDERS 2016年 アメリカCBS


あ〜あ・・・・・ またか、な、
勘違い 思い込み日本がそこここに


「ハラキリ、自殺は日本では名誉なこと」

っていつの時代の話だよ!

「日本での沈黙は信頼の証」

んなこたあー聞いたことねぇぞ



「日本では自殺は恥じゃないが殺人は恥だ」

恥がどうのじゃなくて殺人は罪だろー?!

だいたい、
寿司職人が冷凍室で切腹してるって、ジョーダンにも程がある!


「名刺を渡さないと仕事は始まらない」

名刺なんかなくたって仕事にはなるし、
もらった先から捨てられるのもよくあんぞ!


「金髪に日焼けにサングラスは
日本の女子高生のトレンド」


って、一昔前のヤマンバルックかよ!
つーか、サングラスが女子高生のトレンドになったことあんの?!
しかも、ヤマンバにする理由が、カリフォルニアガールに憧れて、だってさ。
そんなこと考えてヤマンバしたんじゃないだろ!

「日本人は
社会的な圧力に耐えられないことを恥として引きこもる」

そんな理由でひきこもんじゃねえだろ!
そいで

「渋谷のクラブにいる」って、

引きこもりの男が渋谷のクラブに逃げるかっつーの!

「親の仇をとった!名誉ある死を与えてやった」

って、引きこもりの若者が言うわけねえだろ!それもえーごでな。
それより、このひきこもり男、えらくスタイルいい姿勢のいい、
気骨のありそうな、武道やってますってな外見なんですけど。
・・・でも日本のトレンド、マスクはしてる
こんなルックスのひきこもりっているの?

しかも「跡取りになれないことを恥に感じた」

って、今の時代の東京出身者がそんなこと気にするかっての!


何でもかんでも恥恥ってさあー


築地市場が舞台のメインだが、
当然築地にロケしに来たわけじゃなくて丸わかりのセットで、
トラックに「新鮮と冷凍魚」って書いてあったわ。






_________________

そういえば最近、ビクトリアズシークレットの下着で、
和風のコスプレっぽい写真に対して、アメリカ国内で、
日本の文化[芸者]を娼婦のように扱ってけしからん、
アジア女性への差別だって騒ぎになったらしいけど、

「へ?だってしょうふじゃん、歌って踊れて楽器が弾ける
ホステス兼しょうふじゃん」

と思ったので、すごくバカバカしく思えた。

*娼婦をバカにしてるんじゃありません、
娼婦という職業を産むことになった人間の性欲をバカにしてるんです。
そして、売買春なのに文化のように外面飾って誤魔化してる日本を
バカにしてるんです。






「幸せなひとりぼっち」


▪️昼下がりのカフェで、何人も同席相手が変わる
不思議なチャラ男を見た。アムウェイの勧誘だった。
しかも、別のテーブルに行って、
「俺のグループを荒らすな」的な文句つけてた。アムウェイ・・・・・



原題 EN MAN SOM HETER OVE 2015 スウェーデン

オーヴェって呼ばれる男っていう、シンプルないいタイトルなのに、
日本のあまっちょろい感傷的なタイトルの付け方にヘドがでる。

監督 ハンネス・ホルム 

出演
ロルフ・ラスゴード
イーダ・エングボル
バハー・パール
フィリップ・バーグ
カタリナ・ラッソン

主演の爺さん、どっかで見た気がする、と思ったら、
大好きな大好きなスウェーデン映画「太陽の誘い」
の主演者だったーーーーー!

「太陽の誘い」過去記事



しあわえな


オーヴェ 59歳 規則と秩序が何より大事な頑固ジジイ
妻は先立った

43年勤めた会社をクビになり、妻のもとへ旅立つ決心がつく
何回死ぬ準備をしても、そのたびご近所の邪魔が入る
文句タラタラ言いながらみんなの世話をする
(親切心からではなく真面目さゆえ)

毎日妻の墓に行き、なかなか行けなくてごめんよと話しかける







ちょこちょこクスッとしてしまうシーンがあって、
私は笑っちゃったんだけど、隣はずっと泣いてて、
あ、笑っちゃ失礼かしらん?と申し訳なく感じたりして

でも、年寄りの自殺シーンが何度も出てくるのに、
こんな風に笑えるっていうのが、この映画のいいところ。

爺さんが、車の車種にこだわって友達と仲違いするところ、
贔屓のサッカーや野球のチームで半目するのとおんなじだけど、
男って・・・・   って思いましたわ。

冷めた私の目には、
いちゃもんつけてくる爺さんに何かと声かける、
押しの強い隣人や近所の人たちの行動があまり理解できず、
あんなジジイは普通避けるよな、とか、
こういう夫婦愛は奇跡だな、とか、 ファンタジーを見るような目で見ました。

爺さんの回想シーンはとても素敵でしたけどね。

夫婦愛も恋愛も信じてない私には、
「シンデレラ」よりも「スノウホワイト」よりもおとぎ話ではありますが、
とてもいい映画であることは違いないです。



原作者は、自分の父親のエピソードをブログに書いたら、
コメントでたくさんの父親に共通点があると知り、小説に膨らませたそうです。
そうよね、歳とるといろんなことに腹がたち、頑固になっていくものよね。

監督、最初に小説の映画化のオファーが来た時、
<頑固で気性の荒い爺さんの話なんてみんな興味わかない>
と、一度は断ったそうです。
で、原作を読んで考え直したそうね。

「幸せなひとりぼっち」公式サイト




「モデル 欲望のランウェイ」



▪️テレビから「左手で失礼いたします」って言葉が聞こえてきて、
へ?と一瞬理解できなかったが、次に怒涛の怒りがこみ上げた。
左手で飯食うのは世間的にダメなことなんかい!?
左利きという生まれつきの性質はダメとされてるんかい日本?
それを差別とも思わんのかい?
ますます左手を使ってやる!と反抗心が燃え上がった。


原題 THE MODEL 2016 デンマーク 未公開

これも、余計なサブタイトルに吐き気がするわね。

監督マッツ・マチースン 

出演
マリア・パーム
エド・スクライン
シャーロット・トマシェフスカ
ヴィルジャイル・ブラムリー
マルコ・イルソ
ドミニク・オルバーン


モデル 欲望のランウェイ



デンマークからパリにやってきた駆け出しのモデル エマ。
安宿のルームメイトもモデル。

パリでの初めての撮影で、カメラマンに認めてもらえず落ち込むが、
カメラマンを誘惑することで仕事が増える。

モデル業が順調になると、故郷の恋人への気持ちは冷め、破局。

しかし、恋人だと思っていたカメラマンは、
コンドームなしのモデル好きヤリチンで、お決まりの顛末。








主役の子、ちょっと、
「America's Next Top Model cycle15」の優勝者アンに似てる。
顔はそんなに似てないけど、雰囲気が最初の頃のアンみたいなの。
ひょろ長くて不器用で暗そうで自信なさそうに見えがちで。

田舎で育った綺麗な子が、業界のことも知らずに浮かれてトラブル起こす。

モデルでも女優でもキャバ嬢でも、ウブな子が陥りやすいその業界の裏側、
それをあまりドロドロに見せないままにさらっと描いた映画です。
さらっと描いているけれど、こういう子の気の毒さには、
とても同情してしまうので、私は割と好きでした。
ベタついてない描き方はもとから好みだしね。

同じモデル界ファッション界のドロドロ映画らしい「ネオン・デーモン」は、
勘で、生理的にダメだろうと思っているので見ない。









他人なのにそっくりさん16



▪️「フルハウス」初めて見始めたら、オルセン姉妹の赤ん坊時代が、
オラウータンの赤ちゃんに激似でびっくり!いや、可愛いんだけどね



ウォーレン・ベイテイジョン・シーア(シェア?)


ベイテイ

米帝


ジョン
よく、ドラマのゲストで見かける

ジョンシェア




ジョンの方が繊細でお上品な感じの顔だけどね





リジー・キャプランファニー・ヴァレット


「マスター ・オブ・セックス」で、博士に『女はみんな演技するんです』
と言ってくださったリジーね。
リジーの方がアメリカっぽい親しみやすいキャラと顔で、

201703061710117e6.jpg


フランス美女ファニーは笑顔になるほど怖い顔になるけどね。
私はファニーの顔が好き

ファニー




ジャック・ブラックアニー・ファンケ


すんません・・・・・
毎週、「クリミナル・マインド 国際捜査班」見るたびに
どうしてもこう見えて・・・・・


アニー

20170306165245434.jpg


ジャック

ブラック


ジャック・ブラックの目は、いつも
可愛いなーと思っている。
エミール・ハーシュ君と同じ目ね。



過去記事

他人なのにそっくりさん15