「ザ・コンサルタント」



まさか、こう来るとは!!!!
ああ。。。 あたい 不覚にも泣きそう
なんか、これ、好きぃ 

そんな映画感想


原題 THE ACCOUNTANT 2016年 アメリカ

監督はギャヴィン・オコナー 
脚本もうまいんだろうと思い名前を見てみたら、
「ジャッジ 裁かれる判事」の人でした。なるほどねー。
この人は常に、人間の絆、家族の心情に重きを置いて生きてるんだろうな。

出演
ベン・アフレック
アナ・ケンドリック
アリソン・ライト
J・K・シモンズ
ジョン・バーンサル
ジェフリー・タンバー
シンシア・アダイ=ロビンソン
ジーン・スマート
ジョン・リスゴー



雑魚mんサルタンと



1 アパートでの殺人事件。被害者は犯罪組織の人間らしい。

2 高度機能障害や自閉症の子供たちを無償で引き受け、
一人一人の能力を大切にする施設の経営者のもとに、
ある夫婦が息子を連れていく。

3 犯罪組織の資金洗浄を任されている と政府が睨んだ一人の会計士。
常に偽名を使い、経歴も顔も謎のままの男の正体を、
引退前になんとしても突き止めたいと、
政府の捜査官が優秀な部下に調査を命じる。

4 巨大企業で、女性会計士が不審な会計記録に気がつき、
優秀だと紹介された会計士が企業に雇われる。







いくつもに分かれたプロットですが、
全てがラストに向けて一つになっていく。
まるで、最初の頃に出てくる自閉症の子供がやっていた
パズルのピースが埋められていくように。

このパズルの使い方がうまいんだなー。

ネタバレせずには語れないことが多いのでもどかしいですが、
謎の電話の声、冒頭の事件の真相、捜査官の真実、
特に、謎の声が誰なのか、誰なのかで驚くだけじゃなく、
その誰かがどういう人なのかと、二段階で驚き、嬉しかったのです。

世の中で起きている様々な犯罪行為には、
正義がなされない法の状況もあり、
そこんとこにムカついてきたあたしには、
実に小気味のいい話であり、胸が暖かくなるラストでありました。


地味に生きてるような男の裏の顔が殺し屋っていう、
ありがちなクライムアクションかと思ってたら、
いやー、意外でしたわ。嬉しいギャフン、ですわ。

ジェイソン・ボーンと比べる人もいるみたいだけど、
全然違うと思うなー。動機も能力も出目もまるで違うし、
あたしは、主人公もストーリーも、断然こっちの方が大好きだー

そんで、ぬぼら〜としたベンアフの風貌が役にうまいことあってるんだなー、
「ゴーン・ガール」のときもそうだったけど、態度のはっきりしない、
人に思考を隠したのぼんとした夫の役を、
特に演技がうまいとも感じさせずに演じるのがうまい?
このひとなに?  やっぱ、嫌いになれない。

見終わったあとだと、原題の<会計士>がぴったり来ると思いました。
会計士さんが人知れずものすごいことをしている、
ものすごい人生を生きてきた、しかも、
あくまでも会計士として優秀だからできていることなの。


いいもん見た




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つかりこさん

おはようございます。
こんなことして、あとでどうなるの?とか、通報されないの?とか、細かい部分でちょいとはツッコミたくなりますが、そんなことより、全体から受ける嬉しさ楽しさがいいんです。マスクを被ったアメコミヒーローには興味ないけど、こういうヒーローは大好きです。主人公にはこれからも頑張ってもらいたいです。謎の声と共に。

No title

おおー、なんだか観たくてむずむずします。
びーさんが絶賛することなんてめったにないので、
むずむずです。
ありがとうさんです、僕も観てみます!