「招かれざる隣人」


◾︎ステーキのウェルダンが「Well done」だと知った感動!



原題 THE ONES BELOW 2015年 イギリス 未公開

*隣人じゃなくて階下に住む人たちです

監督 デビッド・ファー

出演
クレマンス・ポエジー
ラウラ・ビルン
デビッド・モリッシー
スティーブン・キャンベル・ムーア


The Ones Below




賃貸の一軒家二階部分に住む夫婦は、
初めての子供の誕生を心待ちにしている。

一階に越して来た夫婦も、妻が妊娠中。
ふた組の夫婦が一緒に食事をした日に、一階の妻が転倒し死産する。

「死産したのは君たちのせいだ」と責める夫婦は、一度は引っ越したものの、
二階の妻が出産を終えると、また戻って来た。










エロエロな一階妻が、エロすぎさと優しげな表情が不気味。
一階の夫役デビッド・モリッシーは好きです。
この夫婦の歴史と背景が知りたいもんだ。


赤ん坊を失った夫婦(または母親)が、他人の赤ん坊を奪うと言う話は、
現実でも映画でも何度か見聞きしましたが、
その心理は、悲しくも描けるし恐ろしくも描ける。

本作は恐ろしい方

赤ちゃんが本当に産まれたてで、
赤ん坊が出すいろんな声(音)がたまらなく可愛い


色彩のセンスが好みだし、衣裳がいい。
それなりに好きなタイプの映画でした。


☆推察
毎日配達される牛乳と差し入れのレモネードには
少しずつ効く毒が入っていたのでしょう。
1階妻は妊娠のフリだったのでしょう。
練りに練った計画だったのでしょう。

静かな音楽が怖さを引き立ててます。







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント