「イエスメンの反乱」


▪️あっ!CSI:NY4-12に、爆笑コメディ「ポルノスターへの道」バッキーがっ!




数年前、「松島町山未公開映画を観るTV」という番組で紹介されていた、
驚きの日本未公開ドキュメンタリー映画の数々。
その中に、イエスメンという活動家のユーモラスな社会活動の映画もありました。


過去記事


BS世界のドキュメンタリーで、その後のイエスメンの活動を見ました。

原題 The Yes Men Are Revolting 2015年 アメリカ

今回は大好きなジュリアン・アサンジが協力してる!
経緯はこちら

シネマトゥディ


イエスメンとは?
マイク・ボナーノとアンディ・ビックルバウムの二人の男が始めた、
世の中のおかしな事への抗議活動を、ユーモア精神で行うグループ。
すごいなあと思うのは、世界中を飛び回って活動するための金を、
見返りを求めず出す人々がいる事。
もちろん、同じ志の人材もたくさん集まり協力している。
二人は歳をとり、生活が変わり、活動した成果が見えないと虚しくなり、
少しの間距離を置いたりもする。
妻子を持ちスコットランドに越したアンディに、
イエスマン活動が忙しくて構ってやれず恋人にふられたマイクが、
「君は愛し愛され共に生きるパートナーがいる。僕は嫉妬したんだ」と本音を漏らす場面も。
ああ、人生・・・・



2003年の映画の予告動画






今回は環境問題に取り組むイエスメン。
国連本部で行われる環境問題の会議に向けて、
環境破壊が進むと生活が変わり、人間はこんなボールの中で生きられるよー。と、
巨大ビーチボールの中に生活のいろんなもん詰め込んだまま自分もプカプカ浮く集団を送り込む。
金儲けのために環境破壊大賛成なアメリカ商工会議所の職員になりすまし、
今後は二酸化炭素排出に税金かけるよー、と偽の記者会見を開く。
ロシアが北極の原油採掘(大量の流出事故だらけ)始めると、
シェル石油の重役になりすまして偽記者会見。事故っちゃうパフォーマンス付。
コペンハーゲンではアメリカは再生可能エネルギーに100%移行するよ、
先住民に権利あげるよー、とうそっこ発表する。


爆笑に包んだ、深刻な問題提起。
小難しい顔して、金儲けのために徹底的に環境破壊する、
環境を破壊して金儲けをするには政治家が味方になるよう献金しまくるおっさん達を、
あの手この手でおちょくり倒す。
それがマスコミに取り上げられ、人々の関心を引き、草の根運動につながり、
実際に何かを変えることが目標。

イカすなぁ〜 こいつら


マイクには強制収容所に送られた先祖がいる。

「だから僕は権力の言うことなんて嘘っぱちと知ってるんだ」

だねー



___________________________


*イエスメンのドキュメンタリー映画



「イエスメン ~大資本と戦うお笑いテロリスト~」The Yes Men 2003年
*UPLINKのみで特別上映されたかな?

2003年



「イエスメン2 ~今度は戦争だ!~」The Yes Men Fix the World  2009年 未公開

2009年



「イエスメンの反乱」The Yes Men Are Revolting  2014年 未公開

イエスメン





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント