「太陽のめざめ」



◾︎ららぽーとで、家具屋のソファに座って気づいた。
あたし、越して来てから、まともな椅子に座ったこと無いって。
つーか、まともな椅子が無い!いや、まともな椅子を置く場所が無い!




原題 LA TETE HAUTE 2015年 フランス
    『頭を高く』  いいね、このタイトル

それに比べて、なんすか?この邦題?????


監督は、女優でもあるエマニュエル・ベルコ 

出演
カトリーヌ・ドヌーヴ
ロッド・パラド
ブノワ・マジメル
サラ・フォレスティエ
ディアーヌ・ルクセル
アン・スアレス


taiyou nomezame



非行少年の更生を目的に仕事をする女性判事を軸にして、
ある少年との10年以上にもわたる関わりと、
その少年の更生の過程を描く。








カトリーヌ・ドヌーヴ、元から表情の乏しい女優だったけど、
アンチエイジング整形でますます心象が見えない顔に。
何考えてるかわかんない、どんな役やっても。



母親に、歩き出した時から問題児と言われ、
「うんざり、子供なんかくれてやる!」と置き去りにされるマロニー。

よくわからないんだけど、こういう母親は捕まらないの?フランスは。

10年後 この親子がまたしても判事の前に現れ、
へっ!?   10年間、こいつら何してた?
結局一緒にいたの? と、混乱してしまった。

男にだらしない麻薬やる若い母親なんて、子供から離せばいいじゃん!
と、母親にムカついて仕方なかった。

だいたい、貧乏シングルマザーの、
「いい人に出会ったの」は、クソだからね。
そいつがいい人なのは1%も可能性ないし、
生活苦のせいで駄目男にすがりついてしまう母親の惨めさ悲しさダメダメさは、
わかりきったことさね。

あたしゃ、はっきり言って、こんな息子は投薬治療しろ!と思う。
性格も脳の化学成分とかが左右するはずだから、
治療だよ治療。道徳教育なんか役に立たないって。

母親への怒りと、息子への怒りしか感じず、
全然 感動も何もありませんでした。

コンドーム無しでやっといて、
「3度あっただけで子供産むのかよ」って、バカが!

あと、大人も子供もタバコ吸いすぎだっつーの!!
自分が早死にするのはご勝手に、でも、
喫煙者は副流煙の人殺しになるって教育しろよな!

映画にタバコのシーンが出るたびに息が苦しいから、
ほんと、映画を見るのも用心が要るよ。




劇中 何度も流れた名曲


シューベルトのPiano Trio in E-flat D929






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント