「ハッピーエンドの選び方」




原題 MITA TOVA (良い死) 2014年 イスラエル

監督 シャロン・マイモン/タル・グラニット

出演
ゼーヴ・リヴァシュ
レヴァーナ・フィンケルシュタイン
アリサ・ローゼン
イラン・ダール
ラファエル・タボール


ハッピーエンドの選び方



舞台はエルサレムの老人ホーム

入居者の日常が描かれる

「神様 私は治りますか?」と電話をかける女性
答えるのは、同じホームに住んでいる発明好きの男性

もう殺してくれとせがむ夫の願いを聞いて、
妻は発明家に相談する
「手助けしてくれない?」

妻に隠れて別室の男と寝る元警察官は、
「奥さんと離婚して」と頼まれてもいつもごまかす

発明家が作った自分で死ねる装置は、人の役にたつ
数人だけの秘密だったのに、いつのまにか依頼が入るようになる






老いたらこうなる。こうなるのは嫌だ、と思うのが、
老人と死の問題を扱ったエンタメには多かったが、最近は変わったね。

人間誰でも生きてりゃじじばばになるから、
老化に伴う病気と死を公に語らないのはインチキ。
それらを描くスタイルに、ユーモアと優しさがあると、
老化と死への恐怖・嫌悪が少しは慰められる。

とてもリアルな映画でした。本当に、周りの老人たちは、
病気と死の話をよくしてるし、延命措置は嫌だ、病院で死ぬのは嫌だ、
とみんな言ってる。
作り物の映画だけど、そこにいる老人たちと死は、とても現実的。

好きな場面は、
認知症で裸で食堂に行った友人の気を少しでも楽にするために、
みんなで丸裸になった場面。
優しさとユーモアに溢れていた。

あと、さすが、老いてもケーサツはケーサツ、
小狡く抜け目がないところを入れてくれて、これもリアルで良かった。


この映画はハッピーエンドって言葉をつけちゃいけない。
「良い死」のままが正しい。

病院で管だらけになって無理やり機械で生かされ、
いつの日か感染症で死ぬよりも、
信頼できる人々に見守られて、自分でスイッチ押す死に方は、
とてもとても良い死だと思う。 死にたいなら死なせてやれ、と思う。

ひと昔前は、日本だって、
寝たきり状態の人を、家族や医者が殺してあげてた。
それで感謝されてた。罪の意識なんてなかった。
今だって犬や猫が重病なら、苦しませるより殺すでしょ。
私も、いざとなりゃスイスに行けば死ねるというのが、
心の支えになっている。この選択肢は大切にとっておきたい。


いい映画でした。

*イスラエルでは、無宗教で葬儀をしたいなら、
キブツでするしかないし、火葬はほとんどないとのこと。

________________

シャロン監督の
相撲がテーマらしい「A Matter of Size」 面白そう








「ときめきサイエンス」



原題 WEIRD SCIENCE 1985年 アメリカ

監督 ジョン・ヒューズ

出演
アンソニー・マイケル・ホール
ケリー・ルブロック
イラン・ミッチェル=スミス
ビル・パクストン
スザンヌ・シュナイダー
ジュディ・アロンソン
ロバート・ダウニー・Jr
ロバート・ラスラー
マイケル・ベリーマン


ときめきサイエンス



は、、、ははは。。。ははははは

「理想の女体を作る」
という男の夢を実現した、冴えない少年たちのてんやわんや。

どーでもいいや、こんな話は。
私はお綺麗なお姉さまのお顔にうっとりして見てました。
あんな上唇に産まれちゃったら、モデルと女優になるしかないもんね、

ケリー・ルブロックKelly Le Brock


この美女が頭の古い親に物申すシーンが楽しかった。
30年以上前の映画だから、現在の姿はあれだけど。。。。






古い映画を見て楽しいのは、
おじちゃんになってからの顔しか知らない人々の、
若い頃の顔を見ることくらいね。

ビル・パクストン
私は「シンプル・プラン」が一番印象深い。今年、死んじゃったね。
ウォレス・ランガム
ほんの2秒くらいだったけど、若い顔のCSIホッジス!!って・・・


主演者二人は、その後脇役に回っていたり、
あれれ、ほとんど作品がなかったり

_________________


出演者を変えたTVシリーズもあります。

ワイルドサイエンス






「ジェーン・ドウの解剖」



原題 THE AUTOPSY OF JANE DOE 2016年 アメリカ


監督 アンドレ・ウーヴレダル 

出演
エミール・ハーシュ
ブライアン・コックス
オフィリア・ラヴィボンド
マイケル・マケルハットン
オルウェン・ケリー



ジェーンどぅ


バージニア州の田舎町、ある家で3人の遺体が発見された。
捜査中に地下室で見つかったもう一つの遺体は、
外傷の無い若い女性の全裸死体。
身元不明の遺体は『ジェーン・ドウ』と呼ばれる。

検死をするのは、この地で三代続く、死の稼業を営む父と息子。
ジェーン・ドウの解剖が進むうちに、遺体の異様さが発見される。







死体の演技がとてもお上手でしたご苦労さん


私がこの映画を見たのは、
きっかいな映画「トロール・ハンター」の監督で、
贔屓のエミール・ハーシュくんが主演で、
「エレメンタリー」のキティ役女優が出ていると知ったから。
大好きな人体解剖ものなうえに、こんな、
3つも揃っちゃったら観に行くわな。


だけんど、言っちゃうよ。

特殊メイクさんたちのお仕事の素晴らしさ以外、
見るとこないっす。


リアルな解剖シーンだけ見に行くために、
チケット買ってもいいな、と思えれば まぁいいのかも・・・

あのね、私はね、
この死体を解剖することにより、人間のおっとろしい内面を
(犯人側のね)炙り出してくれる映画を見に行くつもりだっだんだよ。
どんだけ残虐な秘密が隠されているんだろう、ワクワク とね。

なんだよ!ただの嘘っこキリスト教がらみの話かよ!
それがわかってから、全く続きを見る気がしなくなり、
コーヒーぐびぐび飲んでやり過ごしたわ。
(ちゃんと映画館のコーヒー買ったよ)

くっだらね、 魔女狩りってさ、
いろんなことに無知な大昔の馬鹿人間が、
ちょーっと知恵のある女や、綺麗な女や、
男のいいなりにならない女を、
キリスト教のインチキな考え方を口実に殺しまくった、
ツーだけのことじゃん。

しょうに合わないんだよ! キリスト教のホラーなんて

怖くも何ともねー 腹たつばかりで帰ってきた


ところで低予算? 



「トロール・ハンター」過去記事




「アウトバーン」



原題 COLLIDE 2016年 イギリス/ドイツ

監督 エラン・クリーヴィー

出演
ニコラス・ホルト
フェリシティ・ジョーンズ
マーワン・ケンザリ
ベン・キングズレー
アンソニー・ホプキンス


アウトバーン



ドイツのクラブで知り合ったジュリエットとケイシー。
ラブラブになった二人。
しかしジュリエットは腎臓が悪く、助かるには移植が必要だった。

ケイシーは、裏社会の仕事を請け負い、
移植のための金を稼ごうとする。








ニコラス・ホルト君は、
この髪型にしてから、チンピラな役ばかりやってる気がする。

フェリシティ・ジョーンズ 、
どこか垢抜けない美人でもない、優等生タイプで好きになれない、
と思ってたけど、本作では可愛かった。


愛する女性の命を救うために、危険な仕事を受ける男ってことです。
カーアクション、スリリングですが、カーアクションに興味ないから早送る。

べン・キングスレーの怪演と、
アンホプの気味悪さを楽しむのも良いかと。

『純愛』 がテーマみたいです。











「ノーマッズ」





原題 NOMADS=放浪民 だそうです。

1985年、ジョン・マクティアナン監督のデビュー作だそうです。

出演
レスリー=アン・ダウン
ピアース・ブロスナン
アンナ=マリア・モンティチェリ
アダム・アント
ヘクター・マーカド
ニナ・フォック
メアリー・ウォロノフ


劇場未公開でDVDはあるようだ。

ノーマッズ



32時間も勤務が続いている女医のところに、
急患が運ばれてくる。
その男は血まみれで、フランス語をまくしたて錯乱状態。
暴れて女医に組みつくと、死んでしまう。
その後、女医は幻覚を見るようになる。






オープニングの字幕で、
Special appearance by ADAM ANTって字が出たヵら、

えっ!?アダム・アント

あ、あの、アダム・アント?と驚いた。

その他のスペシャルの名前は、
ジョージー・コットン(歌手)/フランク・ダブルデイ(キワモノ俳優?)
ヘクター・メルカード(よくわかんない)
メアリー・ウォロノフ(ウォーホールんとこのダンサー兼女優だった)



ジョークかと思ったよ!
これ、マジで作ったの? ほんと?本当にいいの?


人類学者?が、自分とこのガレージにスプレーで落書きされたからって、

「放浪民」は家も仕事も無い、車も登録してない、
一晩中動き回ってクラブで騒いだりしてる。

へっ???????

これ、珍しくもないちょっと反抗的なロック好き若者じゃん
なのに、奴らが凶暴なわけを知りたい、みたいな・・・

コメディかと思っちゃったよ

なんでも、こいつに言わせると、放浪民は悪霊で、
あーいう、アダム・アントみたいな格好してるんだとさ。

悪霊があーいう格好をかりて現れた、
という設定にした映画ってことだから仕方ないけど、
あほくさくて



他にも、エスキモー(これも死語でしょ?)がどうだの、
当時の意識の低さに腹が立つばかり。


まぁ、今も昔も、ちょっとハードな格好した若者は、
悪魔崇拝だの犯罪者予備軍だのと、偏見の目で見る、
いわゆる大人?は山ほどいるけどね。


怖いかって言えば、憑かれた女医の顔がいっちゃん怖い。

ラストはイージーライダーな感じで・・・・・