「埋もれる殺意~39年目の真実~」


WOWOWプライム一挙放送でまたもや夜更かししてしまった。

原題 UNFORGOTTEN 2015年 イギリス ITV

監督 アンディ・ウィルソン 

刑事
ニコラ・ウォーカー/サンジーヴ・バスカー

被疑者
バーナード・ヒル/トレヴァー・イヴ/トム・コートネイ/ピーター・イーガン
ルース・シーン

被疑者家族
ジェマ・ジョーンズ/ハンナ・ゴードン/トム・オースティン
フランシス・トメルティ/ゾーイ・テルフォード/アダム・アスティル
シェリー・ルンギ/テッサ・ピーク=ジョーンズ



アンフォーガトン



ロンドン
古い建物が取り壊され、白骨死体が本人の物とおぼしき日記帳とともに発見される。
被害者は39年前に17歳だった黒人青年ジミーと判明。
日記に書かれた人物名と電話番号を頼りに捜査が始まる。
指揮をとるのは警部キャシー。

容疑者候補になったのは全員高齢。
社会的地位の高い男や牧師、認知症の妻と暮らす車椅子の男など。
事情聴取をすればするほど、全員が何かしら嘘をついていることがわかり、
殺されたジミーとの関わりの複雑さが見えてくる。









いやぁ〜!!
久しぶりに本気で分からなかったよ真犯人



『どんでん返し』『驚きの真実』が宣伝文句の映画、ドラマは数あれど、
途中で感づいたりするもんだ、高い確率で。

あっぱれです!


39年前の殺人事件の捜査なので、怪しい人物は爺さん婆さんばかりなんだが、
好々爺に見える爺さんがくら〜い過去を隠していたり、
他人の子供たちの面倒をみる婆さんが若い頃人種差別主義者だったり、
ほんと、若さの怖さ!
若い頃の過ちがどれほどその後の人生に影響を及ぼすかを思い知ったよ。


あまりにも深く濃いドロドロの人生模様なものだから、
仕事を誠実に着々とこなす刑事の、普通のおばさんぶりが清々しいほどでした。


で、他のクライムドラマと違うところが一つ。

⚫︎人間は許しあえる 人間はやり直せる 

ってとこに行き当たる部分。

視聴者が、おまいらみんな不幸になれ!と思い、
そうなることでスッキリするのが普通のクライムドラマなのに、
このドラマはもう一歩進んで、
<あんなことをしてしまった自分だが、人生は続く。その後どう生きるかが問題だ>
ってところまで入れてる。本人のみならず周りの人間との関係の修復まで描いてね。


深いなぁーーーー

深い


面白かった、 いいドラマだったよ



*被疑者の一人、車椅子の爺さんエリック役に驚いた!
「さざなみ」の夫役なんだけど、「さざなみ」でも老けっぷりに愕然とした俳優が、
同じ年に製作されたこのドラマで、10歳老けたくらいに老けてるよ トム・コートネイ。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント