「ロックンローラ」


原題 ROCKNROLLA 2008年 イギリス

監督 ガイ・リッチー

出演
ジェラルド・バトラー/イドリス・エルバ/トム・ハーディ
トム・ウィルキンソン/マーク・ストロング/トビー・ケベル
カレル・ローデン/タンディ・ニュートン
ジェレミー・ピヴェン
クリス・ブリッジス
ジェマ・アータートン
ジェイミー・キャンベル・バウアー
ドラガン・ミカノヴィッチ
ノンソー・アノジー
マット・キング


ロックンローラ




ロンドン裏社会の顔役は、裏工作不動産ビジネスで成り上がったレニー。
レニーからの借金を返すためにロシアマフィアの金を盗むチンピラ、ワンツー。

ロシアマフィアの幸運を呼ぶ絵が盗まれて、
レニーの義理の息子(ボンクラヤク中)も絡んでくる。

会計士にも政治家にも弁護士にも裏の顔があり、
あっちでもこっちでも揉め事が起きる。








「ロックンローラは全てを欲しがる」ってナレーションで始まる。
そう?そうでもないと思う。男のロックンローラはそうなの?

かっこいいんだわ。
カッコイイ映画なんだけど、
人数がどんどん増えていって、関係があちこちできてきて、
頭ついていけず途中で飽きちゃった・・・・
本筋が何かも忘れそうになりながら、ただ画面のかっこよさを見ていた。
わかんなくなっても、ユーモアが散りばめられているからちょいちょい楽しい。


すごく個性的な俳優たち、一人一人が主役級の俳優たち、
なのに全員が脇役な感じの作り方なのよねー。
群像劇ったって、誰かしらは中心になっているもんじゃない?
この映画は、それが誰だか結論付けられなかった。


好きなシーンは、最初の強盗シーンのなんとも言えないおとぼけ感と、
トム・ハーディとジェラルド・バトラーの、微笑ましいって言うか笑っちゃう友情?
セクシャルシーンを匂わしてても、エッチさがないところも好き。

好きなタイプの映画だけど、拍手〜、とはならない中途半端。


★レニーの息子役トビー・ケベルって、伊藤淳史と小島よしおに見えてね・・・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント