「特捜部Qキジ殺し」


■時々夫にシャレで英語でメールしてみるが、
ダメ出しされるのが非常に悔しい!

I had the flu this New Year holidays.

寝込んで過ごした年末年始でした。

映画は面白かったが、絶対原作をかなり省略してるはずの、
「特捜部Qキジ殺し」を、映画を見てすぐ読みました。
このシリーズは一気読みしたくなる面白さなので、目が痛くなる。
読みきりたいのを我慢して2日に分けて読みました。
で、すぐ、インフルになってて、感想書けなかった。

5日も風呂入らず髪洗わずでも不快感を感じる余裕がないほど消耗したわ。
インフルめ!
今は平熱になり、でも、発熱後のフラフラ感で、スーパーに行くのさえ勇気出ませんが、
録画溜めてあった海外ドラマを見はじめました。

_____________________

特捜部Qシリーズ 著者ユッシ・エーズラ・オールスン

特捜部Qとは、デンマークの警察署の地下に新設された、
未解決事件を再捜査する部署のこと。
過去の捜査でミスをしたカールの復職先。
第1作「檻の中の女」では、
女性議員が行方不明になって5年が過ぎた事件を解決した。


201612261143420b2.jpg


・ネタバレなしであらすじ紹介

特捜部Qの部屋にいつの間にか置かれていた書類は、
20年前の<高校生兄妹殺害事件>の書類だった。
カールとアシスタントのアサド、新しく配属された秘書のローセは、
事件の重要な鍵となるホームレス、キミーを追う。
事件の背後には、今やデンマークの大物になった、
ある寄宿学校出身者達の存在があった。

・ネタバレありで映画との相違(ほぼキミーのこと)

タイトルのキジ殺しとは、
キジをたくさん森に放ち、とにかく殺す、撃ち殺す、
殺すのが最高の快感のくそ金持ち男らの狩猟ゲームのことで、
こいつらは、キジどころか、あらゆる生き物を檻に閉じ込め保管しておき、
ゲームの時にどれを殺すか楽しく計画しどう殺すか楽しく考える。
で、こいつらが極悪金持ち高校生だった頃のゲームが、
キジじゃなくて人間だったわけ。弱い者いじめどころか、弱い者撲殺ゲーム。
大人になって紳士の嗜み(けっ!)として狩りやってるが、
こっそり人間撲殺も続けてる奴らです。
ここんとこの大事な意味合いが、映画では言葉としてキジを殺すって出てこないから、
なんでキジ殺し?と疑問に思っちゃうのです。

9年後に自首ってのは、
キミーが殺戮の証拠を持ってるって仲間を脅したから、
1番貧乏な奴に金握らせて自首させたわけで、
映画は証拠品の部分をすっぽり抜いてるし、
成人後の再会の部分も無しにしてる。

で、映画では、カールがキミーを、
胎児を失ったかわいそうな女性として見ちゃってるが、
小説には、キミーの持って生まれた殺人者気質が書いてあるし、
どうやら父親の異常性がキミーに増幅遺伝したように思える。
暴力こそ生きるあかし、みたいな人間なんだ。
キミーを被害者として描いてはいけないのですよ本当は。

キミーの子供の父親も違うし、付き合った相手も違う。
映画じゃ、夢中になった上級生に身も心も、みたいに描いてたけど、
とんでもない!ヤりたい時にヤりたい相手を意のままに操りヤる、
のが快感なだけの女です。性欲と暴力ががっちり結びついてます。
映画でディトリウに「愛してる」っていうのって、おかしいとは思ったのよ、私は。
キミーみたいな女に愛は必要ない感情だもん。
一見、親の愛を感じずに育ったからこうなった、と思わせる描写もありますが、
キミーは、親の愛なんてくそいまいましい、
おめえらのいいなりになってたまるか!の反骨精神の方が優ってるから、
気の毒とか親のせいで、とかの同情は湧かないように書けている。

「檻の中の女」と同じ、映画は大半の細かいエピソードを省いてますし、
登場人物のキャラも変えてます。
が、映画そのものが面白いので許しちゃう。
ただ、映画じゃなくてドラマとして作ったら、もっと満足いくものになるだろうな、
と思います。原作好きとしては。

しかしこの著者、胸糞悪くなる、人間の執念深さや残酷性を書きながら、
なぜか全体から受ける印象がすっきりしてる。いやな感じがしない。
なぜなんだろう?

一箇所、大爆笑したシーンがあった。
秘書ローセに、「お尻の形のはげがあったから・・・」と言われたカールの、
「お前には慈悲の心というものがないのか」と思うところ。

~(^◇^)/

ローセ、いいね。


ところで、
『すごくいやらしい身体をしてる』って、どんなだろう?
思い浮かばない。女には気づかない男だけに感じ取れるものなの?
スタイルがいいとか、メリハリボディとかっていうのとは違う何かなんだろうね。


映画「特捜部Qキジ殺し」過去記事



成人後のキミー役ダニカ・カーチック(クルチック?)Danica Curcic
クラッシックな美人

ダニか





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

凛さん

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
去年の師走は、体調崩し気味でした。今は治ってはいるけど、外に出るのは怖い感じ。喉はトローチ舐めまくりよ。
しばらくはマスク生活するわ。
凛さんも気をつけてね

こみたんさん

お久しぶりですー!時々こみたんさんの記事を覗きに行ってたんですけど、ずっと更新さなかったので、お体の具合なのかなー?と気になってました。新しいアカウントの記事を楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます(*^▽^)/★*☆♪

お久しぶりぶりですこみたんですほんとにお久しぶりぶりです!(^-^)/
去年手術しまして、3ヶ月程入院して退院しましたd=(^o^)=b
もうブログやめようかと休んでたんですが今年から復帰することにしました(^-^)/
以前のアカウントがログインできなくなり、またあたらしくアカウント取り直しました(^o^)v
びーさんお元気ですか?
インフルで寝込まれたのこともう回復されましたか?
また今年も素敵な映画にであえますように(*^▽^)/★*☆♪

今年もよろしくです⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾

ええええええ、びーちゃん、インフルエンザになったの⁉︎(((;꒪ꈊ꒪;)))
大人がインフルになると、本当にキツイよねーーーー(´;ω;`)ブワッ
発熱しても、体の痛みがなければ全然違うのに、あの痛みがかなりキツイのだと思いますぅー!
あと、咳。これもツライ。
びーちゃん、咳は大丈夫かな?
ともあれ、お大事にしてくださいね!
温かい食事と飲み物で、ゆっくりしてね!
今年もよろしくお願いします♡