「フルハウス」日英字幕放送



▪️(びじょん)と打って変換したら、最初に(幻視)と出たよ


AXNで、日本語字幕版と英語字幕版が放送されてる「フルハウス」
昔のドラマだから、今回初めて見ています。

原題 Full House 1987年〜1995年 アメリカ


出演
ジョン・ステイモスasジェシー
ボブ・サゲットasダニー
デイヴ・クーリエasジョーイ
キャンディス・キャメロンasD.J.
ジョディ・スウィーティンasステファニー
メアリー=ケイト・オルセン/アシュレイ・オルセンasミシェル


舞台はサンフランシスコ。
妻パメラを亡くしたダニー( TVキャスター)は娘三人のパパ。
パメラの弟ジェシー(バンドマン)と、親友のジョーイ(コメディアン)と同居し、
子供達の面倒と仕事に忙しい毎日。






シーズンが進むと、困ったおじちゃんジェシーにも家庭ができ、
双子の男の子が生まれる事になってるんだねー。
DJ とステフが大きくなってる〜

赤ん坊ミシェル役は、オルセン姉妹が代わる代わる演じていた。
オルセン姉妹については、大人になった姿を、
ゴシップ雑誌のファッションページでしか見てなかった。
ふたりが少し大きくなってからの「ふたりはふたご」ってドラマも見てないの。
現在は、女優としては姉妹の妹のエリザベス・ オルセンが有名ね。
お姉ちゃんたちは、演じる事にあまり興味ないと言い、
ファッションの世界に進んでるもんね。

若い頃のジョーイおじさんは、最初の頃のザック・エフロンを思い起こさせる、
アイドル系の男の子だったんだねー。足の長さと腰の細さに見惚れます。


シーズン8オープニング動画




毎週録画しておいて、日本語と英語を交互に見て、
わからない単語は調べながらなので、30分番組なのに、
一話見るのに、一日一時間くらい止めながら、3日くらいかかる。

ドラマそのものも意外にも面白くて、これなら飽きずに見られる。


さて、興味深かった英語表現のメモ。

男衆のママたちが掃除してない家に呆れて、
「私たちが交代でお泊まりに来るわ」と行った時のパパのセリフ。
:We are staring into the jaws of a never ending living hell.
(生き地獄の始まりだな)

ちゃんとやるよー、とジョーイおじちゃん
:We're really gonna buckle down.
(ちゃんとやるようにする)
buckle down=真剣にとりくむ

掃除できなかったからグランマに怒られて、男衆は、
:We would like another shot at this. please.
(チャンスをくれないか)
another shot=またの機会に試みる、って感じ?=チャンス

ジェシーの亀が見つからなくて、
ジェシーに申し訳なく思ってしゅんとした子供達にパパが
:We're right behind you,no matter what you do.
(どんな失敗があっても君たちの味方だよ)

パパと子供達を見たジョーイが
:If you ever have a problem,we'll be there for you.
(困ったことがあったら僕らはここにいるよ)

男衆からのグランマたちへの提案
:Why don't you take the girls to the zoo for three hours?
(3時間くらい子供達を動物園に連れてったら?)
Why don’t you〜=〜してみたら?
  Why don't we〜=〜しようよ。

動物園から帰ってきたグランマのセリフ
:We completely lost track of the time.
(あっという間だったわ♪(完全に時間を忘れちゃったわ)
lost track of the time=時間がわからなくなる

綺麗になってる部屋を見たステフのセリフ
:Does this mean hell freezing over?
(おったまげってこういうことを言うの?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョーイおじちゃんがよく言うセリフ1。
:Loving it,Loving it!
(そのアイディアいいねぇ、冴えてるねぇ)

セリフ2。ガールズに愛情込めて言う<可愛いチビちゃんたち>みたいな
:little munchkins

セリフ3。みんなでハグしたり、仲睦まじいシーンの後で照れ隠しに言う
:Alright,enough of this warmth junk.
(ガラじゃねえよ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お姉ちゃんのDJのセリフ。
ジョーイおじちゃんをうまく操ってたのに、
初めて、おもちゃを片付けるように言われ、
:He used to be the easy one.
(チョロかったのにぃ)
used to〜=以前は〜だった





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント