「アダムズ・アップル」




原題 ADAMS AEBLER 2005年 デンマーク/ドイツ

監督アナス・トマス・イェンセンは、
スサンネ・ビア作品で原案と脚本を担当した方。


出演 北欧サスペンスでお馴染みの面々
マッツ・ミケルセン
ウルリク・トムセン
パプリカ・スティーン
ニコラス・ブロ
アリ・カジム


公式webサイト


※ 旧約聖書の「ヨブ記」とアダムのリンゴの寓話をモチーフに
とのことだが、聖書?時の権力者が庶民を操るために嘘八百並べたごみ本?
ヨブ記?なんすかそれ? 知ったこっちゃねえ!
の私は、調べる気にもなりません。

喉仏のことじゃなかったっけ?くらいな


7B292E90-4006-4734-A529-841F0C863AAB.jpeg


ストーリーは、
囚人の更生のためボランティア?で受け入れている教会の坊主が変人で、
ネオナチのアダムは、更生のための一つの目標として、
テキトーに、教会のリンゴでアップルケーキを焼くという思いつきをボウズに告げる。
ツーか、成り行きで言わされる。その後の囚人たちとボウズのあれこれ。



変な映画なんだろうな、くらいな予備知識で観て、
「なんですか、これ? 何が言いたいの?これ?」
と呆れたんですが、いい映画として評価されてるんだよね。

あたしゃ、説教されんのが大嫌いだし、人にもの言われんの大嫌いだから、
ボウズ大嫌い! ムカムカしながら見てました。


気○がいボウズ がなぜに気○がいなのかは、脳腫瘍のせいということになっとりますが、
大体が宗教家なんて気○がいだと思ってるから、こじつけにしか見えない。

きもい  きもい  きもい
アダムじゃなくてもぶん殴りたくなる。


笑えるんだが きもい


「失敬だ」 「議論したいか?」


この二つのセリフだけでも、脳味噌マッチョのきも中年男で、
ほんと、気色わりいー 腹立った

でも、笑えた 笑えたけれど、宗教きもっ  


しかも、、、
いくらなんでも、あの女性、50代にしか見えないのに、妊娠って・・・・
そこになんらかの宗教的な意味があんのかな??? はて???

注意として、雷のシーンがすごくピカピカするので、
発作起こしそうになるから危険です。私は目を細ーくして顔を背けて見てました。



現実が見えないくそボウズのマイフェイバリットソング
''How Deep Is Your Love ''



















関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント