気になる公開予定洋画 3月〜5月



■英語圏の人に、「私に任せて!」と言いたくて、
「リビトゥミーLeave it to me!」と言ったら、「ビートルズ?」
とかえされた・・・「レット・イット・ビー」かぁそう聞こえるのかぁ私の発音・・・




今後公開される映画で気になるものリスト
忘れないようにメモっておくことにした。


3月

「おとなの事情」 
好きな女優アルバ・ロレバケルが出演
ブラックで笑えそう〜

「わたしは、ダニエル・ブレイク」
敬愛するケン・ローチの新作

「ストロング・マン」
「ロブスター」「籠の中の乙女」の脚本家だ!
絶対わたし好みのバカバカしさと可笑しさのはず

「サラエヴォの銃声」
「戦場カメラマン 真実の証明」が良かった監督の作品

「クローズ・ド・バル街角の狙撃手と8人の標的」
わーいわーい 「気狂いピエロの決闘」の監督だ!

「キリング・ファミリー殺し合う一家」
こういった話は好きだ

「光をくれた人」
レイチェル・ワイズが出てるし本持ってるし

_________________

4月

「午後8時の訪問者」
ダルデンヌ兄弟の新作

「わすれな草」
認知症の患者を抱えたあるドイツの家族のドキュメンタリー

「草原の河」
絶対いい!これ!

「僕とカミンスキーの旅」
「グッバイ、レーニン」コンビだもん

「トトとふたりの姉」
かわいそうな環境の子供たちのドキュメンタリーだもん ダンスだもん

_________________

5月

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
弟アフレック

「夜に生きる」
兄アフレック

「アイ・アム・ノット・ア・シリアル・キラー」
クリストファー・ロイドが殺人じいさん役だそうだ

「パーソナル・ショッパー」 
「アクトレス」の監督とクリスティン







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント