イギリス旅行9 プーの百町森



プーシリーズの作家、A・A・ミルンが、
息子のクリストファー・ロビンと散歩した100エーカーの森。
物語では、この森にプーやイーヨやラビットたちが住んでいるのよね。


POOH CORNERを出て、「プーの棒投げ橋」目指し、
地図のとおりに歩くのが通常のルートのようですが、
それだと片道40分かかる。のですが、歩くの嫌いな夫のリサーチにより、
地図とは違う近道から行くことに。プーコーナーで地図買ったのに。。
夫は、カーナビへの怒りと、プーコーナーの人混みへの怒りでイライラしてたからね。


POOH CORNERを出て山道を車で5,6分走ると、
ちゃんと駐車場があって、そこから歩けば半分くらいの時間で橋に着く。

でも、カーナビには何も出なかった。


これが駐車場の目印 無料

IMG_E9486_convert_20180616153953.jpg



あれが駐車場

IMG_9488_convert_20180616154036.jpg



車を停めてここが森への入り口

IMG_E9456_convert_20180616154225.jpg



IMG_0928_convert_20180616154500.jpg


ところどころに P.BRIDGE の案内がある。

IMG_9465_convert_20180616154549.jpg


ベンチもある  
とても気持ちのいい散歩コースになってます。

IMG_E9460_convert_20180616154740.jpg


あ、あれだ!

IMG_0930_convert_20180616154643.jpg



これが「プーの棒投げ橋」


実は、ここに着く前に、もう一つ小さな橋がありますが、
それではありません。 つまり、二個目のがプーの橋ってことね。

IMG_0939_convert_20180616160110.jpg


記念にプー代わりのうーちゃんを

IMG_9472_convert_20180616160209.jpg



私も棒を投げました。森の木を折ってはいけないので、
途中で落ちてた枯れ枝を拾っておいたのです。

浅い細い川です。流れも、プーらしいゆる〜やかな流れ。

IMG_0934_convert_20180616160305.jpg



森の先に進んだ丘の上には、
ミルンと、挿絵を描いたE・H・シェパードの記念プレートがあるそうですが、
歩くの嫌いな夫はそんなとこまで行くはずもなく、
もう疲れた道を引き返す。

途中でパトロールのうまに出会う 

IMG_E9478_convert_20180616161220.jpg


わぁ〜 ♡ 「Hello!」「Have a good day!」

IMG_E9483_convert_20180616161607.jpg


バイバイ プー バイバイ カンガ バイバイ ルー 
バイバイ ピグレット バイバイ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この日はプーコーナーの近くのホテルで一泊。
アッシュダウン・フォレストという所にある、フォレスト・ロウ村の、
ブランブルテイ ホテル(Brambletye Hotel)は、
シャーロック・ホームズ・シリーズの「ブラック・ピーター」に登場との事


IMG_9490_convert_20180616161350.jpg



だから、こんな部屋があった。

IMG_9497_convert_20180616161507.jpg



IMG_9502_convert_20180616164306.jpg


ホテル周り

IMG_9492_convert_20180616164357.jpg



もちろんこのホテルも、ブッキングドットコムでエアコン有りで予約、
もちろん、エアコン無しエレベーター無し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

POOH CORNERとブランブルテイ ホテルの位置関係

IMG_0167_convert_20180616165315.jpg





そしていよいよロンドンに向かったのです。











関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント