「ソムニア 悪夢の少年」


▪️英語レッスンに行くと、自分がいかにバカかを
金払って思い知らされる事態になり、やめるべきか悩む



原題 BEFORE I WAKE 2015年 アメリカ 未公開?

原題の美しさを、ただのホラータイトルにしたという酷さ

好きなホラー映画「オキュラス怨霊鏡」のマイク・フラナガン監督

出演
ケイト・ボスワース
ジェイコブ・トレンブレイ
トーマス・ジェーン
アナベス・ギッシュ
ダッシュ・ミホク


ソムニあ



幼い息子を亡くした夫婦が養子を迎える。

その子は、悪夢を見るから眠りたくないという。
夢が現実化するという、子供の才能?を知った女性は、
死んだ実の息子の夢を見させようとする。








悪夢に出てくる怪物は、辻褄が合うようになっています。

まあまあ見られるけど、その程度かな?
ケイト・ボスワースって、表情が固まってるけど、
役のうえでの演技もあるんだろうけど、ボトックス打ってんだろうなー、って感じ。
どこか嘘くさい顔になるのね。

子供の脳の中ではこれがこうなるのかー・・・・
と切なくなりましたわ。親、たまらんな、こりゃ、と
こっちは愛でしたことも、子供の脳がああ受け止めちゃうなんてね。
親やってらんないわ。

「ルーム」の子役が出演。
この子の一番の特徴は声だね。
普通に喋るときの声じゃなく、少し小さめの声。
あの声は、お腹からでも喉からでもなく、
あの子の顔の周りの空気から発せられるみたいな、
後ろにぴったりくっついている妖精?が出してるような、
不思議な声なんだよなー。

「ルーム」は本は興味深かったが、映画も集中できてよかったが、
私には心地悪いというか違和感がある、のはなぜだろう?
考えると、男の子のファンタジー色のせいで、
あまりに卑劣で残虐でで吐き気がする犯罪を、
オブラートで包んでしまってるように感じられるからかも。
世界は高評価してますが、私は、
こういう題材を扱うのがこんな雰囲気の作品なのが嫌です。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント