トロントの交通網のこと


__________________________



観光してまわる順序も、バス停も時間も地図も、
ぜーんぶ きっちりプリントしたりiPadで画像に記録したりしてたのに、
結局は片っ端しから人に聞くという方法でしか行けなかった、
トロント市内めぐりです。


ここで、トロントの交通網について

TTCという、トロント市が運営している交通機関は、
メトロ(地下鉄)とストリートカー(路面電車)とバス
(地上に電車はありません 地下鉄のみ)


どれにどこまで乗っても、一回カナダドル 3ドル25一律料金。お釣りは出ません。
現金で払うか、前もって3ドル25でトークンというコインを買っておいて、
乗り物の入り口に放り込む。
一駅しか乗らない場合など、3ドルなんぼは高いから、
現地の人たちはみんな、メトロパスというのを持ってるみたい。
これは定期のように、何日から何日まで(一週間か一ヶ月)指定で、
カード状のパスを購入すると、3つすべての乗り物に何度でも乗れるというもの。
しかも、乗る時だけ提示?差し込む?すると降りる時は何もしないで、ただ降りるだけ。

これは、旅行者の私は1日乗り放題のデイパスを買ったので、
調子こいて、バスで隣に座ってた人に、
「デイパス イズ グッド」と言ったら、メトロパスのが便利だよー、と教えてくれたこと。
正しくは聞き取れてないけど、検索すると、このようなことですね。


ストリートカー停車場

IMG_4564_convert_20160923225120.jpg



バス

IMG_4563_convert_20160923220243.jpg



ストリートカー(路面電車)

IMG_4658_convert_20160923220520.jpg



地下鉄入り口のマーク


IMG_4946_convert_20160923221048.jpg



バスなら日本でも、降りる時は何もしないけど、地下鉄も降りるだけなのよー。
改札みたいなところの鉄の棒をくるっとして通るだけ。
これ、すごく楽。

そこらじゅうにいくらでもバス停も地下鉄の入り口もあるし、
適当な地下鉄入り口に入っても、巨大な地下街が繋がってるからなんとでもなる。
メトロパスさえ持ってりゃ、何度でもどこにでも行ける感じ。
間違っても、乗り直しに料金かからない。
メトロパスとは日本の定期のようなものだけど、区間じゃなくて期間で買うから、
何駅から何駅まで乗ってもいい。便利〜
日本の定期は区間で買うから、その他の駅には料金払うもんね。

トロント、なんてすぐれたシステム。

*注意点 
地下鉄、ドアがすぐ閉まるから、乗り降りは素早くしないといけない。


地下にあるトークンの自動販売機

IMG_4770_convert_20160924151645.jpg


メトロパスの自動販売機

IMG_4771_convert_20160924151818.jpg


*デイパスは窓口でしか売ってないのです。


私が見たところによると、バスや路面電車は、
停車場からずれたところ(信号待ちで止まってたりすると)でも、
人が近づけばドアを開けてくれる。
この人間らしい、いい加減さは、東京のバスの冷たさを感じている私には、
とても嬉しい。
一度、渋谷のハチ公バスで、あんまりひどいと思ったことがある。
お金(100円)払ったばかりのおばあさんが、「間違えました、あそこのバスに乗ります」と、
そばにいたハチ公バスの方に行き、そのバスの運転手さんに聞いたのか、
やっぱりこっちのバスに乗ってきた。
で、ここが問題。もう一度100円払い直した。

これ、日本って、規則とか規律とかうっさいから、
運転手さんが気の毒な人に親切にして(お金はいいよとね)あげたとして、
必ずチクる奴が出るからだと思うのよ。バス会社に意見して文句言う奴がね。
だいたいそういうことするのは、暇こいてるジジイ!
NHKのキャスターが胸が大きいからテレビに出すなとかいうジジイね。
てめえのスケベ目線のくせに。
それにへこへこする会社や組織にもムカつく。

アホか!っつーの。心狭すぎるんだよ、日本。


アメリカもカナダも 本当、器が大きい。つーか、人間らしいんだ。
ますます日本が嫌いになる私。


これもTTCマークがあるが、車椅子専用。
もちろん普通のTTCも車椅子でスムーズに乗れるようになっている。
私がバスに乗った時も、ステップが伸びて、楽に車椅子が入ってきた。


IMG_4804_convert_20160923222622.jpg


バスもストリートカーも、番号見て乗ればいいし、
メトロは普通に乗るなら2ルートのみ!
たった二日しかTTCを利用してないのに、
間違ったりしてるのに、実はとてもとてもわかりやすいと気づき、
あと1日いたら、TTC完全に乗りこなせるな、と思っちゃいました。


________________________

デイパスなくした話。

観光初日、朝8時から営業してるセントローレンスマーケットに行こうと、
調べてあったバス停にさえ、二人に場所を聞いていく。
「セントローレンス ウエアー バスストップ?」ってなもん。
なぜか間違える。テキトーなところで降りて、3人に道聞いてマーケットに行く。


一時間くらいマーケット見て、調べていたはずのバス停に行けず、テキトーなバスに乗る。
運転手さんに「シティホールに止まる?」(ゴー、シティホール?くらいしか言えてない)
と聞いたら、「行かない、メトロのクイーンステーションが最寄り駅だ。」
「どこをどうしてこうしてああして乗り換えるんだよ」(全く聞き取れてない)
と教えてくれて、TTCの地図に書き込みして教えてくれるが理解できず、
あうあうしてたら、「ステイ ウイズ」「ヒアー ステイ」のように言うので、
運転席にはりつく。

信号待ちのたびに「どっから来た?」「トロントどこいった?」「何仕事してんの?」
と話しかけられる。何とか会話する。「あそこはいいぞここはいいぞ」と教えてくれてる様子。
「ここで降りてあそこの駅からメトロに乗りな」と、乗り換え用の紙くれる。
全然理解してないが降りて、わかってるふりして歩く。
このバスを最後にTTCには乗れなくなったのです。デイパス失くしたから。
その後5人くらいに「ウエアーシティホール?」でいつの間にかシティホールに着くのだが、
バッグからiPadやメモを出し入れしてる間に落としたに違いない。

この時運転手にもらった、
デイパス持ってる人用のバスからメトロへの乗り換えの(無料)紙。
本当は、乗り換えの時間1時間以内とかあるらしいんだが、
私が使った時は半日経ってたけど、メトロの係員に見せたら通してくれた。
こういうところもいいところ。


この紙が私を救ってくれたのだ。

IMG_5044_convert_20160923223239.jpg





だって、パス無くしたから、セントローレンスの後は歩いて観光する覚悟で、
最終目的地(ホールフーズマーケット)まで行き、さすがにクタクタで、
ホテルに帰るのはトークン買って地下鉄でと思ったが、
乗り換え券のこと思い出して、一応メトロの兄ちゃんに見せたら乗れたんだもの。

迷いながら歩いても、
見たいと思ってた場所はなんだか全部見ることができてしまったの。

<新・旧の市庁舎➡︎クイーンズストリートウエスト(メルローズavenueみたいな通り)
➡︎ケンジントンマーケット(裏原宿みたいな?)
➡︎ロバーツ図書館➡︎トロント大学セントジョージキャンパス
➡︎ロイヤルオンタリオ博物館➡︎バータ靴博物館➡︎ホールフーズマーケット>

トロント大学は敷地内に138だかの建物があり、無料のツアーがあるというが、
そこまで見てらんないから、遠目に、あー、あそこか、
と見ただけで終わりにしました。


せっかくホールフーズに着いたけど、アメリカより高い気がして買い物しなかった。

*カナダは消費税が高いので、表示してある値段より随分多く払った気がする。
ハーゲンダッツと切手一枚買った時、7ドルくらいの請求で、
「アイス、一体いくらだよ!」と思った。日本じゃ、300円くらいだよね。
切手だって2ドルくらいのはずなのに。



歩きの観光でしたが、トロントのダウンタウン内だったら、
普段ウォーキングしてない人でもやってやれないことはないです。
観光スポットは割と近場に数カ所点在してるし、
通りはほとんどがまっすぐの碁盤の目だし、私ができたんだから誰でもできます。

海外一人旅初心者にはオススメよん










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント