「ロストID」


▪️夫に「マイインターン」誘われたが、デニーロの顔が怖いから無理!
と断った。怖い顔の中高年がいい人の役やっても怖くて  びーです▪️



原題 BELLICHER: CEL 2012年 オランダ 未公開

オランダのTVシリーズ「BELLICHER」の劇場版なのですね。
同じ監督ピーター・ド・バーン。



出演
ダーン・スフーアマンス
ティム・ミュルク
アニエック・フェイファー
リクル・ミュース
フープ・スターペル


主演が、いやん、けっこう好みだわん❤️なおじさん
若い頃はどんだけハンサムだったかしらと検索。
あらら、若い頃はあんまり好みじゃない。歳とって素敵になるタイプね。




このパッケージ写真はおかしいな。
こんなに男っぽいタフな主人公とは違いますよ。



ロストID



離婚し、妻の家での息子の誕生日パーティに行った帰り、
マイケルは川に横転した車に遭遇し、一人の男を助ける。
車で死んだのは仕事の知り合い、助けたのは運転手だった。
運転手によると、座席の下で何かが爆発したとのこと。

事情聴取でマイケルは驚きの事実を知る。
身に覚えのないひき逃げ事故、家の購入、借金、息子の貯金引き下ろし。
何者かにIDを盗まれたと気付いたマイケルは、運転手とともに真相を探る。










トマトのビニールハウスに逃げ込んだシーンに、
ホラーより恐ろしい、無セリフ無音楽のドキュメンタリー
「いのちの食べ方」を思い出してしまった。


この設定でハリウッド映画なら、
カーチェイスの派手さと警察の科学捜査&IT捜査?の素早さで、
エンターテイメントに見せるんだろうけど、
濡れ衣きせられた普通のおじさんがあたふたする、いい感じの現実感になってます。


「一箇所はエロ、入れろよ」の命令があったかどうかは知りませんが、
弁護士とやる必然性は全く感じられず、そこだけ早送り。
実際の男女というものは、こんなふうにわりと簡単にやっちまうもんなんですかね?


短い上映時間にしては長く感じたのは、いい意味のリアル感ゆえでしょうか?




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント