子役たち


■夫が一言の相談もなく引っ越し先を決めた


こういう時にはコメディ映画さえ見る気になれないのだが、
愛する、幼い子供がかわいそうな環境で生きる映画は愛おしいので見る。
以前見たけど、また今日見たのが「ぼくらの家路」

あの子たち(俳優)のその後について検索してみた。


お兄ちゃんのジャック役だったイヴォ・ピッツカー君Ivo Pietzcker
2016の主演作もすごく良さそうな映画だなー。


小説が原作の「Nebel im August」

ジャックくん


ロマの男の子がナチの安楽死計画で精神病院に入れられる。
そこで生きる子供の映画のようです。見たいなー。






弟マヌエル役だったゲオルク・アルムス君Georg Arms

このこは「ぼくらの家路」以前に、
2012年、「Shtoby konchilasj vojna」というショートフィルムに出ていた。
今までにいくつものTV、映画でお仕事してる。

「Freiheit 」という最新の出演作でも、
母親が家を出てしまう家庭の子を演じているようです。

ううっ・・・・

_________________

「ぼくらの家路」
ベルリン国際映画祭での様子。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント