「ドクター・スリープ」



やっぱりこの監督は間違いない!!!


原題 Doctor Sleep 2019年 アメリカ

監督、脚本 マイク・フラナガン

出演
ユアン・マクレガー(ダニー/ダン
カイリー・カラン(アブラ
レベッカ・ファーガソン(ローズ


「シャイニング」の40年後を描いた続編ということだが、
私には、やっと納得できた完成品って感じ。


6DC441B2-C1C9-4537-A8D2-A17422AC8086.jpeg



ホテルで狂った父親から逃げた母親とダニー。
成人したと同時に母親が死ぬと、自分の能力から逃げるため酒に溺れていく。
酒で記憶をなくす日々に嫌気がさした彼は、
依存症のグループに入り、酒を断つ決心をする。
新しい土地の新しい住まいの壁には、みしらぬ少女からのメッセージが届き、
ダニーと少女は友達になった。
この少女はある犯罪を意識上で目撃し、ダニーに助けを求める。
その犯罪者たちは、ダニーのような能力を持つ子供達を狙う異形の集団だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「オキュラス/怨霊鏡」がとても良かったので、監督には期待してました。

私はシャイニングを公開当時映画館で見てます。
あまりにも美しい映像。寒々しい白と毒々しい赤の対比。
精神障害に苦しんで死んだダイアン・アーバスの写真にインスピレーションを受けた、
あの双子・・・・ 間違いなく大傑作の映像作品ではある。

しかし、原作者キングが意図していた、
’’アル中で暴力をふるう父親に怯える母と息子が、
勇気を振り絞り生き抜いていく’’という部分が、あの映画では感じられなかった。
原因は、あんまりにもおっとろしい顔の役者ジャック・ニコルソンを使い、
あんまりにも極端すぎるやりすぎ演技を許したため。そこに尽きると思う。
こちとら、イカれオヤジばかりに焦点がいってしまい、
何が言いたいのか何を感じればいいのかわからず、
映像の衝撃の印象しか残らない羽目に・・・

そうなの、シャイニングは、あのエレベーターの血とかあのホテルの佇まいとか、
映像はすごく好きなのに、作品じたいは嫌いなんですよ、私は。

「ドクター・スリープ」

これはね、本当に良かったです。ホラーでくくるべきじゃない。
キングが言っているように、「勇気」の映画なんですよ。

「あいつらみたいな悪い奴はきっとまだいる」
「でも、君みたいな人もいる」

そうなのよね、世界は残酷なことだらけ。
でも、思いやりと愛を持って行動できる人々もいる。

で、この映画、組み立てが素晴らしく、いくつかのバラバラに起きる出来事が、
あのホテルに繋がっていくまとめ方がもーーー職人!!!!
絶対に見たかった双子もエレベーターと血も見せてくれて、
それがわざとらしくないの。必然的に挿入されてるの。

「シャイニング」に不満だったキングも、「ドクター・スリープ」には満足らしいよ。

☆シャイニング=特別な力
この言葉、この解釈、とても好き。
アブラ、ありがと! ダニー、ありがと!

いやーーーー それにしてもレベッカお姉様、
とてつもなくお美しいわねー・・・・・・・・ 惚れ惚れ


ドクタースリープ公式サイト




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント