「ラ・ジュテ」




「12モンキーズ」の原案になった、
伝説的SF短編映画だそうです。


原題 LA JETEE 1962年 フランス

監督 クリス・マルケル 

出演
エレーヌ・シャトラン
ジャック・ルドー
ダフォ・アニシ


らじゅて



第三次世界大戦後のパリ。
科学者たちは、人類存続のため、ある人体実験を始める。
人間の意識を未来に送り、
未来の知識で人間を救うという計画のための実験。
最初に意識を過去に送る実験を成功させ、
その後未来へ。

一人の男の過去の記憶がこの実験で蘇えり、
悲劇が怒る。







モノクロ写真を続けて撮る?手法
セリフ無し。物語はナレーションのみで語られる。

1,2秒だけ、女性の瞬きが動画になる。
そこだけ幸福感。あとは絶望感と恐怖。

冒頭の、少年の記憶の美しさが、
結末の悲劇につながるストーリー展開はロマンチック。


映像にはアートを感じる。
でもやっぱり、とても怖い話。 子供の頃これを見たら、
何年間も悪夢に苛まれそう。

1962年という時代にこれを見た人たちの衝撃、どんなだっただろう?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「12モンキーズ」は、靄の中にあるようで、
確かめるために数回見たはずなのに、
なんで覚えてないのかわからないくらい覚えてない。
恐怖心だけ覚えてる。血まみれホラーとは異質の、
生きていたくなくなる、足元崩壊しそうな、自分が全否定されるような、
そんな心理的な恐怖ね。





ドラマにもなってるけど見てない。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント