「スター・トーク」


▪️英国人スター ジェームズ・コーデンが
「アメリカ人は何にでもチップ払うよね。ストリップ小屋に住んでる気持ちになる」
と言うので



原題 Star Talk  アメリカ


アメリカの国立科学博物館だか歴史博物館だかで公開収録されている、
科学に関するトークショー。
時々ナショジオで放送してます。

ナショジオ 日本サイト

National GeographicTV WEBサイト



天体物理学者ニール・ドグラース・タイソンが進行役

天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン


この人、あまりにもテレビで見るし、途切れることなく喋りまくるから、
てっきりタレントだと思ってたよ。本物の科学者だとは。

毎回のテーマは、火星移住や相対性理論や宇宙のなんたらなど、
面白いけど難しいことなんだけど、ゲストが豪華で楽しみにしてる。

しかしね、ゲストの意見を聞きながら話を煮詰めていくショーなのに、
進行のニールがうざいったらない!

自分からゲストに質問しといて、すーぐ途中で遮り、否定し、
自分の知識を披露するんだ! 黙れ!となんども怒鳴りたくなる。
私がゲストだったら、怒って帰るな、きっと。








この前のスーザン・サランドンの時、かなりショックだったのは、
スーザンが<大麻合法化>を推奨してるってこと。
「お酒の方が悪。現代人はいろんな情報で疲れてるからリラックスするべきで、
大麻がいい」みたいなこと。

合法な州では、スターが大麻を売ったり(商品化して)、
ステージで吸ったりしてるが、マジかよ!?


そんなもんないとリラックスできないって狂ってる。と、
大麻推奨派のスターは、わかった段階で嫌うことにしてる。
リアーナ、ウーピー、マイリー、マドンナ、ガガ その他大勢。
あまりにもいすぎて、ほとんどのミュージシャン、ほとんどの俳優を嫌うことになるなー。

私が大麻その他麻薬を嫌うわけは、違法だからとか体と脳に悪いからの理由じゃない。
そういうものを栽培しないと生きていけない貧しい人々を搾取して大儲けするのが、
ギャングやマフィアだってところに怒る。
そいつらの豪邸建てるために金出してやってるのと同じでしょ。
犯罪者に資金提供してるのと同じだからムカつく。

なのに、気楽に大麻くらい吸おうぜ、みたいに言ってるスターたち。けっ!

スーザン、好きだったのに・・・・・・・


あ、真面目にスーザンが話してるのに、「ロッキー・ホラー・ショー」で
ガーターベルトで歌い踊るシーン流したりして、
「これぞ、スーザンだ」なんて言ってたニール。あれは、
『人道主義みたいなこと言ってるけど、所詮あんたはキワモノ女優だろ』
と見下してる気持ちがよーくわかったわ。


番組の最後にいつも出てくるこの人。科学おじさんビル・ナイ
「ビッグバン・セオリー」にも出てきました。
なんか、怪しい風貌。。。。


ビル内





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント