パリ ギュスターヴ・モロー美術館



行ってみないとわかんないもんだね、ほんと
まさかこんなにパリが合わないとは、パリ嫌いになろうとは。
映画や雑誌やテレビで、散々、パリ素晴らしいと洗脳されてきて、
いざそこに着いたら精神状態が危険になるほどいやになったなんて。


パリ初日、まだなんとか歩く気力があった時、
観たかった絵を見に行きました。

Musee Gustave Moreau

Musee Gustave Moreau WEBサイト


モローが1852年から死ぬまで暮らした家が美術館になってます。



IMG_8966_convert_20180704093050.jpg


IMG_8967_convert_20180704093147.jpg


IMG_8974_convert_20180704093612.jpg



個人のアパートメント(建物丸ごと)の玄関が受け付けになったのね。
玄関入るとモローの生活空間がそのまま展示されてます。
一階部分は小さな部屋がいくつもあり、ここで生きてたんだなー、とわかります。
二階三階は広い一間の作りになっていて、
アトリエだったのね、作品の保存と展示してたのね、とわかります。


*一階にはトイレもありましたし。


IMG_8982_convert_20180704093653.jpg



IMG_8979_convert_20180704093352.jpg



IMG_8977_convert_20180704093730.jpg


一階の部屋には、モローの家族や画家仲間の肖像画がありました。

IMG_8971_convert_20180704093320.jpg



二階

IMG_8993_convert_20180704095638.jpg

IMG_8987_convert_20180706094956.jpg




作品目録は、日本語のものがありました。

IMG_8986_convert_20180704101736.jpg


使っていたパレット

IMG_9005_convert_20180704101404.jpg


レダ!!!
モローの絵から受ける『悲劇』の要素が、
少女たちを引きつけてやまないのです。

IMG_9010_convert_20180704095603.jpg



なんだろなー

宗教画とは考えず、キリストとかマリアとかいっさい考えずに、
絵を絵としてだけ眺めた時に感じるのは、
一見儚げな美しい若い女性が悲劇の背景を持ちながら、運命を受け入れ、
かつ抗おうとしている様? 頼りなさげなのに人々をひれ伏させる力がある。
そこに惹かれるのよねー



IMG_9002_convert_20180704095706.jpg


この繊細さ、日本の思春期の女の子が虜になるわけよね。
萩尾望都の絵を思い起こさせる

IMG_9004_convert_20180704095739.jpg



これよねー  この牛よねー

IMG_8992_convert_20180704095923.jpg



部屋の半分が大きな窓になっているのは、
絵を描くのに光が重要だからでしょうね。

部屋の片側には膨大な数のデッサンが収められており、
引き出して見ることができます。

逆光でよく読めないけど、日本語表記もあります。

fullsizeoutput_f2a_convert_20180704103737.jpeg





全くー、なんて美しい階段なんだよー
これを上って三階に行きます。

IMG_9001_convert_20180704101700.jpg

IMG_8999_convert_20180704101623.jpg



IMG_9026_convert_20180704104131.jpg


IMG_9013_convert_20180704104057.jpg





おおおおお
この二枚が並んでるーーーー


IMG_9025_convert_20180704103809.jpg


ふううううううううう

IMG_9019_convert_20180704103836.jpg




ぐううううううううううううううう 

IMG_9027_convert_20180704103901.jpg


サイコーーーーーー

IMG_9028_convert_20180704103929.jpg


ハァァァァァァ
こいういう『力』のある女になりたいもんだ

IMG_9029_convert_20180704103954.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あばよ、パリめってことで、
帰りはホテルをあちこち回って客を乗せるタイプのトランポで空港へ。
行きの三分の一くらいの金額でいけたわ。

どうせ帰りもJALヴィーガン飯はまずかろうってんで、
エアフランスのラウンジでしこたまチーズ食ってやった。
うまかった。


IMG_0147_convert_20180630180739.jpg



ケーキは全然美味しくなかった。


IMG_0146.jpg


IMG_0148_convert_20180630180710.jpg



なんか、フランス映画見る気も失せたわ。この旅行経験して。






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント