童話と原画展


▪️下北沢にユザワヤできるのはかなり嬉しいけど、
新宿からユザワヤがなくなるのはかなり残念。




下北沢駅からだいぶ離れてるけど、分かりやすい道だったから、
童話と原画の展示があると知り初めて入ってみた。

アイヤーシャーレって、全然読めなかった。

CafeEierschale


日本児童文芸家協会ってのも知らなかった。
これかなー?

一般社団法人 日本児童文芸家協会

一般社団法人って何?てか、法人って何?くらいな社会人。


IMG_8582_convert_20160810101120.jpg




IMG_8573_convert_20160810101211.jpg



絵画も彫刻も、
無機質で硬質で、できるだけ人間味がない生々しくない、
研ぎ澄まされた抽象画が好きだけど、
児童文学や絵本は別物。

素直に、可愛い絵♡ と思えます。


IMG_8575_convert_20160810102115.jpg


IMG_8577_convert_20160810102155.jpg


IMG_8579_convert_20160810102233.jpg




胸踊ったのが、これ!

「大どろぼうホッツェンプロッツ」
に出てきたプラムケーキが!



IMG_8574_convert_20160810101253.jpg


気持ちは食べたいんだけど、果物苦手だから見送った。

ホッツェンプロッツ
この名前を口にするのがなんだか楽しかったっけ。
大昔に読んだから内容は忘れてるけど、面白かったことだけは覚えてる。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

つかりこさん

私のクッソ汚れきった心の片隅には、絵本好きが隠れ住んでいますー。
たまに、捨てられずに置いてある、黄ばんでホコリだらけの絵本を読んでみますが、
ますます面白く感じたりしてジーンときたりして。
ホッツェンプロッツ、探せばあるはずだから、また読んでみたくなりました。
他にも いやいやえん、とか エルマーのぼうけん とか、面白かったなー。
自分が読んで記憶に残ってる児童書は、友達の子供に買うようにしています。

素敵なところですね!
行ってみたいわー。
僕も、児童文学とかイラストがすごく好きというわけではないのですが、
汚れた心を清めてくれそうで(笑)、
時には見たり読んだりしたくなります。
絵本の原画は、本で穴のあくほど見たものでも
実物には新しい感動がありますよねー。


「大どろぼうホッツェンプロッツ」!
よいこはみんなどこかで出会いますよね。