「悪魔の存在を証明した男」


▪️アカデミー賞授賞式で、クリス・ロックが
「黒人は授賞式どころじゃないんだ レイプされたり撃たれたり忙しくて」
みたいな皮肉で今回のボイコット問題をいじっている あとでじっくり見る



原題 THE POSSESSION OF MICHAEL KING 2014年 アメリカ

監督 デヴィッド・イァング

出演
シェーン・ジョンソン
ジュリー・マクニヴン
トマス・アラナ
エラ・アンダーソン
カーラ・ピフコ
カレン・ダグラス
パトリシア・ヒーリー
デイル・ディッキー



THE POSSESSION OF MICHAEL KING



占い師に妻の話をする男マイケル・キングは、
「あんたの占いのせいで妻は死んだ インチキだと認めろ」と迫る。
占い師が男を占ってめくったカードは”悪魔”と”死神”。

妻子の動画を撮り、家族記録を撮るつもりだった男。
映像の中の妻はすでに事故で死亡。
生前の妻は神や霊能力を信じていた。
妻の死の原因が怪しげなものを信じたためと思い込んだ男は、
神も悪魔もいないことを証明するため、神父や霊媒師のもとを訪れ、
否定証明動画を撮り始めた。


自ら実験台になって死人の歯を縫い付けさせ、悪魔の呼び出しの儀式に参加していくうちに、
男の頭の中で声がするようになる。








無神論者の悪魔否定証明実験のはずが、
肯定証明画像を撮ることになってしまう。というお話。

ホラー映画では、使い古された感のあるモキュメント方式ですが、
アイディアが面白いからか、飽きずに楽しく怖がって鑑賞できました。
監督は新人、主演男優はいろんなクライムドラマでちょい役やってた人。
でも、カメラワークの工夫や演技の巧さで、いい出来の作品になってると思う。


天井からぶら下がった手のシーンが一番好き。
蟻のアイディアもいい。



あ〜 面白かった


*いかれた人間の顔つきをしたり唸ったり叫んだり暴れたり、
演じてる方は楽しかっただろうなー、と思いました。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント