「コールド・バレット凍てついた七月」


▪️フーターズに行っても虚しさ覚えて帰ってきたくらいな落ちかた



原題 COLD IN JULY 2014年 アメリカ/フランス 未公開

監督 ジム・ミックル

出演
マイケル・C・ホール
サム・シェパード
ヴィネッサ・ショウ
ニック・ダミチ
ワイアット・ラッセル
ドン・ジョンソン



アクの抜けた「デクスター ~警察官は殺人鬼」マイケル、
男として生々しかったデクスターより、こっちのほうが私は好き。



こーるど


原作「凍てついた七月」ジョー・R・ランズデール

この装丁、好きじゃないけど、
この絵みたいな軽めの文章なんだろうか?

いてついた




1989年東テキサス  深夜、家の物音に気付いた夫婦
夫は銃を手にそっと見てまわる。
リビングに見知らぬ男を見つけ、つい撃ってしまう夫。

警察は、どうせ悪党だし父親も仮釈放中だから気にするな。
と、正当防衛で処理できるように手続きをする。

埋葬の日、夫は墓地に行き遠くから様子を見る。
そこへ、「あいつの父親だ」と名乗る男が現れる。
男に怯えた夫は、警察に保護を申し出る。








ひと昔前のテキサスの、東ってところが、この話に現実にを与えているんだろうね。

テキサスといえば、「テルマ&ルイーズ」や「ビッグバン・セオリー」により、
私には、もっとも保守的でもっとも生きにくく、反抗心を刺激する、
行きたくない州になっています。
東テキサスは、油田で有名らしい。

・全米で最も死刑執行数が多い州
・自宅や職場への侵入者を銃で撃っても正当防衛とする州法有り(2007年から)
・ピックアップトラック率高し

など、『昔かたぎ男』率高すぎて、これだけでも嫌。

あ、でも、テキサス大学のヴァイオリン科の教授ブライアン・ルイスがいたな。


最初からスリル満点でワクワクした。
普通の家庭人が、強盗とはいえ人を殺してしまった痛みが感じられたし、
警察の動きに不安を募らせる主人公の気持ちも伝わってきた。

残念なのは、ドン・ジョンソンのキャスティングだと思う。
どうもこの人、どこかに真剣味のない軽〜い感じがあって、(嫌いじゃないよ)
重い事件を扱っているのに、その重さを堪能できなくなっちゃう。
原作での人物像はこうなのかもしれないが、映像上は、
も少し男くさい、テキサスくさい俳優のほうがよかった気がする。私には。



しかし、性的変態が金を出すから行われる、
残虐性行為の数々とその画像・動画配信などは、無くなる日が来ないのでしょうね、
性欲というものがある限り。
ニコラス・ケイジ主演「8mm」の衝撃が忘れられない。


あとあじ悪〜い・・・・・





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

僕の脂身を平らげてよ馬鹿女。