「マンチェスター・バイ・ザ・シー」




どーーーーっぷり、 暗くなって帰ってきました。

いや、とてもいい映画なのよ。
本当にいい、大人の映画なのよ。


でも、 ますます人生の厳しさを思い知り、
たまらん疲れと絶望を覚えたのよ。


ケイシー・アフレックの顔は、前から
悲しい顔してるな、と思ってたから、この役にはぴったりですね。


原題 MANCHESTER BY THE SEA 2016年 アメリカ

*主人公の故郷、実在する街の名前がタイトル。

監督 ケネス・ロナーガン

出演
ケイシー・アフレック/ミシェル・ウィリアムズ
カイル・チャンドラー/グレッチェン・モル
ルーカス・ヘッジズ
ジョシュ・ハミルトン
マシュー・ブロデリック

「ムーンライズ・キングダム」の女の子カーラ・ヘイワードちゃんが、
ケバい化粧した高校生役で出てます。唇で気がついた。
もう一人の可愛い女の子、アンナ・バリシニコフちゃんは、なんと、
ミハエル・バリシニコフの娘だそうです



マンチェスター


ボストンのアパートで便利屋として働くリーに、
兄のジョーが倒れたと医者から電話がかかってくる。
すぐに故郷マンチェスターバイザシーに戻るが、
心臓の持病があった兄の最後には間に合わなかった。

故郷にいればいるほど、
兄の病気、兄の妻の問題、何より、
自分自身の過去の過ちがリーを苦しめる。







パパの死に悲しみは感じていても、そこは若さ、
あっけらかんとした甥っ子パトリックの存在があって、
ただただ重くるしいだけの映画にはならずにすんだのでしょう。
(私には効かないけどね)

過去と現在が行き来するのでちょっと戸惑うかもしれませんが、
リーの態度に納得がいった時の苦しみときたら・・・・
あれじゃあ、何も楽しもうと思わないよな。

マンチェスター・バイ・ザ・シーの風景が、
とても効果的に写し撮られています。

_____________________

セリフも音楽の使い方も、
私には、かなり宗教色の強い映画だったので、
そこも暗くなった原因かも??




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント