「復讐のセクレタリー」


◼︎「私は女よ!ホルモンというドラゴンを飼いならしてる」と
ビッグバンセオリーのバーナデットが言うので



邦題がネタバレ (´д`ι)


原題 LA VOLANTE 2015年
    フランス/ベルギー/ルクセンブルク 未公開

監督 クリストフ・アリ/ニコラ・ボニラウリ

出演
ナタリー・バイ
マリック・ジディ
ジャン=スタン・デュ・パック
ヨハン・レイゼン
サブリナ・セヴク


復讐のセクレタリー



大雨の夜、
産気づいた妻を産院に運ぶ途中、トマは若者を轢き殺してしまう。
息子が無事産まれたが、トマは警察へ。

9年後、夫婦は別居、息子は交代で面倒をみている。
トマの新しい秘書は、私生活にまで立ち入りってくる。








ナタリー・バイの表情・ムードは、どんな映画に出ていても、
もとからねっとりと怨念や欲情を醸し出す。怖い
おまけにアンチエイジング整形がきつくて表情が凍りつき、
演技がどうのじゃなくて、顔が気になってね。

しかし、男たちは、
オバハンとはいえ色気むんむんな秘書に騙されて、怪しさに気づかない。
子供だけはカンでわかる。しょうもない・・・・


どうせ復讐するのなら、もっとネチネチと、少しずついたぶって欲しかった。
簡単に殺しずぎでもったいなく物足りない映画になっちゃった。



消化不良














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント