「ケス」原作を読んで



⚫︎性犯罪者リストがどんどん増えて、見なくてすむ映画もどんどん増える。
でも、なんとなく苦手と思ってた奴らで、カンは正しいと思った。

過去記事




げげげ〜〜〜〜っつ!!

ナンジャコリャああああ  ε=ε=(。Д゚)ノ


ケン・ローチのドキュメンタリー映画に感激して、
「ケス」の原作を手に取りましたが

びっくり、 したのよ

今まで読んできた翻訳本の中で、最低の翻訳!
(これまでの最低翻訳本は、村上春樹が翻訳したものだった)


高橋 鍾という人 あなたの責任。(怒)

子供時代の厳しさを、
あんなに素晴らしい映画にしてくれたケン・ローチ作。

そりゃあ、ヨークシャー地方の方言がどういうものか、私にはわかりませんよ。
英国の地方の英語が、英語圏の人々が聞いた時、
どういう印象になるのかも知りませんよ。

でも、いったい何弁なの!
と戸惑いまくっちゃうヘンテコな日本語にしてくれちゃって、
あんた、原作者に謝れ!って感じ。
気が散って気が散って、ストーリーを追う気が失せたわよ。

「ぼくにゃあ 。。。。」
「そいだが 。。。。」
「ぼかぁ、知っとります」
「買ってくりゃよかろうが」
「心臓が止まるでよぅ」

翻訳者のあとがきによると、
ヨークシャー訛りというのは、
「嵐が丘」に出てくる召使いが使っていたのが記憶にあるらしい。
んで、自分の故郷(島根)の方言にいろんなのを混ぜて訳して、
自分でも、無国籍方言になってしまったと書いてる。
それにも増して腹たったのは、
舞台が炭鉱地方だから、筑豊か大牟田の方言にすれば良かったとかぬかしてる。
単純なんだよ!発想がよ!

誰か意見してくれれば止められたろうに。


著者  バリー ハインズ

ケス本





☆次は違う翻訳者のを読むことにした。

訳 乾 信一郎
「鷹と少年」







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント