「バースデイ・ガール」


▪️夫が、仕事の付き合いで行く、メイドカフェのリサーチをしていた
 びーです▪️



いつものように、中身を知らずに録画しといて驚いた一本。



原題 BIRTHDAY GIRL 2001年 アメリカ

監督 ジェズ・バターワース 

出演
ニコール・キッドマン
ベン・チャップリン
ヴァンサン・カッセル
マチュー・カソヴィッツ


個人的には、大好きなイギリスのコメディ番組の二人が、
ちょいと出ていたのが嬉しかった。
アレクサンダー・アームストロング&ベン・ミラー


バースディガール


イギリスの小さな町の独身銀行員が、
結婚するためネットでロシア人の女を探す。
気に入った女性ナディアを空港に迎えに行くと、彼女は英語ができなかった。
一応家に連れて行き、会話のないまま同居を試みる。

ナディアの誕生日、突然二人のロシア男が家に来てどんちゃん騒ぎ。
数日滞在後、がまんできなくなった主人公は、出て行ってくれと頼む。
次の日、男は豹変した。








オーストラリア人のニコールがロシア人??!!!
もうここでぎゃふん!がっくり!興ざめ!

ロシアの友達はフランス人有名俳優二人!??
またまたがっくり!!

配役、なんとかならんもんだったのか?
会社やプロデューサーがキャスティングに注文つけたのか?

いくらなんでも無理がありすぎる!ってぇの

でも、ロシア語わかんないけど、
この三人が完璧なロシア語を話していたとしたらあっぱれ!

あと、主人公が見ていた妻候補の年齢が24〜29歳だったのに、軽くむかつき。
子を産むにいい年齢ということかね。しかし、ニコールはこの時34?35?
大人っぽすぎる気はしたが、ロシア美女は大人っぽいということで?

ストーリーは、途中から予想のつく内容だった。

会話なしでも男が女を受け入れるのが、ずばり、
おせ〜っくす! それのみ、笑った。

(でもこれ、理想のラブドールよね。あれこれくっちゃべらずに
にっこりしてヤリたいようにヤらせるだけの女)


文句いっぱいあるのになぜかちゃんと見てしまったのは、
私は整形注射で大きくする前のニコールの唇が好きだから。
ずーっと見ていたい。顔そのものより唇だけにとても惹かれる。
黙っててもしゃべってても、目が唇だけに釘付けになる。
特に上唇の真ん中の波打つライン。

*私は、古い映画がダメなのですが、
2001年製作というのに古臭さを感じない点が良かった。

_____________________________________________________


最高に面白いコント番組「Armstrong & Miller 」
WOWOW放送時のタイトルは「スケッチ怪人百面相!」
動画も観られます。

BBC 公式サイト


「Armstrong & Miller 」オープニング動画




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント