「シークレット・アイズ」



見始めて、あれ?なんかこの設定、見たことあるな?
と思ったら、秀作「瞳の奥の秘密」のリメイクだったー!


映画 SECRET IN THEIR EYES 2015年 アメリカ

監督 ビリー・レイ

キウェテル・イジョフォー
ニコール・キッドマン
ジュリア・ロバーツ
アルフレッド・モリナ
マイケル・ケリー
ジョー・コール
ディーン・ノリス
ゾーイ・グレアム


シークレットアイズ



FBIテロ対策チームの捜査官の娘が、強姦され殺されて発見される。
容疑者はFBIの情報屋だったため、
国の安全の方が優先だと、事件はもみ消される。

チームを去ったレイは、13年間容疑者を探し続けていた。
ある日容疑者に似た容貌の男を見つけ、
昔の職場に伝えに行くが、正式な捜査再開は許可されず、
レイは独自に動き出す。










<文句>

被害者を、捜査官の同僚の娘にしてしまったので、
刑事が純粋に正義のために長年を費やすというもと映画の良さが、
仲間内のことだから必死になる、みたいに変わってしまった。
これ、良くないと思う。見ながら、
「じゃあ、あんた、これが一般市民だったらそこまでやるの?」
と疑問視してしまったもん。

それと、たまたま見かけた女に目をつけた犯罪になってるから、
タイトルにある、視線の秘密感が薄い。
もと映画では、もっと過去に遡っての鬱積した欲望だったから、
犯人の視線の意味が強く、より陰湿でより悲惨さが出たのに。

瞳の奥の秘密=犯人の視線ってことと、検事と刑事の押し殺した愛が瞳に宿る、
ってこと、二重にかけててそこがいいんだけど、
ハリウッド版は二人が両想いってことがわかりやすく描かれすぎてて、
奥深さがない。タイトルの意味、二人の恋だけを表すことにしたのかなー。

ラスト、普通の人があの復讐をするから共感できるのであって、
法に携わる人たちがあれじゃダメでしょう?と不満。

ニコール・キッドマンが告白されるのを待ってる風情すぎて、
もうちょっとマッチョでいて欲しかった。

アルゼンチンの犯人に比べて、
この犯人には凶悪感やずる賢さが見えない。物足りない。



大事な大事なセリフ「終身刑でしょ?」が持つ
重みと衝撃が、全く感じられなかった理由を考えた。
もと映画では、法律のこと何も知らない一般市民が切望した終身刑だから、
捜査官に「あなたは終身刑になると言ったのに奴は釈放された。」
「終身刑ですよね?」が効いてくる。
でも法を知っている人間がこれを言っても、言葉に力が宿らない。
ただの正当化に思えてしまう。だからだと思う。



<褒める>

*ジュリア・ロバーツの、
ほぼスッピンでの苦悩する母親ぶりは見事だと思いました。

______________________


アルゼンチンのもと映画「瞳の奥の秘密」は、大好きな一本だから、
過去記事見返してみたら、今はなき三軒茶屋中央劇場でみてたのね。
しかも、あの地震の時だった・・・・

瞳の奥の秘密 過去記事


もう一度観たいな


20170724120711e3d.jpg






他人なのにそっくりさん18



久々に
死んだ方がマシなくらいに可哀想な子供が出てくる映画
「パンズ・ラビリンス」を鑑賞して

(死んだ方がマシなくらいに可哀想な子供を、
かわいそうで愛しくてなんとかしてあげたくて泣く、という心で好き
不幸な境遇の子供が健気に生きるのを見るのが好き)



「パンズ・ラビリンス」オフィーリアちゃん
イバナ・バケロ

「アメリカ'ズ・ネクスト・トップ・モデル」
カイル


イバナ小さい時の顔




大きくなってからはカイルと少し違う


イバナ大きい



カイル Kyle A McCoy

kairu.jpg





「パンズ・ラビリンス」メルセデス役
マリベル・ベルドゥ


メルセデス



久本。。。。。。いや、、、あまりにもあれだけど、、、
目の大きさもだいぶ違うけど____ 骨格と歯??


雅美



「パンズ・ラビリンス」
パンと冨永愛。。。。。

パン




冨永愛


「パンズ・ラビリンス」オフィーリアの義理父役俳優が、
萩原流行っぽいと思っちゃいるのだが、
今回検索してみて初めて萩原氏が故人になっていたと知った。

セルジ・ロペス

Sergi López



他人なのにそっくりさん 17




他人なのにそっくりさん17



「リスナー 5-6」Drケスラー役だった
ナタリー・ブラウンジェーン・シーモア

きつね顔美人ね


ナタリー

ナタリーブラウン


ジェーン

シーモア



ジェーン・シーモアは
最近じゃあ、シワ取りクリームのCMの印象が強くなっちゃって残念。

________________________


「アメリカン・ゴシック 偽りの家族」のビッチ役
ステファニー・レオニダスと
「シェイムレス 俺たちに恥はない」
エミー・ロッサム


ステファニーのエラを削って顎を長くすると


ステファニー



エミリーになる、はず


レオッサム

____________________


「アメリカン・ホラー・ストーリー」怪奇劇場
マット・フレーザーと
「デスパレードな妻たち」
ダグレイ・スコット


マット

マシュー


ダグレイ

だグレイ



他人なのにそっくりさん 16




SSFF&ASIA2017受賞ショートフィルム



▪️電車の中でカップルの女が、「チャック閉めた?」と男に聞いた。
へ?トイレ後の意味?それとも?と聞き耳立てたら、
男が女に耳打ちして何やら笑いあってた。 
さてはあっちの意味か?と気になって気になって


毎年、6月あたりに日本でやってる、
ショートフィルムフェスティバルで受賞した作品を鑑賞。

一本15分ほどの中に、凝縮された内容があるので、
実は長編映画より好きなのです。
ただ、横浜に行くのは、渋谷での乗り換えが面倒くさくて嫌で嫌で。

何年振りかに行ったわ。ブリリアショートショートシアター。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Sugar&Spice」シュガー&スパイス ミャンマー

原題 Mi Mi Lwin

監督が両親の日常を撮影したドキュメンタリー。
ヤシの実を採り、砂糖を作り、お菓子に仕上げる。

母「毎日仕事ができればいい」「仕事をして生活費を稼ぐ、これが全て」
父「世界で起きていることを知らなきゃ世の中を変えられない」

そして今日もまた、父は木に登り母は菓子を作る。

*市井の人々の生活を、淡々と描くドキュメンタリーは好きです。
私の目には、屁理屈こねて女房に意見する夫、ケッ!
としか映らなかったけど。

__________________________


「Samira」サミラ  ドイツ

原題 Charlotte A. Rolfes

港で、密入国の女性が立てこもる。
通訳の男が交渉に成功し、女を逮捕させる。
船には女の子供とみられる赤ん坊が残されていた。
週末の夜のため、月曜まで赤ん坊の処遇を
役所に相談することができない。通訳は赤ん坊を連れ帰ることに。

*やっぱ赤ちゃんが出てきちゃうと、もうね。
あの母親の、身が引き裂かれるような苦痛を押した覚悟と、
その覚悟を受け止めた通訳の、無言の会話が美しい。

______________________


「Water,Please」水を、ください 南アフリカ

原題 Mlu Godola

干ばつで人々は水を奪い合う。
具合の悪い妹に水を与えるため、姉は盗みをする。
やっと持ち帰った少量の水。しかし姉は・・・

*状況は全く違いますが、メキシコの名作「グッド・ハーブ」を思い出した。
あっちの方は幸せの涙にくれたけど、こっちは、ホラー映画的怖さを感じた。
英語と何語?だかの二種類で話してて、あれ?と思った。

_______________________


「Way of Giants」 巨人のならわし ブラジル

原題 Alois Di Leo

森の中、先住民族が大木の命を絶つ。
一本の大木は一人の巨人の命と引き換える。
一人の少女の視点で、部族のならわしを描く。

*途中まで、意味がわかんないシーンがあったけど、
あー、そういうことね、とわかった。
絵がとてもいいね。








作品全てに、日本語字幕だけじゃなく、英語字幕が付いているので、
思いがけない英語の勉強になりました。






「ソーセージ・パーティ」



■ハンバーガーより、ホットドッグが好き!
ホットドッグより、ソーセージとザワークラウトのみが好き!



原題 SAUSAGE PARTY 2016年 アメリカ

監督 コンラッド・ヴァーノン/グレッグ・ティアナン


セス・ローゲン
クリステン・ウィグ
ジョナ・ヒル
ビル・ヘイダー
マイケル・セラ
ジェームズ・フランコ
ダニー・マクブライド
クレイグ・ロビンソン
ポール・ラッド
ニック・クロール
デヴィッド・クラムホルツ
エドワード・ノートン
サルマ・ハエック

原案
セス・ローゲン/ジョナ・ヒル/エヴァン・ゴールドバーグ 



ソーセージパーティ




F○○K だらけの大人のためのアニメです。

スーパーマーケットの食材たちは、買われれば、外の世界に出られる、
みんな、外は天国、と信じている。

しかし、
返品されてきたハニーマスタードは、外の真実を知り、
怯えて逃げようとする。
巻き込まれた、恋人同士のソーセージとホットドック用パンは、
店内で離れ離れになる。

外に行ったソーセージたちは、「神」が自分たちにすることを知り、
スーパーの仲間に知らせようとする。








CGアニメは大嫌いだけど、
こういうおちょくりアダルトアニメなら大歓迎です。

トルコのパンがユダヤのパンと反目とか、
酒のコーナーがクラッカーに侵略されてるとか、
メキシコの保存食や酒は密輸入ルートを通ったとか、
ビデが、「もう誰にも使ってもらえないかも」とか、
ウヒヒヒ


何より、食料たちの言う『神』とは、人間たちってのが・・ね。
人間(神)が殺戮するってのが、非常に皮肉なアイディアでございます。
しかも、神に選ばれて外に出るとそこは天国とかって。。
まるで、死ねば神の国で処女とやり邦題、みたいな嘘っこな訳で、
めちゃめちゃ毒笑い。


ホーキング博士ガム! す、凄いんだけど………………

好みです。こういう毒ユーモアは。
あと、いやらしい下ネタじゃなくて、
バカバカしくて笑える下ネタは大好きなので、ますます好み。

トルコのパン ラヴァシュ
「ピラピラおやじ」  これ、英語でなんて言ってたかなー?


セクスゥい〜なレズビアンタコスのサルマ・ハエック
ってば、「あそこの底からムラムラ・・・」なーんて(笑)
*あそこ=クラッチ(Clutch)って言ってた

この人、トークショーに出てるの見たとき、すごく面白い喋りだった。


爆笑シーンは、
股間から汁漏れした紙パックジュースとビデの、
バキュームシーンです!!


いやあ 面白かった



ラストの大乱交は、ちょっと「パフューム」を思い出しちゃったわ。
あの映画は、美しく悲しくかわいそうで大好きな芸術作品だけどね。







「クリミナルズ」





原題 LA PEUR DE L'EAU  2011年 カナダ

”水の恐怖”を、ただのクリミナルズにする邦題のセンス・・・・


監督 ガブリエル・ペルティエ 

出演
ピエール=フランソワ・ルジャンドル
ブリジット・ポゴナ

ノルマン・ダムール
ミシェル・ラピリエール
ステファニー・ラポワント


このDVDパッケージの宣伝文句に騙されてはいけない。
アクションやマッチョやすけべで見せる映画でないのです。

クリミナル図 カナダ



カナダの小さな島で、市長の娘が他殺体で発見される。
モントリオールからやってきた巡査部長は、
性犯罪者の犯行と決めつけるが、
地元警察のアンドレは違和感を感じ、独自に調査を始める。








寡黙で地味で物静かでお人好しな中年巡査です。
顔ももちろん、地味です。もちろん、スター性も皆無です。

その巡査の相棒役女優がこれまた地味です。
特に綺麗でも色っぽくもありません。もちろんスター性も皆無です。


この二人がじみーに殺人事件の捜査をするんです。

主人公の巡査なんて、娘に、
「パパは都会が怖いからモントリオールに行かないんでしょ!」
なんて言われちゃうし。



事件の異常性に、こりゃエキサイティング!と楽しみにしてたら、
あまりに地味なおふたりが地味に活動するもんで、
あらら・・・・と思いましたが、
なぜか結構楽しんだのです。

結構いいです。


でも、女性巡査の「好きなの」オーラが、
最初から丸出しなのがちょっとコメディっぽくて、
笑っていいのか戸惑った。



しかーし、ここの島さぁ、本当にこうなのかなー?
明らかに未成年とわかってるのにバーに入るし入れるし、
子供らに麻薬が蔓延している。

そこが気になって気になって





「シチズンフォー スノーデンの暴露」



原題 CITIZENFOUR 2014年 アメリカ/ドイツ

監督 ローラ・ポイトラス


全世界が驚愕した、内部告発のドキュメンタリー映画。


ローラ・ポイトラス




この、国家権力による人間支配について、
本は出版当時に読みましたが、
監視システムに関する用語が頭に入らず、その説明がわけわからず、
読むのに随分時間がかかりました。



「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」

これを読むと、なぜスノーデンが内部告発しようと思ったか、
どのように証拠を集め、保存したかなど、詳しいことがわかります。

著者ルーク・ハーディング

スノーデンファイル



「暴露:スノーデンが私に託したファイル」

著者グレン・グリーンウォルドト

グレン・グリーンウォルドト


___________________

29歳のアメリカ人エドワード・スノーデンが、
勤めていた国家安全保障局(NSA)による個人情報収集を暴露するため、
映画監督ローラ・ポイトラス、ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドを
香港に呼び、告発したインタビュー映像を主にした、ドキュメンタリーです。

ローラ監督はこれまでに
イラク戦争に関するドキュメンタリー「My Country My Country」
グアンタナモ収容所に関するドキュメンタリー「The Oath」
を作ったことにより、アメリカ政府の監視対象になっている。

だからこそ、スノーデンは彼女にメールを送った。


『内部告発の必要性がなくなる社会を望んでいる』
と監督は言います。無理だと思う私です。



スノーデンは政府に、
第一次大戦時代にできたスパイ活動法により起訴される。
国防に関する情報の口外と散布が対象なのに。
内部告発者なのにスパイと同等に見なされ起訴って、
アメリカ政府の暴力支配ったら。


無償で彼の弁護を引き受けた弁護士団でも頭を抱える、

米国自由人権協会 の弁護士が言う。
「95%政治、5%法律により決着するだろう。」


ここここわーい (゚д゚|||)


スノーデン、ロシアに政治亡命、、、
ロシア、すんごくおっとろしい国だと私は思ってる。
あんなとこに命預けていいの???


痕跡が残らないラヴァビットって仕組み?いいね。
よくわかんないけど。



このドキュメンタリーでは、スノーデンの正義感というか、
逮捕される覚悟の潔さを全面に出してるけど、
原作読むと、頭のいい人物が、
そうでないものを小馬鹿にしてるような描写が何箇所も出てきて、
(ネットでの仲間とのやりとりがね)
この人を好きになるのは難しかったです。

あくまでも本に書いてあった、スノーデンがネットで遊んでた頃のことだけどね。


でも、権力に挑戦する人は大好きだから、アサンジ氏同様、
尊敬いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ローラ監督作
「My Country, My Country」Trailer




「The Oath」 Trailer