「365日のシンプルライフ」


▪️ゴミ屋敷という現象を生む精神状態は、日本人固有なのだろうか?
寂しい高齢者なら他の国でもあるのだろうか?


原題 TAVARATAIVAS 2013年 フィンランド

<空っぽの貿易?>の意味かな?

監督脚本主演  ペトリ・ルーッカイネン 



365日のシンプルライフ



彼女にフられた男が、
<モノはいっぱい持ってるのに心は空っぽ、不幸の原因を知りたい>と、
家の物(服も下着も)を全て倉庫に預け、ルールを決めて一年間生活した記録。

ルール1 持ち物全てを倉庫に預ける
ルール2 一日1個だけ倉庫から持ってくる
ルール3 一年間続ける
ルール4 一年間何も買わない


監督主演のぺトリは
フィンランドのTV局で映像の仕事をしている人だから、
これを全て撮影するべきだ、と思った。

友達・家族もとうぜん全員本物。







物がない生活が進むうちに、ペトリの心理状態は、
携帯なくても全く困らないと感じるようになる。
だんだん、物を持ち帰るのが嫌になってくる。


おばあちゃんとの関係や
何かと言うと協力してくれる友達との関係、
途中で出来たGFとの関係が微笑ましい。

ぺトリの結論、
物を持つことは重荷を背負うこと。どんな重荷にするかは自分で選ぶこと。




こういうことを思いついたとしても、実行に移せるのはやはり、若者ならでは。

若いって素晴らしい
問題提起の内容を、楽しく見られる作品にしたところがいいね。

面白かったー



それにしても、ペトリ、
お笑いテロリストと言われる『イエスメン』のアンディに激似












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんぺいとうさん

わかる〜!あの帽子は変だし、似合ってなさすぎ。っていうか、彼女は私服が全然ダメですねー。私は話す時の口が嫌いなんです。性格も人をイラッとさせるものがあるし、オールスター戦でもブーイングされまくってましたよね。どうにも好きになれない人。ブリタニーの変身は大成功ですもんねー。おかっぱにしてぐんとモードになって、表情まで変わったみたい。私もモリーが好きです。顔も好きですが、一人の女の子として等身大で好感が持てました。それにしても、ANTMの再放送がなくなったら、何を楽しみにテレビつけたらいいんだろ?あ、「ハートランド物語」は何回も再放送するからそれかな?「プロジェクト・ランウェイ」は、どうもレベルが落ちてる気がします。

フィンランド語なんてわかりませんよ〜 フィンランドの映画だからそうなんだろうと、翻訳サイトで調べただけですー。北欧雑貨・北欧映画は好きです。私もよく携帯解約したくなるし、物を大処分したくなります。もし独り身だったら、同じこと試してみたかも。

おはようございます。(^ν^)

あー私この映画みたいかも。
断捨離に興味あり、SNSだらけの
物があふれた世界に不信感ありですもの。
フィンランドてのもいいですね。
北欧雑貨に憧れあり。
てか、びーさんフィンランド語?
フィンランドてフィンランド語か
それさえわからない。わかるんですか?
tavarataitasって英語じゃないですよね?
何が大切か、この予告にでるおばあちゃんならわかってそう。(^_-)

話は変わりますがANTMのアレキサンドリアのダサい灰色のでっかいリボンがある帽子が気になりだしたら
止まらなくて。
ファッションセンスない!
性格も悪いし、なんか病んでるのかも。辛い経験したとか言ってたし。
ブリタニーのおかっぱ好き。
でも優勝はモリーが良かった。
個人的には。