「マイ・ライフ・メモリー」


▪️テレビから流れた「地獄への行程」って言葉に画面を見たら、
「10億円の豪邸」だった   びーです▪️



またもや何じゃこりゃ、な邦題です。頭の片隅にも残らないだろうタイトル。

原題 SUNLIGHT JR.は主人公が働くコンビニの店名 2013年 アメリカ

監督 ローリー・コルヤー

出演
ナオミ・ワッツ
マット・ディロン
ノーマン・リーダス
テス・ハーパー



マイ・ライフ・メモリー



パワハラ&セクハラ店主のコンビニで、レジ係として働くメリッサ
車椅子生活でアル中のリッチー

低所得 安モーテルでその日暮らし
親もアル中

売人の元カレは毎日嫌がらせ

妊娠するが喜びは束の間
クビになりモーテル代が払えず追い出され、親の家にはいられない








いい役者二人だったからじっくり見られたけど、
ストーリー自体は気が滅入る以外の何者でもない。
何ぁにがマイライフメモリーだよっ!

現実的な、貧困層の救いなき日々に、他人事じゃない思い入れは感じるが、
ストレスだろうが、貧乏だろうが、酒に逃げる人が大嫌い。薬はもちろん論外!
甘えんじゃねえ!

酒とタバコを買う金があったら生活費に回せよ、大人!と、
子どもの頃から、大人のやることが不思議でならなかった。

ナオミ・ワッツは、リッチなのに不幸顔で、こういう役が似合うなぁ〜
「愛する人」、「21グラム」も不幸の演技が素晴らしかった。

かわいそうな境遇にある人が主人公の映画は、基本好きですが、
酒浸り男への情を捨てきれない女は嫌いだから、この映画は嫌いです。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント