「あなたを見送る7日間」


▪️「具合悪い時は黒糖だよ」の北谷のおじさんの言葉通り、
コーヒーには黒糖入れることにした毎朝  びーです▪️


原題 THIS IS WHERE I LEAVE YOU  2014年 アメリカ 未公開

原題も邦題もイマイチな気がする。
私の好みでは、馴染みはなくてもユダヤ教の儀式「シヴァ」でいいと思うけどね。

ジョナサン・トロッパー著の同名小説の映画化

監督 ショーン・レヴィ

出演
ジェイソン・ベイトマン
ティナ・フェイ
ジェーン・フォンダ
アダム・ドライヴァー
ローズ・バーン
コリー・ストール
キャスリン・ハーン
コニー・ブリットン
ティモシー・オリファント
ダックス・シェパード
デブラ・モンク
アビゲイル・スペンサー
ベン・シュワルツ
アーロン・ラザール


WOWOWによると、”中年の危機”をテーマにした群像劇だそうです。

ショーン・レヴィ



父親の遺言で、
七日間椅子に座って故人を悼む『シヴァ』を行うことになったアルトマン家。

男兄弟3人 女1人 四人の子供達は、
不妊に悩んでたり、昔の恋人への愛を断ち切れなかったり、
妻に浮気されてたり、恋人にふられたり、問題ありの中年たち。

不本意ながら、実家に七日間寝泊まりし、
子ども時代を振り返り、今後の人生の先行きを心配する。









ジェイソン・ベイトマンが好きです。
コメディ演技じゃないティナ・フェイも演技上手。

しかーし、劇中でも「ママの豊胸変よね」といじってる、
老女ジェーン・フォンダの整形巨乳が気になって気になって・・・
しわしわタルタルのデコルテの下に、突然ボーーンとでかいバストがあるもんだから、
異様過ぎて見るに堪えないわけです。

家族だけでも多いのに、その他登場人物多いのに、
中年きょうだいたちのそれぞれの不安や後悔がちゃんと描けてて、
いいセリフがいくつもあって、みんなのその後がうかがえるラストも良くて、
全体的に高得点の作品でした。


でも嫌いなシーンはあります。
アメリカだから仕方ないのでしょうが、あまりにも普通のこととして、
それよりむしろ良いことのような扱いでマリファナ吸うシーンがあること。
タバコには、「今時タバコなんて」って捨てるシーンがあるのに。


日本でDVD無いのかな?万人受けする映画だと思うけど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで
私は中年の危機、ってヤツが広く認められている今の風潮があまり好きじゃない。
中年になって人生を見直すっていうのは自分だってそうなんだからよく分かるが、
そこに甘えや若さへのあがきが丸見えなのが気恥ずかしいのだ。
そんな恥ずかしいことは黙っててほしい。一人で悶々としててほしい。
(私は、若さへのあがきっていうより、老いへの恐怖)
大抵、中年の危機がテーマの雑誌記事や映画やドラマは、
『女として男として、もう一花咲かせたい』それを良いこととして扱ってる。
イコール、婚外恋愛と離婚後の恋愛となり、
中高年の色恋と性欲をゴキブリ以上に嫌ってる私は、気持ち悪くてしょうがない。
生き物として、子が育った後(子がなくても年齢的に)は枯れろ!と思っているから。

趣味を広げる、旅行や移住、とかがテーマならいいんだけどね。

面倒くさい人間ですいません。















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント