「戦慄病棟」


◼︎昨夜「肉」を見てからの今日の晩御飯はビーフシチューだった



原題 EXETER 2015年 アメリカ 未公開

監督 マーカス・ニスペル

出演
ケリー・ブラッツ
ブリタニー・カラン
ブレット・ディーア
ゲイジ・ゴライトリー
ニック・ニコテラ
ニック・ノーデラ
マイケル・オームズビー
ケヴィン・チャップマン
スティーヴン・ラング



この宣伝文句はひどいなー コメディみたいじゃん


戦慄病棟2015



大勢の心身に障害のある子供を虐待、死亡させた、
悪名高い孤児院兼小児病院EXETER。
閉鎖されたこの施設を若者向け施設に改装しようとするパトリック。
管理者の神父に期待され、真面目に仕事をしようとするが、
悪友たちが勝手にパーティを開いてしまう。

大騒ぎが明けた朝、パトリックの弟ロリーの様子がおかしい。
何か凶暴なものの気配も感じる。
霊媒師がいないから自分たちでウィジャボードを作り、
悪霊と対話を試みる。










**注ネタバレです
悪霊を呼び出したのが、神父に恨みを持つ、孤児院育ちの子、
という設定は、かわいそう好きな私にはスペイン悲劇ホラーを思い起こさせナイス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


廃墟は絵になるので、とても美しくてよかった。
特殊メイクや血のりがいっぱい見られてよかった。
若い可愛い女の子が見られてよかった。
なぜここに?な神父役スティーヴン・ラングは、何かありそうだ感が出てて、
期待を持たせられた。そういうことか、な役回りで納得。


何つっても一番よかったのが、
顔半分切りシーン

何回も一時停止してスローにしてじっくり見ちゃったよ。
素晴らしい
顔徹底破壊シーンもよかった。ビニールかぶってたから、
どんなことになっちゃってるか想像するのがまたゾクゾクする喜び

これらの2シーン見ただけでも大満足です。

エンドロールが流れてもDVD止めちゃいけません。
ウィッシャボードの答えにあった、「箱」が出てきますからね〜


けっこう好き。



「パトリック 戦慄病棟」というオーストラリアのホラーがあるようです。
これの方が恐ろし面白そう。


_____________________


DVDパッケージですごいことになっちゃってる
ゲイジ・ゴライトリーちゃんは、愛するカナダのドラマ
「ハートランド物語」にも出ていた可愛い子ちゃん

幼い頃からテレビを中心にお仕事してきた方なのね〜



ゲイジゴライトリー



最初に悪霊化しちゃう弟君もなかなかに可愛い








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんぺいとうさん 大歓迎です

退院したぁぁぁぁぁい・・・・・ 
この子、入院してるんじゃないんですけどね(^^!)
ピアノ線で鋭く切断!←ものすごく好みです!快感です!「CUBE」でも、シャッ!と線で細切れになるシーンに喜びの汗が吹き出しました。ペインホラー、確かに素敵な言葉。
ホラーは、なぜか元気になれるんで好きなジャンルなんですー。
私が書くネタバレは大したことないんで、読んでも大丈夫な程度なんですけどね。
「ハートランド物語」は美女がわんさか出てくるので、幸せな気持ちになれますわぁ

たびたび出現!
すいませ〜〜ん。
気になる映画だったので、(^_^;)
ポスター、吹き出しました。
良くきづきましたね。ハートランド物語、netflixであったなぁ。みてみようかなぁ。
ペインホラーって素敵な響きですね。私はむかしゴーストシップの
ピアノ線?でだーってみんなちょん切られるシーンが苦手で、顔半分は怖いかも。
でもホラー好きなんだよね。
ポスターはもっとうつくしくなんとかならなかったのかな?確かに笑える。あっ私はネタバレ平気派です。