「海を照らす光」





レイチェル・ワイズが出演と知り、読み損ねていた原作小説を読みました。


おおーーーーーーー

なんという素晴らしい小説だろう。
457ページ、好奇心が全く途切れることなかったよ。


原題 The Light Between Oceans

海を照らす光



ー 無人島で灯台守となった帰還兵とその妻の物語 ー


オーストラリア本島から離れた、住民のいない、
灯台のあるヤヌスロック島。
島の名称が暗示することが随所に出てきます。

『ヤヌス』=ヤヌスの神 相反する二つのもの
善と悪/生と死/実の親と育ての親/誠実さと偽り/憎しみと容赦
戦争で死ぬ者生き残る者

<あらすじ>
第一次世界大戦?後のオーストラリア、
戦争での人殺しに心を苛まれた男が、孤独でいられる仕事、灯台守を選ぶ。
本島で知り合った10歳年下の女性に愛され、結婚し、
夫婦二人きりの島暮らしが始まる。
妻の兄二人は戦争で死んだ。悲しみが支配する実家を離れ
幸せな日々。しかし、妻は何度も流産する。
ある日、小さなボートが島に流れ着き、死んだ男と赤ん坊が乗っていた。
赤ん坊を自分の子として育てると言い切る妻、
仕事の規則と良識が第一で、報告しようとする夫。
妻への思いと赤ん坊の存在への畏敬の念で、夫は自分の信念を押し殺す。
休暇になり一家は妻の実家を訪れ、赤ん坊の洗礼式を行う。
そこで知ってしまった、赤ん坊の実の親の事情。
罪悪感と妻への愛に心が引き裂かれる夫。
夫の良心が起こした行動が、やがて夫婦と子供の運命を狂わせる。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「八日目の蝉」を思い出す。
あれは、男の浮気が妻と愛人と娘の人生を狂わせたから、
怒りの持って行きどころがあってよかったが、
この小説は、みんながかわいそうです。

私は、流産した女の絶望感と行き所のない母性愛には非常に共感する。
完全にイザベルの味方です。それが違法なことでもね。
妻に黙ってよけいなことした夫にはムカついた。

この小説で好きになれない部分は、時代がどうあれ、
嫌な環境にいるなら、なぜそこから移動しない?ってとこなの。
ハナとフランクのことよ。
地域の人間が差別するなら、引っ越せよ。
いつまでもそこにいるから悲劇が起きたんじゃん。ってね。

・学校でいじめにあっている→転校させるか家庭学習にすりゃいい
・会社が非道→転職しな訴えな
・夫が殴る→家出しな離婚しな訴えな
・親が殴る→家出しな警察や児童相談所に訴えな
(子供の権利は守らないのが警察と児童相談所だけど、
親に恥をかせることはできるし、うまくいきゃ、親、刑務所に入れられる)

いろんなケースがあって簡単には逃げられないとか言うけど、
勇気がないだけだと思うのだ。

だから、ハナには好感が持てなかった。
夫が差別され暴力に合っているのに、いつまでも同じ所で働かせ、
同じ地域に住んでたんだから。
腹を痛めた子供を奪われた苦しみには同情するけどね。

あとは、やはり、なんでもかんでも『神』が出てくるとこね。
私にはこれは噴飯ものだから、
世界中でどんだけどんな宗教が強固に信じられていようとも、
その描写があるだけで、サめる サめちゃう

ああ・・・・ やっぱり悪口言っちゃった

こんな素敵な小説なのにー

小説読んで、映画のキャステイングを見ると、
うーーーん、もっとこう、新人使った方が私の好み。
全くの新人を発掘するとか、それこそオーストラリアに探しに行くとか、
しないんかい!?ハリウッド! しないんだろうね。
そんな手間暇かけるより、
有名どころで客を呼ばないといかんのだろうね。

でもレイチェル・ワイズは、ハナ役にとても合ってると思う。
実年齢が信じられないくらいいつまでも可愛い、
思いつめひたむき顔だからね。




イザベルの母親が言う
「女は、蛇蠍(だかつ)のごとく夫を嫌っていても、その子供には愛を捧げられる」

あの、
「ローズマリーの赤ちゃん」の恐ろしさ哀れさはその点よね。

____________


M L ステッドマンは、作家はその作品でのみ知られるべきとの考えらしく、
個人的なことは公表していないそうです。
好きだ、こういう考え。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント