「スピーシーズ 種の起源」


かなり前にテレビ放送で見ただけで、記憶に残っているのは、
主演女優の完璧マネキン美貌だけだった。
再鑑賞で驚いた(゚д゚)

しょっぱなから出てくる美少女が、
あれ?ミシェル・ウィリアムズに似てるけどミシェルより美人じゃない?
と思って後で検索したら、ご本人の子役時代だったのねー。

おまけにべン・キングスレーには髪の毛少しあるし、
アルフレッド・モリナはまだ今ほど曲者顔じゃないし、
「CSI科学捜査班」キャサリンが出てるーーー!

いやー、古い映画の再鑑賞は、面白い発見があるなー。



原題 SPECIES 1995年 アメリカ

監督 ロジャー・ドナルドソン 

出演
ナターシャ・ヘンストリッジ
ベン・キングズレー
マイケル・マドセン
アルフレッド・モリナ
フォレスト・ウィテカー
マージ・ヘルゲンバーガー
ミシェル・ウィリアムズ



種の起源





ユタ州ダグウェイの研究所

地球外文明探査グループが1974年に送信した電子メッセージの返事が
1993年に来た。解読すると、人類の発展に役立つかもしれないDNA組み替え情報がある。
その知識で研究者たちが生み出した、外見は人間のメスの生命体は、
驚きのスピードで成長し、危機感を抱いた科学者により、
毒ガスで殺害されることに。

驚異の力で研究室を逃げ出した生命体は、次々と人間を殺し、
本能に突き動かされ、繁殖相手を探す。

科学者が集めた追跡グループを尻目に、
生命体はLAで男を探し続ける。








ナターシャ、これが映画デビュー作なんですねー。
骨格の鋭い、冷たい美貌が、この役にぴったり!

この、目を見張る美しい顔がそこにあるだけで、
特別演技なんかしなくても畏怖の気持ちを起こさせる。
美人すぎると実に怖いもんだ。


LAに到着するまでは、緊張感のあるいい展開だったんだけど、
地球人が数人集められてからのうだうだがどうにも気がぬける。
だって、各分野のプロたちが知恵を絞って追跡してるにしちゃあ、
霊能力者(まじかよ!)は全然能力活かせないし、
科学者ともしかして殺し屋?は仕事そっちのけで発情するし、
クラブでくつろぎながらつまんない会話こいてるし、
異生物野離しにしたら、とんでもないことになるってのに、
危機感持ってるように見えないんだよね。

ナターシャとミシェル以外大して見るもん無い、感じ。
あ、でも、子を成す相手はまさかのあいつだったのがよかった。
これは予想外でやられた。

小さい男の子の顔つき、ちょっと異様でいいね。
ああいうのが、ギーガー異星人よりずっと怖いよ。

そう、異星人のデザインはギーガーなのです。
「エイリアン」はもちろん、ギーガーのデザインはアートとして大好きだけど、
異質な生命体のビジュアルは、私はどっちかというと、
最初の方の、むじゃむじゃデロデロしたサナギっぽいやつみたいな方が好み。


ロサンゼルス〜サンタモニカあたりが映るので喜んだ。
ハリウッド大通りを物珍しげに歩く生命体が、観光客の気持ちとダブった。

「グッドラック・チャーリー」のダブニーさんが出ててニヤリとした。
(パトリシア・ベルチャー)


あと3作見なきゃ




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント