トロント旅行 もろもろ2




____________________

出発の日のこと、書いたから、帰国の時のことも書く予定。

たった三日の滞在でしたが、とても好きになってしまったトロント。
それは、人が親切だったことと、街歩きしやすい構造の街だったことと、
新旧の建物の見事さと、なんだろ?なんだかわかんないけど好きだ。
帰ってきてからも、すぐにでも戻りたいと思っているくらい好きだ。


Expediaのトロントガイド動画





*帰国時のこと書く前に

トロントでは、(カナダが全部そうなのか知りません)屋内すべてで喫煙禁止。
自宅でも喫煙禁止。法律で禁止。クラブでもバーでも禁止。法律で禁止。
子供とペットが守られるなー!サイコー
♪───O(≧∇≦)O────♪

なんて素晴らしい高い意識を持った国なんだー!と喜んだら、
屋内から一歩外に出たら、ガバガバ吸ってんだわ・・・・・ 老いも若きも男も女も。
美しい建築、素敵なお天気を楽しんでると、突然息が苦しくなり、慌てて息止めて走る。
吸ってる本人の被害より、出す煙の発がん性物質が三倍だってーのに、
町中で副流煙の被害にあうのだよ。意味ねえじゃん、法律。しかもポイ捨ててるし。

かなし・・・・・

公園でこんなこと

IMG_4901_convert_20161005100806.jpg

**飲酒は逆に、屋内でしかダメ。
だから、たとえバーベキュー会場でもビール飲んだら法律違反。
外で酔っぱらうなんて知性無い!ってことですわよね。

でも、アルコールなのか麻薬なのか、
死んだように寝てる(大の字とかで)ホームレスが、道の端どころか、
市庁舎の手前とかにもゴロゴロ。

アメリカでもそうだったけど、いい体格した若い男が、
ジュースくれ、スープくれ、などと、寄ってくる。
バーガー店の前に座り込んでた男は、店員が外に出た時、
バーガーくれと言っていた。
これらの人がとても気の毒な境遇にあるかというとそうとも限らず、
物乞いで食ってけることに味をしめた甘えん坊の可能性が大だそうで、
あげなくていい、と言われました。

小さなフードコートに座ってた時見てたら、
若い女の子が食べ物買ってるとこに行った男が、
なんかくれと言ったみたいで、手に持ってたパンを戸惑いながらあげてたわ。



でも、 トロント、
大好きー






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント