受賞というもの


ある映画祭の授賞式に行って、ずーっと疑問に思っていたことの答えを知りました。

《審査員は、候補作品を全部見て吟味してるのか?》


答え

見てませ〜ん



審査員が、壇上で、マイク通して、堂々と発言してました。
その現場で聞きました。

「全部は見てないんですけど、ご了承ください」


(@ @:)へっ????


あっそ


それなのに
「受賞」という、人生の大きな出来事を決めてしまっていいんですかねー?
人の人生に介入していいんですかねー?

映画に限らず、受賞ってこんなもん?

と、アカデミーでもグラミーでもカンヌでも思っていたこと、
程度の差はあれこんなもんなんだろうと、あらためて肝に銘じる。

まあ、あたしが好きだと思うやつは、だいたい無視される存在だったりするからな、
別にいいもんねーだ、 ふん。


アウトサイダーアーティスト万歳








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント