カルガリー旅行記



カナダ、 カルガリーに旅行してきました。


ええええ〜ーーーーっと・・・・

カナダだよね、ここ、
私の知ってるカナダはトロントだけですが、
多民族 多人種 の、移民歓迎の国ですよね、カナダ。


カルガリー で驚いたこと
ファストフード店の店員、清掃員以外、
街の中、ほっとんどがいわゆる白人種。
映画館なんか、99%白人だったんじゃないのー?
っていうか、1%があたい。

ここは、石油で潤う金持企業の町らしいんで、
でかい高層ビルだらけで、人間味があまりない、
ううううーーーーーん、なんだろ

観光の場所は大自然の中に行く以外無しと言っていい、
はっきり言って、観光旅行にカルガリーに行くって、
頭おかしい、変人、なんではないか、あたし?と思ったくらい。
なるほど「地球の歩き方」でも、
カルガリーのページが申し訳程度しかない理由がわかりました。


最高の観光スポットは、(ていうか、これしかない)
美しいガラス張りの高層建築のみ、でした。
私にはね。 (。 。)・・・・・・・・・


これ、このような



IMG_0430_convert_20180924164931.jpg



いや、本当、綺麗
上ばかり見て、クビ痛くなったわ

IMG_0567_convert_20180924170031.jpg



IMG_0564_convert_20180928084710.jpg



IMG_0561_convert_20180928084754.jpg




あのぉー、 ど美人の高層ビルに挟まれて、
くすんでこ汚いあれは、、、、
まさかのカルガリー タワーですかね?
カップラーメンみたいなやつ。
と、メイン観光地のはずのカルガリータワーの貧相さに驚いた。


IMG_0568_convert_20180924165145.jpg



IMG_0517_convert_20180924165040.jpg





極寒の冬を乗り切るための、ビルとビルの間を渡れる通路
これが、そこら中にある
ビル内の会社や店鋪が開いてなくても入っていけるありがたさ


IMG_0434_convert_20180924165237.jpg




エアカナダのヴィーガン食はやはりJALのより美味しかったけど、
フライト、なんの説明もなく(日本語の説明はなく)4時間近く遅れてくださり、
今後は定時フライトNo.1らしい、JALにしか乗らない、
と決意した旅でした。



とりあえずここまで、
明日からゆっくり書いていきます。
カルガリー で見た映画のこともね。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント