「モニタリング」


⚫︎犬飼えない寂しすぎて、
とうとう 触るとクンクン言う犬のぬいぐるみを買ってしまった。



原題 LIFE GUIDANCE 2018年 オーストリア

監督 ルート・マーダー

出演
フリッツ・カール
カタリーナ・ローレンツ
フローリアン・タイヒトマイスター
ニコラス・ヤロシュ
ペトラ・モルツェ


FB78C504-E721-41F2-BDA8-FE805DEB2D6C_4_5005_c.jpeg




近未来
エリート階級と、低所得者層が完全に分離されて生きる社会。
市民は行動と発言を「ライフ・ガイダンス」という組織に監視され、
『最適な人間』でなければ、強制的に再教育(洗脳)される。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういう映画はとても好みなんです。集中できるんです。
コントロールされきった社会の狂った日常を描く映画。


白味を帯びた映像が、人間味のない社会を際立たせ、
音楽を排して不気味さを醸し出す。

生まれた時から洗脳されて育つ子供たちは、
親の『最適な態度』とは言えない姿を見るとちゃんと報告する。

能面のような大人たち、能面のような子供達

すんげえ怖い社会なのにクソバカバカし過ぎてあたしは笑うが、
笑えない、こういう国がうんとあるのが現実だよね。


しかし、美しいんだな、この手の映画の映像は


好き




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント