「追撃者」


▪️昼間の新宿歩いてるだけで暑いのに、
モハーヴェ砂漠じゃこりゃ死ぬな、と実感した  びーです▪️


念願の、恐る恐るの、モハーヴェ砂漠鑑賞。 な映画鑑賞。

原題 BEYOND THE REACH 2014年 アメリカ

監督 ジャン=バティスト・レオネッティ 


出演
マイケル・ダグラス
ジェレミー・アーヴァイン
ハンナ・マンガン・ローレンス
ロニー・コックス
パトリシア・ベスーン


maikeruno.jpg



幼馴染の恋人の遠い街への大学入学が決まり、
離れることが悲しい、モハーヴェ砂漠のガイド、ベン。
狩猟解禁前なのに狩りに行きたいという男に大金を積まれ、
保安官はガイドをベンに依頼する。

最初から男に不信感を持つベンだったが、
トレーラーハウスでの貧しい暮らしのためガイドを引き受ける。



予告編にあるほどの、映画史上に残るほどのキャラじゃないけどね。





50万ドルのベンツの自慢、こうし(PCが変換してくれない)のうんちく、
全地域型衛星電話でのビジネス交渉、動物狩り自慢、
ことあるごとに金の話


殺人とか人間狩りとかより、金持ちジジイの醜さの映画。
金稼いでる俺は何でもできる、と思ってふんぞり返ってるジジイなので、
最凶な犯人なんかじゃぁありません。
金に物言わせて犯罪するやつなんて、世界中どこにでもいるんだからね。

この金持ちじいがウォーリーのモノマネなんかして実に気持ち悪かった。


「戦火の馬」のあの子が砂漠で頑張った。えらいえらい
この子は黒髪よりも、茶色の髪の方がハンサムになるね。

勘違いしてたのは、
<弱い人間を狩るのが楽しい連続殺人犯の物語>だと思ってたこと。
たまたま過失で人殺して揉消すためにあの子を狩り始めたんです。


私が気になったのは、
砂漠の坑道で生きていた気の毒な犠牲者、チャーリー。
彼の人生を別の映画にして見せてほしい。
きっと、若い頃のヤク&アル中で、流れ流れてモハーヴェにたどり着き、
脳みそもだいぶやわくちゃになり、
元妻だかスターだかの女の写真を眺めてオナり、
3年に一個くらい運よく掘り当てた金粒で食いつないでたんだろうなー
と想像いたします。 



そこそこ面白い




ついこの前、マイケルの喉頭癌について書いたばかりなので、
この爺さんがクン○しまくってる図が頭から払拭できず、
複雑な気持ちでしたぁ。 (´д`ι)

オーラルによる性病、口腔癌、舌癌、喉頭癌の危険性について、
Wikiには詳しく書かれていました。 あーー こわ  あたしゃ一生しない!



*これ書きながらBGMで宮崎吐夢のminimini chinpo 聞いてる、たまらんな、これ

_________________


原作「マデックの罠」今日から読んでみる


マデックの罠




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント