「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」



原題 NATIONAL GALLERY 2014年 フランス/アメリカ/イギリス

監督 フレデリック・ワイズマン



Frederick Wiseman





英国ナショナルギャラリーで3か月撮影したドキュメンタリー作品

圧巻!!

美術館のあらゆるスタッフのあらゆる仕事に密着し、
観察者の目で撮影した。ナレーションも音楽も無し。

息を呑む。
息を呑むのだが、寝るかもしれない危険もある映画ですね。
なんせ、3時間超え


一番面白かったスタッフの言葉は、
展示の方向性についての話し合いでのこと。

「何がイヤかというと、
下に合わせ低俗な大衆嗜好に我々が迎合してしまうこと」


「中くらいもイヤだ。
それなら、華々しい成功の後に面白い失敗をする方がいい」









___________________


フレデリック・ワイズマンというお人、
弁護士→軍人→大学教授→映画監督という方。
初監督作「チチカット・フォーリーズ」TITICUT FOLLIESは
日本では2011年に公開された?DVD無いみたい。


チチカット



1967年に精神疾患の患者の施設をドキュメンタリー映画にするってのが、
まずすごいし、上映禁止になったってことでますますす素晴らしい。

Trailerだけ見た。
なぜかみんな素っ裸 もちろんぼかし無し 看守?は怒鳴り、患者も怒鳴ってる・・・

公式サイト



私には、今まで見た監督のドキュメンタリー作品
「クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち」より
「パリ・オペラ座のすべて」より
「BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界」より


臨死
聴覚障害

DV─ドメスティック・バイオレンス

など方がよっぽど見たい!絶対好み。未DVD発売だらけ
なんとかユーチューブで探して予告動画だけでも見まくろ〜っと




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント