「人生タクシー」



原題 TAXI 2015年 イラン


監督・出演 ジャファル・パナヒ 

「これは映画ではない」
「オフサイド・ガールズ」
「白い風船」
など有名な作品があるけれど、私はまだ見ていません。

反体制を支持したとかで拘束され、2010年に、
映画製作・脚本執筆・海外旅行・インタビューを20年間禁止された監督が、
タクシー運転手となりテヘランを走り、車載カメラで乗客たちを撮影した。
ドキュメンタリータッチのモキュメンタリー映画。


人生タクシー



イランの有名人
ジャファル・パナヒが運転するタクシーに乗り込む数組の人々。
様々な制約のある国では普段言いたいことも言えないが、
タクシーの中ではみんな自由に物を言う。

コソ泥はどんどん死刑にしろ!と言う路上強盗
社会の仕組みの問題が罪を産むという考えの教師
海賊版DVDの販売人は監督のファン
迷信を信じて金魚を運ぶ老女たち
政府が決めたルールにのっとり上映可能な映画を撮ろうとする姪
強盗の被害にあったが、通報してもまた死刑が増えるだけと言う幼馴染
非人道的な逮捕の犠牲になった人々を助ける弁護士



インチキくさい邦題、予告編のうざい宣伝文句。
暖かい人生賛歌?とか言っちゃってるけど、
私にはとても腹のたつ内容の映画でした。←いい意味で





イランは海外の映画を上映しないため、海賊版で見るしかないそうだ。
「来週はビッグバン★セオリーだ」

なんてセリフがある☆☆☆☆☆



監督の、穏やかそうでいい人そうなお顔は、
体制に敵視され、二度逮捕された活動家には見えない。
しかし、ところどころに、ユーモア混じりだが、
イラン政府の狂ったやり口を暴くセリフが入る。

とても恐ろしい最後

イスラム教が政治や法律に混じってる国の恐ろしさ。

こんな国に生まれなくてよかった。

ほのぼの人生ドラマなんかじゃない、
これは、恐ろしい国の恐ろしいことをこっそり見せてくれた、
反体制フィルムだ。

こういう人物を私は尊敬する。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント