祝!ラジー賞受賞(先月) ジュピター


▪️マライア・キャリーの婚約者の紹介、<豪大富豪>って字面が、
すんごい大富豪みたいでなんかすんごい。


原題 Jupiter Ascending 2015年 アメリカ

監督 ウォシャウスキーきょうだい(姉妹になったんだね)


出演
ミラ・クニス/チャニング・テイタム
ショーン・ビーン
エディ・レッドメイン
ダグラス・ブース
タペンス・ミドルトン
ペ・ドゥナ
ジェームズ・ダーシー


ジュピター映画



『シカゴに住む清掃人ジュピターは実は宇宙の王族のプリンセスだった。』
って話です。




うん、納得の受賞だね。


主演ミラ・クニス、チャニング・テイタム、両方大好きなのに、
どうにも大根に見え、醜く見え、老けて見え、
今までの仕事で最低レベルの出来だったに違いない。
役者という素材から、いい演技を引き出すのは監督だから、
これは監督の罪よのぉ〜 







予告編見てた当時から、これは駄作だろうと予想していたけど、その通りでした。
脚本、編集もダメとして、第一のミスがキャスティング。

こういう映画でプリンセスとかってさ、若くないとダメさ。10代に見えないとダメ。
さらに、チャニングが・・・・・
色気とハンサムで光ってた「マジック・マイク」、
太ってゴリラみたいな役作りして見事だった「フォックス・キャッチャー」
あれだけ演技できるのに、メイクの似合わなさ、セリフの陳腐さで、
目も当てられない有様に。ちゃにんぐぅ、かわいそう・・・


同じようなド派手でばかばかしいヘアメイクなのに、
あんなに胸に迫った「ハンガー・ゲーム」と何が違うんだろう?


一体、「マトリックス」を産み出した監督たちに何があったの?
ホルモン治療で判断力が鈍ったの?


**大人気エディ・レッドメインですが、なぜ顔が苦手なのか、わかった。
女性生殖器を連想してしまうんだ。あの顔。 スンマセン

**あと、ダグラス・ブースが劇団ひとりに見えて・・・
二人の共通点は、口がアヌスみたいなこと。 スンマセン








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

愛ちゃーん

こんばんはー
マネショート、私は図書館に予約してるんです。読むの楽しみです。

エディさん、何やら変に気になると思い、嫌いではないが顔に違和感が、、、とずーっと思ってました。ジュピターで、おデコ出してうっすらお粉はたいたような顔見たら、アンダーヘアーを処理して産毛だけ生えてるみたいな。女性器としては素敵な美ルックスなんですが、男の顔面としてはむずむずする〜っていう、ね。そんで、セクシュアリティーについては、本当にゲイでも女装家でもないとしたらびっくりです。50過ぎた頃に性転換しても驚きませんわ。こんなところが女性の気持ちに働きかけての人気なら納得ですが、王子様的人気なら解せません。(ーー;)

エディ・レッドメインについて

こんばんは☆
私も、エディ・レッドメインが、好きになれなくて、理由を考えていたのですが、まさか、顔が女性器とは(笑)人気のヒミツも、もしかして、そこかも⁈
顔立ちは女性的ですよね(^.^)
醸し出すセクシュアリティの中に、私を落ち着かせなくする何かがあるのは、分かるのですが、まだ、ハッキリしないんですf^_^;)
びーさんの意見、参考になりそうです(笑)