「わたしは、ダニエル・ブレイク」




敬愛するケン・ローチ監督の新作

原題 I, DANIEL BLAKE 2016年
    イギリス/フランス/ベルギー

出演
デイヴ・ジョーンズ
ヘイリー・スクワイアーズ
ディラン・フィリップ・マキアナン
ブリアナ・シャン

ケイト・ラッター
シャロン・パーシー
ケマ・シカズウェ

わたしはダニエル・ブレイク公式サイト


ダニエルブレイク




心臓発作をおこし、足場から落ちた大工のダニエル・ブレイクは、
仕事を医者に止められたため、役所に給付金を申請に行く。
しかし、複雑で馬鹿馬鹿しい手続きや、
PCを使わずには申し込みもできない仕組みに困り果てる。
役所で、規則で申請を拒否された母子と知り合い交流するようになるが、
貧困状態のダニエルには、若い母親の生活を助けることまではできない。







ケン・ローチありがとう

あなたの、貧しい人々、社会の仕組みに振り回される人々への愛が、
とてもとても伝わってきました。
いつもながら、なんていい<人間映画>でしょう。

一市民ダニエル・ブレイクが主役ですが、私は、
シングルマザーが食料の配給所で、
空腹のあまり隠れるようにして缶詰を開け、
汚れるのもかまわず頬張ったシーンに胸が詰まった。
泣かずにいられなかった。
貧しさがどれほど人を惨めにさせるか、痛いほどわかるシーンでした。

あと、子供達のための最低限の食べ物は買えたけど、
女には必需品の、生理ナプキンは買えないところ。辛すぎる
世界のほぼ半分は女で、女はほぼ40年間生理になるというのに、
これを映画やテレビできちんと見せてくれることは稀。
やっぱ、ケン・ローチはすごい人だ


ダニエルは、私たちのヒーローなんだよね。
敵を倒さなくても、有名じゃなくても、
ダニエルみたいな人こそ、本当のヒーローなんだ。

*ケン・ローチはきっと人間を信じているから
ダニエルをああいう風に描いたけど、
困っている母子に手を差し伸べる男は、たとえ爺さんでも、
絶対にSEX目当てです!経験上。
ダニエルみたいな男は奇跡です。ファンタジーです。
シングルマザーさん、夢をみてはいけません。
______________________

最初に、
ーこの映画の収益を、貧困に苦しむ人々を支援する団体に、
有料入場者1名につき50円寄付いたしますー
という内容のテロップが出ます。

この日本の配給会社の配慮に対しても、ケン・ローチは、
感謝を述べるだけでなく、チャリティは一時的なもので、
政府に訴えていかなければならない、
政府に、「チャリティが(間違った社会システムに)ツケを払える」
と思わせてはならないと言っています。

ケン・ローチ、大・大・大好き





ヒューマントラスト有楽町では、セカンドハーベスト・ジャパンという
日本のフードバンクを通じて食べ物を寄付するため、
一ヶ月以上賞味期限のある缶詰を集めていました。

私は武蔵野館で観たので協力できなかったけど、
他の活動機関に、引っ越しの整理で出た大量のCDを送りました。
書き損じハガキや使用済み切手や破損した宝石類も役立ててくれる。

ハンガー・フリー・ワールド




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント