「EYEWITNESS/目撃者」



◾︎シーアを歌うと、辛すぎて泣きそうになる




目撃者の男の子たちが美形なだけでなく、
「LOW&ORDER」シリーズのメーガンが刑事役なだけでなく、
中高年男の顔の種類で、メチャめちゃ好みの顔のFBI役俳優も出てて、
他の出演者たちも、魅力のある役者が多くて、
かなり嬉しいクライムドラマ。

スパドラ


原題 EYEWITNESS 2016〜 アメリカ

出演
ジュリアンヌ・ニコルソン/ギル・ベローズ
タイラー・ヤング(せつな系甘ハンサム)
ジェームズ・パクストン(クールで影ありハンサム)
*パパは今年故人になった、ビル・パクストン

大好きな顔ウォーレン・クリスティー
(緊張感みなぎるモデル系ハンサム)
タティアナ・ジョーンズ(私にはすごくセクシー)
アマンダ・ブラグル(ドラマチックで、ロマのようにも見える)
ケイティ・ダグラス(小悪魔系美少女)

マット・マレー




ヘレン目撃者



山小屋で二人の高校生が会っている時、彼らは、
突然小屋に現れた男たちの殺人現場を見てしまった。
犯人に捕まりそうになりながらもなんとか逃げた二人は、
自分たちがゲイだということを知られたくなくて、
事件のことを知らないふりをする。

そのため、犯人の隠蔽工作が続き、事件の概要が複雑になっていく。








諸事情があって田舎の保安官になったヘレンが、
自暴自棄になっていた時に出会った男と結婚し、
ヤク中の母親を持つ男の子を里子にし、
暖かい家庭を作ろうと努力する。
その、家庭人としての顔と、左遷されたとはいえ、
納得がいかないことはとことん調べる敏腕保安官の顔。

そんなヘレンを応援しながら楽しむドラマであり、
十代の男の子と大人たちとの関係の、難しさがしみるドラマでもあり、
法組織に所属しながら、闇を抱える男の心理と行動を味わうドラマであります。

うーーーん。おいしい (*´~`*)

ノルウェーのドラマを見てないから、
それに忠実に作られているのかどうかわかりませんが、
この暗さは私は好きです。

子供は、何より親にバレて怒られるのが嫌だから、
どんなに大変な時でも自分を守るために嘘をつく。
それはよーくわかります。私もあの子達だったら絶対何も言わないね。


セックスシーン多めですが、私は男と女のやつが大嫌いなだけで、
男と男や女と女はなんとも思わない。嫌悪感はそれほどでもない。
それでも、セックスなんて不潔でくそみっともないしろもんだから、
ただ早送りするだけ。
男女以外が平気なのは、自分に関係ないからでしようね。
自分の身には起こらない事だから、嫌な気持ちにならずに済む。

結末がどうなるかよりも、
問題を抱えた登場人物たちのことが心配で、
愛を持って見守っていた。
ゆうべ、ラストを見たけど、犯人がハンサムすぎて好みすぎて
憎めなくて困った。(最初からら犯人は明かされています)
罪ね、ハンサム

シーズン2は1月から放送。楽しみ♪♪



★ヘレンの部下役俳優が、どうしても
「ビッグバン・セオリー」のスチュワートに見えてしょうがない・・・


マット

マット

スチュワート役のケヴィン

ケヴィン・サスマン


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ノルウェーの「Øyevitne」

感傷的でロマンチックな曲が流れてますが、主題歌?







「ブラック・ウィドウ 黒衣の人妻たち」




▪️「結婚はロマンスでなく契約よ。未来への投資なの。」
 CSI科学捜査班5-13



原題 MUSTAT LESKET 2014年〜 フィンランド

企画はなんと、「アングリーバード」の原案者(見てないけど)、ミッコ・ポーラ

出演
ピヒラ・ヴィータラ (ヴェーラ)
マッラ・マルミヴァーラ(キルシ)
ワンダ・デュビール(ヨハンナ)



私は、男の刑事役の俳優の顔が嫌いで、見るのも嫌だった。





日本で紹介される北欧ドラマといえば、
寒風吹きすさぶ荒地での犯罪ドラマや、
ドロドロで陰惨な人間の裏を描く、私好みの暗い内容の印象です。

凍てつく楽園」シリーズ
THE KILLINGキリング
THE BRIDGEブリッジ
ゾウズ・フー・キル~殺意の深層
刑事ヴァランダー
犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」 などなど

スパドラで放送中の「EYEWITNESS/目撃者」の元は、
ノルウェーの「Øyevitne(目撃者)」当然暗い。
ミレニアム」三部作も、元はテレビムービー用に製作された。

暗くないけど大好きな「コペンハーゲン」シリーズが異色なくらい。


そんな北欧ドラマの世界でこの「ブラック・ウィドウ」は、
夫殺しの話でありながら、主要人物である女たちの人間臭さにおかしみがあり、
殺しは置いといて、リアルな人間ドラマとして楽しめたのです。

axnミステリー サイト



三人の女優の違った魅力を堪能するのも楽しかった。
ヨハンナは美貌ではないけど、身近にいそうな感じで、
ヴェーラは儚げな美人で、キルシはいけない子。
キルシの頬骨とそばかすが大好き


ヴェーラ役女優さんが、一番、日本で公開されてる映画に出てるみたい。
私は、「4月の涙」「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」で見てる。
時々、ケイト・ベッキンセイルとマデリーン・ストウを足して2で割った顔に見える。
元ヴィオラ奏者だったそうな。

「ヘンゼルとグレーテル」に出た時のインタビュー動画






ストーリーは、『夫殺害計画を実行した三人の女達のその後』ということです。
そこに、女達が知らなかった夫の仕事の裏事情が絡み、
新たに殺人事件が起きたりする。
夫がいなくなってもトラブルは起き、殺害がバレないかとビビり、
平穏にはいかない。
最終回は、えええーーっ!この先どうなるのおおおーーー?の、
シーズン 2必須の終わりかたになってた。そう、シーズン2がある!
日本でも放送してほしいなー。 


シーズン1予告動画 ↓





私は、男の刑事役の俳優の顔が嫌いで、見るのも嫌だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


困ったちゃん、キルシ役女優マッラの
歌手としての名前はBelle Who

「Can't Whistle When You Smile」というアルバムを出しています。







「ノーベル〜戦火の陰謀〜」



▪️もうコストコで買い物しても置く場所がないので、更新しないで
最後に一回見学に行こうと出かけ、やっぱり楽しくて更新してしまった。


「特捜部Q キジ殺し」に出てたダニカが出てた!

原題 NOBEL 2016年 ノルウェー

出演
アクセル・ヘニー
クリスティアン・ルーベク
アンデルシュ・ダニエルセン・リー
ダニカ・カーチック
ツヴァ・ノヴォトニー


主演アクセル・へニーが出ている映画、ドラマは
何本も見たが、みんな超面白いんだよねー



出演: アクセル・ヘニー アーリン・リーセル クリスティアン・ルーベク ハン(外務大臣) アンデルシュ・ダニエルセン・リー




ノルウエーから派遣された兵士たちの任務は、
アフガニスタンでの治安維持活動。
しかし、地元の権力者との関係が任務に影響し、
兵士が死亡しても負傷しても、犯人を糾弾することができない。

帰還したアーリンは謎のメールを受け取り、
駆けつけた先で、暴力犯罪の現場に出くわし、加害者を殺害してしまう。
暴力の被害者は、アーリンがアフガニスタンで一瞬肩に触れてしまった女性、
加害者はその夫らで、イスラムの名誉犯罪と呼ばれる犯罪行為だった。

メールの送り主を探るアーリンは、政治の陰謀に巻き込まれていく。










なんでノーベルっていうタイトルかっていうと、
ノーベル平和賞の選考に、政治がどう絡んでいるか、
ってことを描いてるからでした。

そっか、ノーベル賞は政治だったのね、と、
大人の事情を知りました。


ムカつくイスラム教の男尊女卑に血圧上がるわけですが、
非常に面白かったです。

メールの送信者が誰なのかっていう謎解きが重要なのかもしれないけど、
帰還した兵士たちのその後の生活部分や、
政府の外交手腕部分も重要な要素で、それぞれに興味が湧くように作られてるから、
全8話で、一度も退屈することなく、次回をすぐ見たいと思わされました。

主演のアクセル作品「ヘッドハンター」「パイオニア」が超オススメです



私は基本、明るいドラマに興味なくて、(30分のコメディ番組は好き)
人間の裏、社会の裏を見せてくれるものを固唾を飲んで見るのが好きだから、
北欧の深刻なドラマはとても性に合います。

なぜ、アメリカのドラマとヨーロッパのドラマではこんなに印象が違うんだろう?
アメリカのものは、作られた娯楽作品として見られるのに、
ヨーロッパのだと、すごく現実として感じるというか、
作為を感じないというか、嘘を感じないというか、(作り物なのにね)
重く受け止める気持ちになる。










「MURDER IN THE FIRST/第1級殺人」




今週からスーパードラマTVで放送が始まったアメリカのクライムドラマ


原題 MURDER IN THE FIRST 2014年〜 アメリカ


ワンシーズンをかけて一つの事件を解決していくそうです。
刑事物ドラマは一話完結が好きだけど、
人間ドラマとして重厚なものなら、ワンシーズンでも好き。
(特に北欧サスペンスのワンシーズン物は好み)


daiittkyuu.jpg




刑事役出演者
テイ・ディグス
キャスリーン・ロバートソン
ジェームズ・クロムウェル
カリー・グレアム
イアン・アンソニー・デイル
ラファエル・スバージ
ロンバルド・ボイアー
ミミ・カークランド

話題として、ハリポタのトム・フェルトンが、
いけ好かない金持ち役で活躍?するってことですが、
そのほかにも映画、テレビでおなじみの顔がたくさん出てくる。

けっこう好きなスティーヴン・ウェバーが、金持ちのお抱えパイロット役。
この人はのちに何かもっと重要なことで登場してもらいたいもんだ。

金持ちの下の相手もするお世話役の色っぽい女優さん
ブリアン・デイビス、今回初めて注目したかもしれない。
だいぶ前からドラマのゲスト出演なんかで見てるはずなんだけど。


「メンタリスト」でジェーンと、、、、のエマニュエル・シュリーキーや
「メンタリスト」マイケル・ガストンや
「ゴシップ・ガール」サラ・パクストンや
「CSIニューヨーク」のA.J.バックリーなどもそのうち出てくるらしい。



私はキャスリーン・ロバートソン見たさ
割と好きなのよねー、この顔
以前、ロングヘアの時はそうでもなかったんだけど、
ショートにして、独特の口元や鼻が際立ち、急に素敵になった。
唇が薄いからって、鼻が上むいてるからって、絶対整形しないでほしいわ。


あと、サンフランシスコの町、
あの坂、あのAT&T PARKが第一回目で映ったから、
すごーく興奮したのだ!
主人公は、あの心臓破りの坂の、割と上の方に住んでる設定。
娘をおんぶして急斜面を降りたりして、ひゃー、すげえ、と感心してた。

話の内容も面白そうだが、
一回めで、サンフランシスコ近辺のサンノゼ、サンマテオあたりも出たから
サンフランシスコ観光ドラマとしても、
今後がとても楽しみ








さすがのサンフランシスコ、シリコンバレー組の成功者を重要人物に。
彼らのせいで家賃が上がって庶民は大変、ってとこも描写してほしいわ。




スパドラ公式サイト







「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」で




スパドラで毎朝再放送中の
「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」
Law & Order: Criminal Intent

前は「LAW&ORDERクリミナル・インテント」の邦題で放送してた。
勝手に変えないでよー、ややこしいから。

で、で、

シーズン8−9(2008年)にちょっと出てきためちゃめちゃ綺麗な子、
あれ?この子「パーシー・ジャクソン」の美女?と思ったから調べたら、
やっぱりあの子だったんだけど、
ちょっと、変なことに気づいた。

スパドラのタイトル表記だと、シーズン8-9
になってるんだけど、それで調べると、一回前の、
「天から下りてきた声 Family Values」のはずなんだよね。
8-10で調べたら、正しい画像が出たの。
だから、スパドラでは8−9でも、本当は8-10だったのですー
これ、全部の回で間違ってるのか、どこかを抜かして放送してこうなったのかわかんない。


はい、正しい方、シーズン8-10「マンハッタンの女神 Salome in Manhattan」


可愛い可愛い

アレクサンドラ・ダダリオ(Alexandra Daddarioちゃん



両親共にニューヨークで弁護士・・・・  

2005年の「イカとクジラ」に出てて、映画館で見てるんだけど、
この映画の母親が大嫌いで、そこしか覚えてなかった。
パーシーが2010年だから、その前にLAW & ORDERに出演してたのね。



はぁ〜   見惚れるわぁ〜











「NIP/TUCK マイアミ整形外科」



▪️沖縄天国から帰ってきて、昔、子供が人ん家から帰ってきて、
「やっぱりお家はつまんない」と言った気持ちがわかった。



原題 NIP/TUCK 2003年〜 アメリカ FOX

出演
ディラン・ウォルシュ
ジュリアン・マクマホン
ジョエリー・リチャードソン
ジョン・ヘンズリー
ヴァレリー・クルス


maiami.jpg



LaLa TVで再放送してるアメリカドラマをまた見た。
なぜこのドラマを見なくなったか理由がわかった。
エロシーンが多い! 多すぎる!

しかも、一応医者?のドラマなのに、医療行為シーンより、
奴らの下半身の私生活や、
夫婦のいがみ合いのシーンの方が多いときた。

美容整形の行為が見たいんだよー。そのシーンを増やしてくれよー。

でも結構シーズンが続いてるから、アメリカじゃあ人気だっんでしょうね。

私は2エピソード見ただけで、やっぱりもう見ないと決めた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あのぉ シーズン1の2話、このシーンが疑問なんだけど。

医者の息子がGFと始めてヤろうとした時、彼女が「見せて」って言って、
ちん◯を確認すると、深刻な顔で

「皮膚がたるんでる」
「あなたってアラブ系?」

( ̄。 ̄ノ)

どういう事? 「むけてない」って言ってたから、
仮性だか真性だかのほーけーって事だと思うんだけど、
アラブ系ってそれが多いの???
日本人もほとんどが仮性って話じゃん。


皮膚がたるんでるってことに関しては、
歳とると顔の皮膚がたるむのと同じで、腕皮膚もけつ皮膚も、
ちん皮もマン皮膚もたるむわけで、それは仕方ない。

でもこれ、若いこの話だしねー

ちん○皮とアラブ系の結びつきの謎が解けずに気になっている。











「ザ・フィクサー」



以前見てたんだけど、面白かった記憶なので、再放送を見た。

原題 THE FIXER  2015年 アメリカ

監督 ピーター・ハウイット 

出演
エリック・デイン
キャスリーン・ロバートソン
アンドリュー・エアリー
カイル・スウィッツァー
ヤニック・トゥルースデール
ジム・ソーバーン



「フィクサー




タンカーと油田基地の衝突による大爆発の調査をするエリー・モラロは、
事故の詳細に不審なものを感じていた。
ある日、カーターという謎の男がエリーに接触し、世界中の災害は、
株価を操作する目的で暗躍する組織が起こしていると告げる。

最初はカーターを疑っていたエリーだったが、
彼と行動を共にするうちに、陰謀を信じるようになる。

エリー自身にも、橋の崩落という災害で、家族を亡くした過去があった。







実はだいぶ前から、私もこういうことを考えていた。

大抵のことは、大金を狙う一部の資産家が企んでいて、
政治も大企業も裏社会も牛耳っていて、あれこれやっちまってるんだ。と。

自分らがますます金持ちになるために、資産家が世界を作っていると。

だから、非常に説得力のあるドラマだと思った。集中した。
主演二人も好きなので、とても良かった。
エロがなくて良かった。



主演キャスリーンが2014年から主演したクライムドラマ
「MURDER IN THE FIRST/第1級殺人」が、
11月から「スパドラで放送になる。嬉しい


MURDER IN THE FIRST/第1級殺人