「オン・ザ・ハイウェイ」


◼︎社内不倫を後輩にチクられクビになった友達がいるが男はクビにならなかった



原題 LOCKE 2013年 アメリカ

監督 スティーヴン・ナイト 

出演はトム・ハーディ一人 あとは、電話の相手数人(声)



オン・ザ・ハイウェイ




息子たちと一緒にサッカーを見る約束を破り、
明日の大事な仕事を休むと宣言し、ロンドンへの高速道路を走るロック。
なぜロンドンに向かうのか? 
それは、一度の浮気で妊娠させた女の出産に立ち会うため。

ハンズフリーの車内電話で、
仕事の引き継ぎのゴタゴタと、浮気を打ち明けた妻とのゴタゴタと、
浮気相手のパニックの相手をし、
一夜にして家庭と仕事と家を失う男の物語。







こういう映画は好き

トム・ハーディが普通の人間、普通の家庭持ちの男の役って、
久しぶりに見たけど、こっちの方が好きだ。

ずっとハンドルを握りながら演劇の舞台にいるかのような設定で、
だけど自然な演技がいい。

ラストに爽やかさが残るのは、やはり、
どんな悲劇にも憎悪にも打ち勝つのが赤ん坊の誕生。
ということね。
(強姦妊娠と、愛のない親妊娠は別だが)

クラッシュの危機とかポリスに止められるとか、
アメリカ映画なら必ず入れたくなりそうなもんだが、
あくまでも普通の人間の一晩の出来事として、何も装飾せず、
誰の身にも起こり得ると感じさせられるストーリーで、とても良かった。


*憎しみいっぱいの亡き父親への独り言は、背景の説明なくてもとても共感。
でも、これは無くても良かったかなー。どうかなー。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント