「人生スイッチ」


人生・・・・・
幸せの・・・・・・
優しい・・・・・・・・・・

こういった邦題がつけられた映画は、それだけで見る気が失せる。
この作品も、めちゃめちゃ面白いのに、
こんなクソの役にも立たん邦題つけられてお気の毒。


原題 RELATOS SALVAJES 2014年 アルゼンチン/スペイン

翻訳サイトだと、野生の履歴となりました。これならわかる。


監督 ダミアン・ジフロン 


出演
・おかえし
ダリオ・グランディネッティ/イサベル - マリーア・マルル/モニカ・ビリャ
・おもてなし
フリエタ・ジルベルベルグ/セサル・ボルドン/ リタ・コルテセ
・パンク
レオナルド・スバラーリャ/ワルテル・ドナード
・ヒーローになるために
リカルド・ダリン/ビクトリア・マラムド/ ルイス・マッゼオ
・愚息
オスカル・マルティネス/オスマル・ヌニェス/ ヘルマン・デ・シルバ
ディエゴ・ベラスケス/マリーア・オネット
・Happy Wedding
エリカ・リバス/アリエル - ディエゴ・ヘンティレ


野生の履歴




自分の不幸はみんな誰々のせい、とお返しを計画した男の話や、
強欲で傲慢で非情な男はこの世から消せばいいじゃん、なおばちゃんや、
よくある、ドライバーの<運転すると人が変わる>顛末や、
一寸先は闇な状況を作り出す、
理性で抑えていた野生の本能を出した人間心理を描く。








たっくさん、ノミネート&受賞しています。

ブラックユーモアが好きな人には、すごく面白いです
私のようなひねくれ者には、たまらなく愉快です (*≧∪≦)


それぞれのエピソードに対して、一言感想


「おかえし」Pasternak=気持ちはわかる

「おもてなし」The Rats=やれやれ〜!!

「パンク」Road to Hell=他人事ではない

「ヒーローになるために」Bombita=こういうことして欲しいと思う事柄は数々ある
*この邦題は全くの誤まり。彼はヒーローになりたくてやったんじゃない。

「愚息」The Deal=どこにでも転がってそうだな

「HAPPY WEDDING」Till Death Do Us Part=That's Marriage!!ですね。ひひひひ


特に気に入ったのは、「おもてなし」の料理人おばちゃん。
私のお母ちゃんになってほしいくらいの、玉のでかい根性座った女だったわ〜
ウエディングのエピは最後のエピだからか、ハッピーエンドなのが気に食わないが、
爆笑しました。花嫁役の女優さんの演技が可愛い❤︎


まあ、とにかく、
人間、有事の時には本性むき出しになる、
些細なことでも野生が目覚めると血を見ることになる、
抑えてきた野生は、きっかけさえあれば爆発する、

そういったことのオンパレードで、私にはとても小気味のいい、
ニヤニヤ笑える、最高の人間映画でした。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント