「クリミナルズ」





原題 LA PEUR DE L'EAU  2011年 カナダ

”水の恐怖”を、ただのクリミナルズにする邦題のセンス・・・・


監督 ガブリエル・ペルティエ 

出演
ピエール=フランソワ・ルジャンドル
ブリジット・ポゴナ

ノルマン・ダムール
ミシェル・ラピリエール
ステファニー・ラポワント


このDVDパッケージの宣伝文句に騙されてはいけない。
アクションやマッチョやすけべで見せる映画でないのです。

クリミナル図 カナダ



カナダの小さな島で、市長の娘が他殺体で発見される。
モントリオールからやってきた巡査部長は、
性犯罪者の犯行と決めつけるが、
地元警察のアンドレは違和感を感じ、独自に調査を始める。








寡黙で地味で物静かでお人好しな中年巡査です。
顔ももちろん、地味です。もちろん、スター性も皆無です。

その巡査の相棒役女優がこれまた地味です。
特に綺麗でも色っぽくもありません。もちろんスター性も皆無です。


この二人がじみーに殺人事件の捜査をするんです。

主人公の巡査なんて、娘に、
「パパは都会が怖いからモントリオールに行かないんでしょ!」
なんて言われちゃうし。



事件の異常性に、こりゃエキサイティング!と楽しみにしてたら、
あまりに地味なおふたりが地味に活動するもんで、
あらら・・・・と思いましたが、
なぜか結構楽しんだのです。

結構いいです。


でも、女性巡査の「好きなの」オーラが、
最初から丸出しなのがちょっとコメディっぽくて、
笑っていいのか戸惑った。



しかーし、ここの島さぁ、本当にこうなのかなー?
明らかに未成年とわかってるのにバーに入るし入れるし、
子供らに麻薬が蔓延している。

そこが気になって気になって





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント