JAL内映画鑑賞



忘れないうちに飛行機で見た映画のことを書いておきます。

「パッセンジャー」「夜に生きる」「ムーンライト」


「ゴーン・ガール」は、またもや見てしまった。
大好きな殺害シーンは、何度見ても本当に胸が踊る。

_______________________

「パッセンジャー」

原題 PASSENGERS 2016年 アメリカ

監督にびっくり!ノルウェーのめちゃ面白かった映画
「ヘッドハンター」のモルテン・ティルドゥムだったのねー。

出演
ジェニファー・ローレンス
クリス・プラット
マイケル・シーン
ローレンス・フィッシュバーン
アンディ・ガルシア←ええーっつ!?どこにでてた?


パッセンジャー



なんとなく、大したことなさそうだとバカにしてたんだけど、
思ってたのと違って、なかなか良かった。
予告だけだと、都合よく若い男女が目覚めるって、無いな、
と思ってたんだけど、
なぜ彼女が目覚めることになったかの過程が良かったし、
元からロボット顔のマイケル・シーンがあまりにも適役だったし、
主演二人の魅力が素晴らしく、とても共感できました。
何か、とてもお似合いというか、しっくりくる組み合わせだった。

やっぱ、ジェニファー・ローレンスって、ただもんじゃ無い。

「NO! You die, I die!」名台詞ですねえ





プールのシーンが美しい
(何もあんなにセクシー系水着 着ることないとは思うけど、ジェニファー)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「夜に生きる」

原題 LIVE BY NIGHT 2016年 アメリカ

*とてもいいタイトルですね。

監督・製作・主演べン・アフレック

出演
エル・ファニング
ブレンダン・グリーソン
クリス・メッシーナ
シエナ・ミラー
ゾーイ・サルダナ
クリス・クーパー

LIVE BY NIGHT


私は、ギャングを美化する映画は大嫌い(特に禁酒法時代)だから、
「ゴッド・ファザー」も映画としてのできに関係なく、大嫌い!
この映画も、禁酒法時代のヤクザもんが主役だから、
終始嫌な気持ちにとらわれ、なんの共感も同情も愛着も感じず、
登場人物の誰をも好きになることができなかった。


ベンアフだから、
もちょっと違うものになってるかと期待してたんだけど、
退屈と嫌悪感しか覚えなかった。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ムーンライト」

原題 MOONLIGHT 2016年 アメリカ

監督・脚本 バリー・ジェンキンズ 
原案 タレル・アルヴィン・マクレイニー

出演
<シャロン>
アレックス・ヒバート/アシュトン・サンダーズ/トレヴァンテ・ローズ
<ケヴィン>
ジャナン・ピテー/ジャハール・ジェローム/アンドレ・ホランド

マハーシャラ・アリ
ジャネール・モネイ
ナオミ・ハリス



アカデミー賞作品賞受賞、納得!
これを選んだアカデミー会員、捨てたもんじゃない。


ムーンライト


マイアミの貧困地域に生まれ、
麻薬中毒の母親と暮らすシャロンの成長を、
少年期、青年期、成人期の3部に分けて描いた作品。





ああああ・・・・・
なんていい映画。。。。。。

しみた しみたよオーーーーーー


こんなに静かに描いても、痛みや苦しみ、そして愛も、
強く強く表現できるんだー。
見て時間がたつほどに、じんわり涙がにじむような映画だった。
名作だと思う。


監督インタビュー動画




音楽も素晴らしい!

もう一度見て、いつかじっくり書きたいです。

公式サイト

ムーンライト






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント