「ヘヴィ・トリップ」俺たち崖っぷち北欧メタル!


この映画を語る時の合言葉は陥没!

すでに、今年の劇場鑑賞作品1位獲得
(まだ、これしか観てないけど


原題 HEVI REISSU 2018年 フィンランド/ノルウェー

監督脚本 ユーソ・ラーティオ /ユッカ・ビドゥグレン
音楽 ラウリ・ポラー(Stratovarius)

出演
ヨハンネス・ホロパイネン(トゥロ
マックス・オヴァスカ(パシ
アンティ・ヘイッキネン(ユンキ
サムリ・ヤスキーオ(ロットヴォネン
ミンカ・クーストネン(ミーア
ヴィッレ・ティーホネン(ヨウニ
ルーン・タムティ(フランク
チケ・オハンウェ(オウラ

ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル! 公式サイト



E1C7067B-3DC7-4E75-B783-B7C9F5E5F66E.jpeg






このバンドのジャンルは、
「終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル」

*フィンランド語だともっとややこしいらしいが・・・

(個人的に戦争推進という言葉には抵抗感あるけど、
戦争したい武器マニアが実際出てくるからさ)

バンド名
「インペイルド・レクタム」Impaled Rektum 直腸陥没

陥没だー! 陥没だー!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィンランドの小さな村で、
12年間も実家の地下室で練習(コピーばかり)してきたメタルたちが、
トナカイ粉砕機?の騒音にヒントを得て、初めてオリジナル曲を作る。
そんな時、トナカイの血を買いにきた男がノルウェーのフェスの主催者と知り、
ドラマーがデモテープを渡す。

「これで俺たち有名になれるぜ!フェスに出られるぜ!」

とすっかりその気になったメタルたち。
それまでは彼らを馬鹿にしていた村人たちも、
すげーな、ノルウェーかよ、フェスかよ!とお祭り騒ぎ。

しかし、ヴォーカル担当トゥロはみんなに真実を言い出せなかった。。。
だって気が弱いし  だって片思いの子に嫌われたくないし。。。

ってのが前半 割とのほほん (バカですが、バカ笑いますが)

後半になると、あれよあれよと どアホで間抜けで極上のバカもんどもが登場し、
思わず拍手の大喝采! ほんとだよ、映画館で拍手起きるんだよ!
私も拍手しまくったよ。


あれこれ言うより観て!!メタル知らなくても、もし嫌いでも、
めちゃめちゃ楽しいから、観て!!!

ちなみに映画館によって、コスプレ割りとかデス声割があって、
私はデス声でチケット注文して、見事合格!わーい

パンフレットは購買必須! 私は詳しく知らないけど、
メタルのこといっぱい書いてあります。



あ、あたしゃ基本コスプレ好き祭り好き
(コスプレ=パンクとかメタルとか/祭り=はみ出しもんのインディーズもの)
なので、がっつりコープスペイントしたんですよ。映画館のビルの階段でね。そんで、
帰りは映画館のトイレで落とそうと思ってクレンジングオイル持ってったのに、
もんのすごい混雑のロビーとトイレで、こりゃダメだと、
その顔のまんま自転車こいで家に帰りました。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント