「デッド・ハンティング」


◼︎大昔に一回だけスーパーマリオをやった以外にゲーム体験無し びーです



原題 PRESERVATION 2014年 アメリカ 未公開
 *原題の意味、保存? なぜに保存なんだ?

監督クリストファー・デナムは俳優

出演
レン・シュミット
パブロ・シュレイバー
アーロン・ステイトン


PRESERVATION.jpg




夫婦と夫の兄は、
国立公園でキャンプしながら狩りをする休日を過ごしにやってきた。
兄は戦場帰りで少々極端な思考の持ち主。

渋々ついてきた妻は、ヴィーガンなので鹿肉は食べないが狩りと血抜きはする。

一晩過ごした翌朝、兄も荷物も消えていた。








ネタバレというか、犯人は誰?ってわけの映画じゃないから、
犯人たちについて書いちゃお。

体つきから子供だってすぐわかるはずだしね。

そ。お子様 子供 少年 せいぜい15歳なんですね、こいつらは。
物心つく頃から(すでに親世代もそう)ゲームで「死ね」「殺せ」とやりまくってきた子供ら。
田舎だからなんもなくて金使うところないし、生活に困ってないから暇もて余してるし、
テキトーに親と先生にいい顔しといて、目の届かないところで好きなことやってる。

こいつらの好きなこと=殺し合いゲーム


ゲームだけじゃもう飽きた、つまんね、
そうだ!人、殺さね? クールだぜ!やるべやるべ

はぁ〜  こういう子供 フィクションだけじゃないからがっくりくる 虚しくなる

殺害途中にママから電話入り、「ママ、もうすぐ帰るよ あいらびゅー💖」
なんつってな。はぁ〜  子供なんて親のしつけの問題じゃなくおかしな子はおかしい。


主人公の女性がどんどんズタボロに汚れていく姿に、
西欧人の男女は、汚れれば汚れるほど美しさが増すなぁ
と感心して見させていただきました。


妻が強すぎるが、普通の子供の恐ろしさが気に入った。嫌いじゃない。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント